ホーム > Microsoft Azure ソリューションの開発 (#23532)

Microsoft Azure ソリューションの開発 (#23532)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azure ソリューションの開発 (#23532)
コースコード MSC0520V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 250,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年2月5日(月) ~ 2018年2月9日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年4月23日(月) ~ 2018年4月27日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年6月25日(月) ~ 2018年6月29日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

Microsoft Azure をプラットフォームとしたアプリケーション開発の基本を体系的に学習したい方にお奨めです。

対象者情報

対象者
・Microsoft Azure ソリューションの実装と監視の基本的な経験がある方。また、Visual Studio 及び Web アプリケーション構築に使用される技術と開発手法に熟練している必要があります。
前提条件
□ Azure プラットフォームの基本的な知識と利用経験があること
□ ASP.NET MVC および C# プログラミングの経験があること

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、アプリケーションのスケールアップ(垂直方向への拡張) の開発経験を持つ受講者を対象としています。また、Microsoft Azure プラットフォームと提供されるサービスに関する基礎知識と使用経験があることも前提です。

このコースでは、既存の ASP.NET MVC アプリケーションを Azure へ配置する一環として機能を拡張する方法を学習します。そのため、クラウド内の高可用性ソリューションを構築する際に必要となる考慮事項に焦点を当てます。
学習目標
● Azure プラットフォームで利用できるサービスを比較する
● ASP.NET Web アプリケーションを構成し配置する
● ギャラリーから Azure Web サイトを作成する
● Azure Web サイトを配置し監視する
● Azure 仮想マシンを作成し構成する
● クラウド サービスと仮想マシンの関連について説明する
● 既存のクラウド サービス パッケージを配置する
● ストレージ アカウントを作成し管理する
● ストレージ アカウントの BLOB コンテナーを管理する
● SQL データベース インスタンスを作成構成し接続する
● SQL スタンドアローン データベースのインポートの影響を識別する
● Azure Active Directory インスタンスのユーザー、グループ及びサブスクリプションを管理する
● Azure 仮想ネットワークを作成する
● サイト ネットワークへのポイントを実装する
学習内容
1. Microsoft Azure プラットフォームの概要
 - Azure サービス
 - 管理ポータル

2. Azure 仮想マシンによる開発環境の確立
 - Azure 仮想マシンの構築
 - Azure 仮想マシンのワークロード
 - Azure 仮想マシン インスタンスの移行

3. Azure プラットフォームでの Web アプリケーションのホスト
 - Azure Web サイト
 - Azure での Web アプリケーションのホスト
 - Azure Web サイトの構成
 - Azure Web サイトの発行

4. Azure への SQL データの格納
 - Azure SQL データベースの概要
 - Azure での SQL データベースの管理
 - Azure SQL データベース ツール
 - Azure SQL データベース インスタンスのセキュリティ保護と復旧

5. 回復性のためのクラウド アプリケーションの設計
 - 高可用性アプリケーション向けのアプリケーション設計の実践
 - アプリケーション分析
 - ASP.NET による高パフォーマンス アプリケーションの構築
 - 一般的なクラウド アプリケーション パターン
 - アプリケーション データのキャッシュ

6. Azure のクラウド サービスの管理
 - クラウド サービスの概要
 - クラウド サービス Web ロール
 - クラウド サービス ワーカー ロール
 - クラウド サービス ロールの処理
 - クラウド サービスのカスタマイズ

7. Azure への表形式データの格納
 - Azure ストレージの概要
 - Azure ストレージ テーブルの概要
 - テーブル エンティティのトランザクション

8. Azure ストレージによるファイルの格納と使用
 - ストレージ BLOB
 - ストレージ BLOB とコンテナーへのアクセスの制御
 - Azure ストレージ アカウントの構成
 - Azure File

9. キューと Service Bus による通信戦略の設計
 - Azure ストレージ キュー
 - Azure Service Bus
 - Azure Service Bus キュー
 - Azure Service Bus リレー
 - Azure Service Bus 通知ハブ

10. Azure のインフラストラクチャの管理
 - Azure 仮想ネットワーク
 - 高可用性を備えた Azure 仮想マシン
 - 仮想マシンの構成管理
 - Azure 仮想マシンのネットワークのカスタマイズ


11. Azure リソース統合の自動化
 - Azure SDK クライアント ライブラリ
 - Windows PowerShell による Azure サービス管理のスクリプト化
 - Azure REST インターフェイス
 - Azure リソース マネージャー

12. Azure Web アプリケーションのセキュリティ保護
 - Azure Active Directory
 - Azure AD ディレクトリ
 - Azure AD の多要素認証

13. Azure での Web ソリューションの保守と監視
 - Web アプリケーションの展開戦略
 - Azure Web サイトの展開
 - Azure クラウド サービスの展開
 - 継続的インテグレーション
 - クラウド アプリケーションの監視

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Visual Studio 2013
Microsoft Azure
実習/演習/ デモ内容
1. プレビュー ポータルの探索
2. 開発およびテスト用の Azure 仮想マシンの作成
3. Azure Web サイトによる ASP.NET Web サイトの作成
4. Azure SQL データベースへのイベント データの格納
5. Azure ワーカー ロールによるバックグラウンド プロセスの作成
6. Azure ストレージ テーブルへのイベント登録データの格納
7. 生成されたドキュメントの Azure BLOB ストレージへの格納
8. キューと Service Bus による Azure Web アプリケーション間の通信の管理
9. 仮想ネットワークでの複数の仮想マシンの管理
10. Windows PowerShell によるテスト環境の作成の自動化
11. Azure Active Directory とイベント管理ポータルの統合
12. Azure へのイベント Web アプリケーションの展開

関連試験や資格との関連

MCP試験との関係 70-532 Developing Microsoft Azure Solutions certification