ホーム > 速習Cisco Nexus実装編

速習Cisco Nexus実装編

  • 36 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル 速習Cisco Nexus実装編
コースコード CSC0305V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~18:00 価格(税抜) 360,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年3月5日(月) ~ 2018年3月7日(水)

新宿LC

  空席あり

2018年5月9日(水) ~ 2018年5月11日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

日々業務が忙しく、コース受講に5日間の確保が難しいエンジニアの方のために、実務に必要な実装スキルの学習を3日間に集約したコースの提供を開始しました。


※ 本コースは開催日49日前以降日程変更不可コースです。講習会開催日の49日前にあたる営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)以降は、日程変更はお受けできませんので、十分にご注意ください。

対象者情報

対象者
・データセンタデザイナー
・データセンタアドミニストレータ
・データセンタエンジニア
・データセンタマネージャ
・システムエンジニア
・CCNP Data Centerを取得希望の方
前提条件
□CCNA Data Centerを取得済み、または同等の知識を有している方
□CCNP R&S SWITCHを受講済み、または同等の知識を有している方

学習内容の詳細

コース概要
シスコのデータセンター ユニファイド ファブリック アーキテクチャの実装について学習するコースです。Cisco Nexusスイッチの仮想デバイスコンテキスト(VDC)、仮想ポートチャネル(vPC)、ファブリックエクステンダー(FEX)、Fabric Path、OTV、ファイバチャネル、FCoEなどについて学習します。
学習目標
●CiscoデータセンターネットワークアーキテクチャにおけるCisco ユニファイドファブリック製品の位置づけを把握する
●Ciscoデータセンターネットワークアーキテクチャにおける要件をみたすために、Cisco Nexusシリーズスイッチの機能(VDC, vPC, FEX, FabricPath, OTV)を選択して設定する
●Fibre Channelプロトコル、Fibre Channel over Ehternet(FCoE)プロトコル、Data Center Bridging (DCB)を理解し、Cisco Nexus 7000, 5500, 5000, MDSシリーズスイッチでFCoEの設定を行う
学習内容
1. Cisco Nexus 製品の概要
  -Describing the Cisco Data Center Network Architecture
  -Identifying Cisco Nexus Products

2. Cisco Nexus スイッチ機能の設定
  -Understanding High Availability and Redundancy
  -Configuring Virtual Device Contexts
  -Configuring Layer 2 Switching Features
  -Configuring PortChannels
  -Implementing Cisco FabricPath
  -Configuring Layer 3 Switching Features

3. Cisco Nexus スイッチの高度な機能の設定
  -Describing Cisco OTV

4. Cisco Nexus のストレージ機能
  -Describing Fibre Channel Protocol
  -Configuring SAN Switching Features
  -Configuring NPV Mode
  -Describing FCoE Protocol
  -Identifying DCB Enhancements
  -Configuring FCoE

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
Lab.1 Lab環境の確認

Lab.2 VDCの作成

Lab.3 レイヤ2スイッチング
・レイヤ2インタフェースの設定(N7K)
・ポートプロファイルの設定(N7K/N5K)(オプション)
・ユニファイドポートの設定(N5K)(デモ・オプション)
・N2Kファブリックエクステンダ(FEX)の設定
・トランクポート、ポートチャネル、Rapid PVST+の設定

Lab.4 vPCの設定
・vPCの設定(N7K)
・FEX Active/Active Fabric vPCの設定(N5K)

Lab.5 Cisco Fabric Path

Lab.6 レイヤ3スイッチング(オプション)

Lab.7 Cisco OTV

Lab.8 SAN
・FCoEフィーチャーとUnified Portの設定
・Fibre Channelインタフェースの設定
・FCoEインタフェースの設定
・ゾーニングの設定とサーバの接続
・NPVモードの設定(オプション)

Lab.9 System Management(オプション)
・Cisco Fabric Serviceの設定

ご注意・ご連絡事項

・テキストは英語、演習ガイドは日本語です。講義は日本語で行います。
・内容は変更される可能性があります。
・本コースは試験対策ではない実践コースです。

受講者の声

・実機の演習があり、今後の実務に役立ちます。 Nexus特有の機能で見たかったところは網羅されていました。
・演習のテキストはあまりコマンドになじんでいない私にもとても解りやすかった。教育が終わってから復習する時に役に立ちそうです。

講師からのメッセージ

インストラクター
このコースはNexusスイッチが持つ機能について学習します。演習では、Nexus7000のVDC(仮想デバイスコンテキスト)、Nexus7000/5000のvPC(仮想ポートチャネル)、Nexus2000 ファブリックエクステンダの接続など、データセンタ―で良く使われる技術を実際にコマンドを設定することで理解を深めることができます。CCNP Routing and Switching(ROUTE/SWITCH)の知識を持っていた方が理解がスムーズですが、演習ガイドは日本語で記述してあり、入力コマンドだけでなく、確認コマンドの出力ではどこに注目すべきかなどの補足説明も多く書いてあるので、安心してご参加いただけます。皆様のご受講を心よりお待ちしております。