ホーム > 【PDU対象】認定ハードウェア資産管理者(CHAMP)コース

【PDU対象】認定ハードウェア資産管理者(CHAMP)コース

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • 7 PDU (Business/Strategic)
    PDU対象コース
  • 3 PDU (Leadership)
    PDU対象コース
  • 4 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】認定ハードウェア資産管理者(CHAMP)コース
コースコード MGC0113R  
コース種別 集合研修 形式
期間 2日間 時間 9:30~18:00 価格(税抜) 210,000円(税抜)
主催 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

注意事項)

当コースの受講には、認定試験受験を含んでおります。
試験は、受講後28日以内に受講者様各自でご都合の良い日程を設定し受験いただきます。
安定したインターネット接続の整った環境であればどこでも受験いただけます。
受講時に受験に関するご案内があります。

対象者情報

対象者
● 情報システム部門の方
● 財務部門の方
● 契約部門の方
● 監査人
前提条件
特になし

学習内容の詳細

コース概要
ハードウェア資産管理が組織にもたらすベネフィットは多岐にわたります。今日の経済状況下では特にIT予算の削減などから、コスト削減の可能性を模索することが常に求められています。多くの組織がIT資産の透明性を向上し、効率性を高め、コスト削減に貢献すべく様々な努力を行っています。
IAITAM認定ハードウェア資産管理者(CHAMP)コースは、ハードウェア資産管理の専門家を悩ませている多くの問題に対処するように設計されています。本コースでは、ハードウェア資産管理者が資産管理のビジネスプラクティスを理解し、自社組織に適したビジネスプラクティスの計画、実施が可能となるよう、資産管理にかかわるプロセス全般を学習します。
プロセスの設計の基礎となるポリシー(方針・規程)から標準の理解によりプロセスの設計から自動化へのパターン化の理解を促します。
学習目標
● ハードウェア資産を標準、予算、顧客のニーズに基づいて適切なリソースに割り当てることを保証するために、資産タグ付け、発見ツールなどの自動化とヘルプデスクとの調整など、インベントリプロセスとコントロールを実装および構築する
● 組織の効率性とパフォーマンスを維持しながら、サポートと展開コストを削減するなど、節約と価値を最大化するために、使用中と保管中のハードウェアインベントリの可視性を維持し、資産の寿命を通じてコントロールとデータを構築する
● ハードウェアの購入、設置、使用および廃棄のためのポリシー、プロセス、手順および測定などのプログラム要素の開発、実装および宣伝
● すべての当事者がハードウェア資産を管理するための法的要件を理解し、遵守することを保証する
● 指定されたユーザーやアプリケーションに適切なハードウェアを提供し、最適な間隔でリフレッシュして最適な価値を取得し、再デプロイして不要な取得を排除する
● プロセスが、資産と他の契約書類との間の関係が追跡されるように契約を一意に識別するなどの情報要素間のリンケージを含むことを保証する
● ハードウェア資産管理が相互に関連し、重要なビジネス目標に影響を及ぼすことを認識し、問題を解決するために利用可能なリソースを活用する
● 処分規則が確実に満たされ、処分が適切に実行され、文書が維持され、組織のデータが安全であり、処分の選択が監視され、評価され、ソフトウェア収穫され、処分業者が監査される
● 組織の効率、パフォーマンス、目標達成を向上させるプロジェクトのハードウェア要素を計画し、参加する
● 効果的なベンダー管理プログラムの作成とメンテナンスに戦略的方向性を提供する
● 割り当てられた資産管理担当者の能力を強化し、トレーニングし、サポートする
Copyright © ITpreneurs. All rights reserved. www.itpreneurs.com
● ITビジネス機能と相互作用するものと顧客であるものの両方を含む他のすべてのビジネスユニットとの生産的な関係を構築し、育成する
● すべてのIT関連の取り組みに対する経営陣のサポートを奨励し、維持する
● ハードウェア資産管理に対する従業員の意識を高めるコミュニケーション計画を作成する
● CITAMを支援する責任と任務を遂行する
学習内容
1日目:
  - IAITAMの紹介
  - IT資産管理者倫理規定
  - コミュニケーション&教育
  - ポリシー管理
  - 自己評価とアクションプラン
  - ハードウェア資産管理プログラムの設定
  - 変更の計画立案と実装
  - 成果の測定

2日目:
  - 調達から引受
  - 交渉と価格構造
  - ベンダー管理
  - 受領
  - 資産のライフサイクル管理
  - サポートするための基盤
  - ヘルプデスクとの協力
  - インベントリ管理
  - 検出ツール
  - 所有権リポジトリ
  - 維持すべき詳細の適切なレベルの選択
  - 流通させるか廃棄するか
  - リース終了
  - 環境面の留意
  - 廃棄管理
  - 再利用による廃棄