ホーム > コース・教材一覧 > アマゾン ウェブ サービス(AWS)認定トレーニング

アマゾン ウェブ サービス(AWS)認定トレーニング

アマゾン ウェブ サービス(AWS)認定トレーニング


トレノケートのAWS認定トレーニングの特徴

POINT 1

高いテクニカルスキルとティーチングスキルを兼ね備えたAWS認定トレーナーが登壇

AWS社の厳格なテクニカルスキル及びティーチングスキルチェックに合格した認定トレーナーが登壇します。
「AWS Authorized Instructor Champion」に認定された講師、複数の資格を所有した講師が、豊富な技術知識で皆様のAWS知識習得をサポートいたします。
また、トレノケートはテクニカルスキルだけではなく、ティーチングスキルも重視しています。 AWS社からも高い評価を得ている講師養成講座「トレイン・ザ・トレーナー」のプログラムの受講を初めとして、自らのティーチングスキルの継続的な向上に努めています。

講師紹介

講師写真

山下 光洋
トレノケート株式会社
ラーニングサービス本部 テクニカルトレーニング第1部
AWS Authorized Instructor Champion

イメージ:AWS Authorized Instructor Champion
保有資格:
Solution Architect Associate
Solution Architect Professional
SysOps Administrator Associate
Developer Asocciate

AWS認定インストラクター(AAI)として2018年よりAWS認定クラスルームトレーニングを実施。
前職では事業会社の情報システム部門に所属し、2016年にはAWS Summit (外部リンク)にて登壇。その前はBlueLeaf Co.,Ltd.にて各企業向け業務ソフトウェアの開発に従事し、Lotus Technical Award 2009 for Best Architectとして表彰されている。各コミュニティの運営に関わり、勉強会にて登壇、参加をしている。個人ブログは主催している勉強会と同じ名前のヤマムギ (外部リンク)


POINT 2

現場で活かせるスキルが身につくAWS公式カリキュラム

イメージ: AWS公式カリキュラム

AWS認定トレーニングは、「講師に質問できる」「効率よく学べる」ことが最大の特徴です。入門コースから、プロフェッショナルレベルまで多数のコースを提供しています。実機演習やディスカッションを通して現場で活かせるスキルを身につけます。
※ディスカッションは一部のコースのみ

 

ラインナップを見る


POINT 3

豊富なトレーニングスケジュール

イメージ: 豊富なトレーニングスケジュール

入門コースは、新宿会場で毎月2回以上、大阪会場で毎月1回開講しています。受講計画が立てやすいよう、半年以上先の日程もいち早く公開しています。


  

スケジュール一覧をダウンロード


一社向け研修にも対応

イメージ: 一社向け研修対応

エンジニアの「クラウド・シフト」など、全社規模、部門規模のAWS研修のご相談も多数お受けしています。一社向け研修では、日程や会場にも柔軟に対応できます。

  

AWS人材育成事例を見る


↑ページの先頭へ戻る

AWS認定トレーニング全体像

着実にステップアップできるカリキュラム

↑ページの先頭へ戻る

入門コースで実践的に基礎を修得

AWSの主要サービス、どれを使う?どう使う?

ハンズオンで多層構成Webシステムの構築を行いながら、AWSのコアサービスの概要を学びます。

「AWS Technical Essentials 1」では、サービス全体を講義とラボで学習し、一部の内容をハンズオンで実際に確認します。初めて学ぶ方や、営業やプリセールスなど提案に関わる方、ユーザー企業で構築のダイレクションを行う方におすすめのコースです。

「AWS Technical Essentials 2」は、「1」で学んだ内容をもとに多くの実機演習でスキルとして身につける、ハンズオン中心の実践コースです。実際に構築作業を行う方、作業をしながら修得したい方に最適です。

コース名 期間 価格(税抜) コースコード
AWS Technical Essentials 1 1日 70,000円 AWC0026V
AWS Technical Essentials 2 1日 70,000円 AWC0027V
AWS Security Fundamentals 1日 70,000円 AWC0028V

・↑ページの先頭へ戻る

「AWS認定(アソシエイトレベル)」対応コースでステップアップ

実務レベルでの設計、提案、構築スキルが必要な方や、
 AWS認定取得を目指す方に!

AWSの多種多様なサービスと機能を修得するために、ロール(役割)ごとに最適なトレーニングをご用意しています。AWSによるデザインパターン(設計例)を修得する「Architecting on AWS」コースでは、ハンズオントレーニングに加え、ディスカッションしながら設計図を仕上げるグループワークを行い、理解を深めます。

コース名 バウチャ有無 価格(税抜) コード
設計担当者向け【認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト】対応 Architecting on AWS バウチャなし 210,000円 AWC0003V
バウチャ付 226,200円 AWC0006V
バウチャ2枚付 228,200円 AWC0010V
開発担当者向け【認定デベロッパー - アソシエイト】対応
Developing on AWS
バウチャなし 210,000円 AWC0004V
バウチャ付 226,200円 AWC0007V
バウチャ2枚付 228,200円 AWC0011V
運用担当者向け【認定SysOpsアドミニストレーター - アソシエイト】対応
Systems Operations on AWS
バウチャなし 210,000円 AWC0005V
バウチャ付 226,200円 AWC0008V
バウチャ2枚付 228,200円 AWC0012V

