ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:Webデザイン/Web開発/モバイル開発) > AngularJS 1 -JavaScript MVCフレームワークによるWebアプリケーション開発-

AngularJS 1 -JavaScript MVCフレームワークによるWebアプリケーション開発-

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル AngularJS 1 -JavaScript MVCフレームワークによるWebアプリケーション開発-
コースコード WSC0080R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 90,000円(税抜)
主催 株式会社カサレアル
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年1月11日(木) ~ 2018年1月12日(金)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

2018年3月5日(月) ~ 2018年3月6日(火)

カサレアル東京(泉岳寺)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・AngularJS 1アプリケーションの開発に従事する方
前提条件
□HTMLおよびCSSを利用して簡単なWebページを記述できる
□JavaScriptによるプログラミング経験がある

学習内容の詳細

コース概要
AngularJS 1は、Googleが開発したフルスタックのJavaScriptフレームワークです。
現在では、後継バージョンであり全く新しいフレームワークとして生まれ変わったAngular(バージョン2以降)がリリースされていますが、AngularJS 1はリリースされてから5年ほど経過しており、多くのプロジェクトで利用されています。
本コースでは、AngularJS 1を採用しているプロジェクトに新たに参加される方を対象に、AngularJS 1アプリケーションの各種構成要素の作り方、クライアントサイドWebアプリケーションに必須の機能の実現方法、テストコードの作成方法など、実機での演習を交えつつ幅広く学習します。
なお、後継バージョンであるAngular(バージョン2以降)を学ばれる方は『TypeScript入門』および『Angular入門』コースをご受講ください。
学習目標
● AngularJS 1アプリケーションの構成要素を理解する
● AngularJS 1を用いて、入力チェックやページ遷移、サーバーとの通信を伴うクライアントサイドアプリケーションを記述できる
● AngularJS 1アプリケーションのテストが行える
学習内容
1. AngularJS概要
  - AngularJSとは?
  - はじめてのAngularJSアプリケーション
  - AngularJSアプリケーションの構成要素

2. ページ制御の基礎
  - 入力フォームと検証
  - ルーターを用いたページの切り替え
  - 入れ子のコントローラー

3. サービスの利用
  - サービスの役割
  - サービスの定義方法
  - AngularJSのライフサイクル

4. サーバーとの通信
  - 非同期処理とプロミス
  - $httpサービス
  - $resourceサービス

5. カスタムコンポーネント
  - カスタムフィルター
  - カスタムディレクティブ

6. AngularJSアプリケーションのテスト
  - Jasmineによるユニットテスト
  - ProtractorによるE2Eテスト

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Webブラウザ(Chrome)、Webアプリケーション統合開発環境、AngularJS 1.x、Node.js 6.x以降
※使用ソフトウェアは変更になる可能性があります。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。