ホーム > DevOps Engineering on AWS -AWS主催-

DevOps Engineering on AWS -AWS主催-

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル DevOps Engineering on AWS -AWS主催-
コースコード AWC0031R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 210,000円(税抜)
主催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年11月28日(火) ~ 2017年11月30日(木)

AWS東京(西新宿)

  お問い合わせください

2017年12月20日(水) ~ 2017年12月22日(金)

AWS(品川)

  お申し込み後確認

2018年2月14日(水) ~ 2018年2月16日(金)

AWS(品川)

  お申し込み後確認

2018年3月14日(水) ~ 2018年3月16日(金)

AWS(品川)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースはeBookでの提供となります。

本コースの受講お申し込みを完了するには、いくつかの事前登録作業が必要です。お申し込み後にご案内資料を送付致しますので、指定期日までに必ず登録をお済ませください。ご登録完了後、お申し込み確定となります。

対象者情報

対象者
・システム管理者
・ソフトウェア開発者
前提条件
□「System Operations on AWS」または「Developing on AWS」コースを受講済み、もしくは同等の知識がある方
□1つ以上のハイレベルプログラム言語(C#、Java、PHP、Ruby、Python など)の実務的知識
□Linuxシステムや Windowsシステムのコマンドレベルの管理について、中程度の知識
□AWSマネジメントコンソールと、AWSコマンドラインインターフェイス(AWS CLI)の両方の使用経験

学習内容の詳細

コース概要
「DevOps Engineering on AWS」では、最も一般的な DevOpsパターンを使用して、AWS上でアプリケーションを開発、デプロイ、維持する方法を説明します。このコースでは、DevOpsメソドロジーの基本原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、エンタープライズ企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。
学習目標
● DevOpsメソドロジーの主な基本原則の概念とプラクティスを理解する
● DevOps開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャをAWS上で設計、実装する
● AWS CloudFormationとAWS OpsWorksを使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする
● AWS上にGitをセットアップし、AWS上で継続的インテグレーション環境を実現するための各種オプションを理解する
● 継続的インテグレーションと継続的デプロイの中心的な原則を使用する
● ブルー/グリーンデプロイメントやA/Bテストなど、AWSテクノロジーを使用して一般的な継続的デプロイメントのユースケースを実装する
● AWSで使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイメントテクノロジー(AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon EC2 Container Serviceなど)の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを選択できる
● AWS上で稼働させるアプリケーションの高いパフォーマンスを実現させ、AWSのツールやテクノロジーを使用してアプリケーションと環境で問題が発生しないよう監視する
学習内容
注:コースの概要は、クラスが提供されるリージョンの場所
   または言語によって若干異なることがあります。

第1日
・DevOpsとは何か?
・コードとしてのインフラストラクチャ、パート1: 設計とセキュリティ
・コードとしてのインフラストラクチャ、パート2: CloudFormationと構成管理

第2日
・クラウドでの継続的インテグレーション
・AWSでの継続的デプロイ
・AWSでアプリケーションをデプロイする、パート1

第3日
・AWSでアプリケーションをデプロイする、パート2
・すべてをまとめる
・デプロイメントのパフォーマンス調整
・インフラストラクチャの管理と自動化

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。
・クラスルームトレーニング
・ハンズオンラボ
・グループ演習

このコースにはハンズオン演習およびディスカッションが含まれており、学習したスキルを試す機会となるとともに、実際の作業環境に応用できるようになります。

関連試験や資格との関連

AWS認定試験との関係 AWS認定DevOpsエンジニア - プロフェッショナルレベル試験

ご注意・ご連絡事項

・本コースはAWS社主催のコースです。
・本コース受講お申し込みは6営業日前まで、日程変更・キャンセル・受講者変更は11営業日前までです。代理受講は原則不可です。なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の10営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)~当日のキャンセル:受講料の全額を請求
・日程変更・受講者変更は1回限りとさせて頂きます。
・本コースの受講お申し込みを完了するには、コースの開催決定後、いくつかの事前登録作業が必要です。コース開催確定後、別途ご案内資料を送付致します。各登録作業は、コース開始日の指定期日までに必ずお済ませくださいますようお願い申し上げます。
・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。