↑ページの先頭へ戻る

AWS関連プロダクト&サービス

自分のペースで学習できる「セルフペースラボ」

AWSセルフペースラボ (qwikLAB) では、AWS操作を自習することができます。ラボを利用するには、1クレジット=$1相当のセルフペースラボクレジットの購入が必要です。トレノケートではまとめて円建てで購入することができます。

プロダクト名 有効期限 数量 価格(税抜) コード
入門から試験対策、ユースケース学習にも対応
AWSセルフペースラボ(qwikLAB) クレジット
6ヶ月間 400クレジット 47,000円 AWX0011V
1000クレジット 111,000円 AWX0012V
4000クレジット 416,000円 AWX0013V

AWS認定試験受験用・模擬試験用・再認定試験用「バウチャ」

受験予約はこちら

全社規模、部門全体でAWS技術者を育成する場合は、ぜひ試験用バウチャをご検討ください。

AWS 試験バウチャ

プロダクト名 有効期限 数量 価格(税抜) コード
AWS 試験 バウチャ 1年間 クラウドプラクティショナー試験用
(10枚セット)
124,300円 AWX0037V
アソシエイト試験用
(10枚セット)
187,000円 AWX0028V
プロフェッショナル試験用
(5枚セット)
187,000円 AWX0029V

AWS 模擬試験バウチャ

プロダクト名 有効期限 数量 価格(税抜) コード
AWS 模擬試験 バウチャ 1年間 アソシエイト試験用
(10枚セット)
24,750円 AWX0030V
プロフェッショナル試験用
(5枚セット)
24,750円 AWX0031V

AWS 再認定試験 バウチャ

プロダクト名 有効期限 数量 価格(税抜) コード
AWS 再認定試験 バウチャ 1年間 Solutions Architect - Associate
(5枚セット)
46,750円 AWX0043V
Solutions Architect - Associate
(10枚セット)
93,500円 AWX0044V
SysOps Administrator - Associate
(5枚セット)
46,750円 AWX0045V
SysOps Administrator - Associate
(10枚セット)
93,500円 AWX0046V
Developer - Associate
(5枚セット)
46,750円 AWX0047V
Developer - Associate
(10枚セット)
93,500円 AWX0048V
Solutions Architect - Professional
(5枚セット)
46,750円 AWX0049V
Solutions Architect - Professional
(10枚セット)
93,500円 AWX0050V
DevOps Engineer - Professional
(5枚セット)
46,750円 AWX0051V
DevOps Engineer - Professional
(10枚セット)
93,500円 AWX0052V

↑ページの先頭へ戻る

おすすめ情報&資料ダウンロード

【無料ダウンロード】トレノケートオリジナル小冊子

各地のイベントにて好評配布中の小冊子2種をPDFダウンロードできます。PDFダウンロードには、マイページログインが必要です。未登録の方は、マイページ会員にご登録ください。

【Amazon Web Services 学びのナビゲーション】(2017年改訂)

Cover Image 【目次】
・公式サイトを見てみよう!
・アカウントを作ってみよう!
・周辺知識を高めよう!
・セルフペースラボを使ってみよう!
・認定トレーニングを利用しよう!

ダウンロード[PDF版]PDF_icon

【Amazon Web Services ステップアップガイド】(2017年改訂)

Cover Image 【目次】
・目指せ! エンタープライズAWSエンジニア
・AWSエンジニアのキャリアパス
・ソリューションアーキテクト - アソシエイト
・ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル
・SysOpsアドミニストレーター - アソシエイト
・デベロッパー - アソシエイト
ほか

ダウンロード[PDF版]icon

【Amazon Web Services 移行準備ガイド】(2018年新着)

Cover Image 【目次】
・クラウド移行プロジェクトで起こりがちな問題
・知っておきたい、移行戦略『6R』
・AWS認定トレーニング Migrating to AWS
・クラウド移行スペシャリスト育成
・注目の新資格

ダウンロード[PDF版]icon

【新入社員/異動者向け】IT基礎知識からクラウド概要、AWS基本操作を修得

「クラウドファースト」時代、新戦力をすばやくクラウド即戦力に育成するカリキュラムです。新入社員や若手社員、IT部門への異動者など、ITの基礎からAWSまでを学ぶ必要がある方に最適です。
年次研修計画、一社向け研修をご検討の際にはお気軽にご相談ください。

【新入社員/異動者向け】IT基礎知識からクラウド概要、AWS基本操作を修得

詳細はこちら

【IT部門やクラウドサービスの企画者向け】AWSだけじゃない......
 クラウド技術を総合的に学習

クラウドサービスの基本概念を解説する、初級コースから、クラウドサービスを利用するIT部門の方、クラウドサービスを構築するベンダーやクラウドサービスの提供者に向けた各種コースを提供しています。

【新入社員/異動者向け】IT基礎知識からクラウド概要、AWS基本操作を修得

詳細はこちら

↑ページの先頭へ戻る

研修コンシェルジュにご相談ください!

「どのコースを受講すればいい?」「必要な前提を満たしているか心配」......
研修コンシェルジュが貴方の研修計画をサポートします。ご相談費用は無料です。
お問い合わせフォームでは、お問い合わせ区分に「研修コンシェルジュ」をお選びください。

研修コンシェルジュに相談する