ホーム > Windows Server で構築する高機能ストレージサーバー ~Windows Server 2012 R2ファイルサーバー機能の効果的活用~

Windows Server で構築する高機能ストレージサーバー ~Windows Server 2012 R2ファイルサーバー機能の効果的活用~

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Windows Server で構築する高機能ストレージサーバー ~Windows Server 2012 R2ファイルサーバー機能の効果的活用~
コースコード MSC0510V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 55,000円(税抜)
主催 トレノケート
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

Windows Serverを使って高機能なファイルサーバーを簡単に構築します。

 

※「Windows Server 2008フェールオーバークラスター実装、管理、保守(MSC0210G)」を事前に受講しておくことをおすすめします。

対象者情報

対象者
・ファイルサーバーを含むストレージ管理者
前提条件
□基本的なWindowsシステムの管理ができる、あるいは「Windows Server 2008システム管理基礎(前編) ~Windows Server 2008 R2対応~」(MSC0206G)受講済みと同程度の知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Windows Serverのストレージ管理機能を紹介し、SANおよびNASをWindows Serverに実装します。
学習目標
● Windows Serverをストレージデバイスとして構成する
● Windows ServerをiSCSI対応SANとして構成する
● Windows Serverをスケールアウトファイルサーバーとして構成する
学習内容
1. ストレージサービス概要
  - ローカルストレージ (DAS)
  - ネットワークストレージ (SAN)
  - ファイルサーバー (NAS)
  - ファイルシステムの選択とトラブルシューティング

2. ローカルストレージの利用
  - 記憶域プール
  - シンプロビジョニング
  - 重複排除
  - 高可用性構成

3. ネットワークストレージの利用
  - iSCSIターゲットサーバー
  - iSCSIイニシエーター
  - 高可用性構成(マルチパス)

4. ファイルサーバーの利用
  - 共有フォルダーの作成
  - 複製による高可用性(DFS-R)
  - フェールオーバークラスターの基礎
  - スケールアウトファイルサーバー

5. 付録: フェールオーバークラスター
  - フェールオーバークラスターの原理
  - フェールオーバークラスターの構成

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2012 R2
実習/演習/ デモ内容
Lab1. ストレージデバイスの接続
Lab2. 記憶域プールの構成
Lab3. iSCSIターゲットサーバーの構成
Lab4. スケールアウトファイルサーバーの構成

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は変更される可能性があります。

受講者の声

『windows2012だと予想以上に機能追加されているため、とても参考になりました』
『業務の合間に受講しているため、今回のような1日の研修はありがたいです。 (たとえば3日コースとなると、仕事の調整が難しくなるので。)』

講師からのメッセージ

インストラクター
Windows Server 2012 R2では、ちょっとしたストレージ機器と同等以上の機能を安価に実現できます。本コースでは、Windows Serverを使ったNAS/SANを実装します。