ホーム > AWS Security Fundamentals ~Amazon Web Services クラウドセキュリティ入門~

AWS Security Fundamentals ~Amazon Web Services クラウドセキュリティ入門~

コース基本情報

コースタイトル AWS Security Fundamentals ~Amazon Web Services クラウドセキュリティ入門~
コースコード AWC0028V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 70,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年11月29日(水) ~ 2017年11月29日(水)

新宿LC

  残りわずか

実施確定

2017年12月20日(水) ~ 2017年12月20日(水)

大阪LC

  空席あり

実施確定

2017年12月27日(水) ~ 2017年12月27日(水)

新宿LC

  空席あり

2018年1月24日(水) ~ 2018年1月24日(水)

新宿LC

  空席あり

2018年2月21日(水) ~ 2018年2月21日(水)

新宿LC

  空席あり

2018年3月16日(金) ~ 2018年3月16日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年5月30日(水) ~ 2018年5月30日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

ログ、暗号化、認証、監査……AWSにおけるセキュリティの基礎知識

企業でAWSクラウドを使い始める際に気がかりとなる、セキュリティの基礎を1日で学習します。
監査やシステムのレビューなど、ITエンジニア以外の立場でAWSクラウドに関わる方におすすめです。




ステップアップを目指す方へのご案内

上位コースへのロードマップや、認定資格についてご紹介します。



受講前の事前準備作業について

本コースでは、Gilmore社より発行される電子テキストを使用します。
同社の電子テキストの閲覧には、無償の電子ブックビューワーBookshelf が必要です。

ご受講当日スムーズにテキスト閲覧を開始するために、あらかじめ Bookshelfアカウント登録作業をお済ませください。
すでにアカウントをお持ちの方は、登録アカウントとパスワードでログインができることをご確認ください。



対象者情報

対象者
・これからAWSを使い始める方
・セキュリティ監査担当者とアナリスト
・AWSでVPC(ネットワーク)環境を構築するエンジニア
前提条件
□「AWS Technical Essentials 1」(AWC0026V)受講済みと同程度(推奨)

学習内容の詳細

コース概要
クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの基礎的な概念を紹介します。 AWS アクセスコントロールと管理、ガバナンス、ロギング、および暗号化の方法を説明し、さらに、セキュリティ関連のコンプライアンス規格、および AWS サービスの初歩的なセキュリティ機能に ついても扱います。
学習目標
● AWS クラウドを使用する価値と、セキュリティ上のメリットを理解する
● AWS セキュリティ責任分担モデルについて理解する
● AWS の各種サービスのアクセスコントロールとアクセス管理機能について理解する
● 規模別のセキュリティと暗号化の方法を含む、AWS セキュリティについて理解する
● AWS コンプライアンス/保証プログラムについて理解する
● AWS サービスの初歩的なセキュリティ について理解する
学習内容
1. クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの紹介

2. アクセスコントロール/管理

3. AWS セキュリティ: ガバナンス、ロギング、および暗号化

4 コンプライアンスとリスク管理

5. AWS セキュリティアーキテクチャの基礎

ご注意・ご連絡事項

・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。
・ご受講前に、電子ブックビューア【BookShelf】のアカウント登録をお済ませください。
・ご受講当日、電子テキスト閲覧用の各種デバイス(スマートフォン、タブレット、ノートPC等)を研修会場へお持ち込みいただいても結構です。

講師からのメッセージ

インストラクター
▼AWSのテクニカルインストラクターによるコースの紹介です (Amazon Web Services Japan公式YouTubeより)