ホーム > Linuxオペレーション入門

Linuxオペレーション入門

コース基本情報

コースタイトル Linuxオペレーション入門
コースコード LUC0127G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 90,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年10月23日(月) ~ 2017年10月24日(火)

新宿LC

  お問い合わせください

2017年12月4日(月) ~ 2017年12月5日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年1月29日(月) ~ 2018年1月30日(火)

新宿LC

  空席あり

2018年2月26日(月) ~ 2018年2月27日(火)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

▽Linuxトレーニングの特徴はこちらから


※2017年5月開催分より、コース終了時間が変更となりました。ご受講の際には、ご注意ください。
 (変更前) 17:30  (変更後) 17:00

対象者情報

対象者
・はじめてLinuxを扱う方
・オペレーターとしてLinuxを操作する方
前提条件
□ PCの操作が出来る方

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、Linuxの操作方法を学習します。
Linuxを操作する上で必要な様々な設定、操作について修得できます。
1人1台のLinuxマシンを使い演習を行いますので、Linux未経験の方でも自分のペースでしっかりと学習することができます。
このコースを受講することで、これからLinuxをユーザとして操作するための基礎知識、また、Linuxシステム管理を行うための前提知識を修得できます。
学習目標
● Linuxシステムにログインし、コマンドを実行することができる
● 絶対パスや相対パスを用いて、ディレクトリやファイルの操作を行うことができる
● viエディタの使用方法を修得し、テキストを作成することができる
● パーミッションの表示や変更を行うことができる
● 実行プロセスの確認や制御を行うことができる
● シェルの持つさまざまな機能を理解し、適切に使用することができる
学習内容
1. UNIX/Linux概要
  - UNIX/Linuxの特徴
  - Linuxディストリビューション

2. システムへのログイン
  - ユーザアカウント
  - ログイン
  - コマンド入力形式とコマンド実行

3. ファイル操作
  - ファイルとディレクトリ
  - ファイルシステムツリー構造
  - ファイルパス
  - ファイルシステム操作コマンド

4. viエディタ
  - viエディタ起動
  - 入力モードへの切り替え
  - カーソル制御コマンド
  - 編集コマンド
  - 文字列検索・置換
  - 終了コマンド

5. パーミッション
  - パーミッションとは
  - パーミッションの確認
  - id
  - chmod
  - umask

6. プロセス
  - プロセスとは
  - プロセスの生成と終了
  - プロセス監視コマンド
  - ジョブ制御

7. シェルの機能
  - リダイレクション
  - パイプライン
  - メタキャラクタ
  - ヒストリ機能
  - ファイル名補完機能
  - alias
  - 変数
  - シェルの環境設定ファイル

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
CentOS7
実習/演習/ デモ内容
【実習】
Lab1. システムへのログイン
- ログインとログアウト
- コマンドの入力
- パスワードの変更
- オンラインマニュアルの表示

Lab2. ファイル操作
- 絶対パスと相対パス
- ファイル・ディレクトリの内容表示
- ファイル・ディレクトリの作成
- ファイル・ディレクトリのコピー
- ファイル・ディレクトリの移動・名前変更
- ファイル・ディレクトリの削除

Lab3. viエディタ
- viエディタの使用方法

Lab4. パーミッション
- パーミッションの確認
- シンボリックモードを使用したパーミッション変更
- 絶対モードを使用したパーミッション変更
- デフォルトパーミッションの設定

Lab5. プロセス
- プロセスの表示
- ジョブ制御

Lab6. シェルの機能
- リダイレクション
- パイプライン
- メタキャラクタ
- 変数
- エイリアス、環境設定ファイル