Visual Studio 2010 による C# プログラミング (#50589)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Visual Studio 2010 による C# プログラミング (#50589)
コースコード MSC0354V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 150,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年2月14日(水) ~ 2018年2月16日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

C#でWindowsアプリケーションを開発する方におすすめです。

本コースの後継コースは MSC0463G C#によるデータ構造とアルゴリズムMSC0591G C#によるオブジェクト指向プログラミング です。

対象者情報

前提条件
□オペレーティング システムの基本的な操作ができる
□構造化プログラミングの基本を理解している
□3か月以上のアプリケーション開発経験がある

学習内容の詳細

コース概要
このコースはMicrosoft Visual Studio 2010 を使用して、C#を使用した開発に必要な知識とスキルを習得します。基本文法、オブジェクト指向プログラミングの学習とWindowsアプリケーションの作成を行います。
学習目標
● Microsoft Visual Studio 2010 を使用したアプリケーション開発をする
● C# プログラミング言語の基本文法を記述する
● 基本的なオブジェクト指向プログラミングの理解をする
● 簡単なGUIプログラミングを作成する
学習内容
1. .NET プラットフォームとVisual Studio 2010 の紹介
 - .NET と .NET Framework の紹介
 - Visual Studio 2010 について
 - Windows アプリケーションのプロジェクトの作成

2. C# 言語の基礎知識
 - C# プログラミング基礎知識
 - C# の定義済みの型の使用
 - 式の記述
 - 条件ステートメントの作成
 - 繰り返しステートメントの作成
 - 配列の作成

3. C# でのオブジェクトの作成
 - クラスの定義
 - メソッドの宣言
 - コンストラクタの使用
 - 静的クラス メンバの使用
 - 構造体

4. C# でのオブジェクト指向プログラミング技法の実践
 - オブジェクトのデザイン
 - 継承の使用
 - ポリモーフィズムの使用
 - インターフェイスの使用

5. C# での.NET Framework を利用したアプリケーションの構築
 - .NET Framework クラス ライブラリの確認
 - コレクションの使用
 - ジェネリック コレクションの使用
 - 例外処理の使用
 - 文字列と数値の書式指定
 - ストリームとファイルの使用

6. Windowsベースのアプリケーションの作成
 - デリゲートとイベントの使用
 - Windows フォーム アプリケーションの作成
 - フォーム メニューの作成
 - コモン ダイアログ ボックスの作成
 - ツール バーの作成
 - ステータス バーの作成

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows 7
Visual Studio 2010

ご注意・ご連絡事項

内容は予告なく変更になる可能性がございます。あらかじめご承知おきください。
最新情報は本Webページにてご確認ください。

受講者の声

『一人じゃ習得が難しいこと、説明や補足がほしい部分について講習を通じて学ぶことができた』