ホーム > DO180 Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift

DO180 Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル DO180 Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift
コースコード NFC0297R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 レッドハット
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年11月21日(火) ~ 2017年11月22日(水)

RH東京(品川御殿山)

  お問い合わせください

2017年12月25日(月) ~ 2017年12月26日(火)

RH東京(品川御殿山)

  お申し込み後確認

2018年2月19日(月) ~ 2018年2月20日(火)

RH東京(品川御殿山)

  お申し込み後確認

2018年3月19日(月) ~ 2018年3月20日(火)

RH東京(品川御殿山)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

○重要なお知らせ


Red Hat社のシステム変更に伴い、受講いただく際には「Red Hatアカウント」が必要となりました。
お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」を記載くださいますようお願いいたします。
まだ、「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。


適切なスキルセットを備えているかどうかわからない場合は、以下のオンラインスキルチェックでご確認ください。

 http://jp.redhat.com/resourcelibrary/articles/training-skills-assessment-apac

 (レッドハット社のWEBへリンクしています)

対象者情報

対象者
・Developers who wish to containerize software applications
・Administrators who are new to container technology and container orchestration
・Architects who are considering using container technologies in software architectures
前提条件
□Red Hat recommends these prerequisites:
□Be able to use a Linux terminal session and issue operating system commands
□Have Red Hat Certified System Administrator (RHCSA) certification or equivalent experience
□Have experience with web application architectures and their corresponding technologies

学習内容の詳細

コース概要
As a result of attending this class, students should be able to containerize simple software applications and services, deploy them with Docker, Kubernetes, and Red Hat OpenShift, test the containerized version, and troubleshoot issues with deployment.
学習目標
● Container, Docker, and Red Hat OpenShift architecture
● Create containerized services
● Manage containers and container Images
● Create custom container images
● Deploy containerized applications on Red Hat OpenShift
● Deploy multi-container applications
学習内容
1. Course introduction
  - Introduce and review the course.

2. Get started with container technology
  - Describe how software can run in containers orchestrated 
    by Red Hat OpenShift Container Platform.

3. Create containerized services
  - Provision a server using container technology.

4. Manage containers
  - Manipulate pre-build container images to create and 
    manage containerized services.

5. Manage container images
  - Manage the life cycle of a container image from 
    creation to deletion.

6. Create custom container images
  - Design and code a Docker file to build a custom container image.

7. Deploy containerized applications on Red Hat OpenShift
  - Deploy single container applications on Red Hat OpenShift Container Platform.

8. Deploy multi-container applications
  - Deploy applications that are containerized using multiple container images.

9. Troubleshoot containerized applications
  - Troubleshoot a containerized application deployed on Red Hat OpenShift.

10. Comprehensive review of Introduction to Container, Kubernetes, and Red Hat OpenShift
  - Demonstrate how to containerize a software application, 
    test it with Docker, and deploy it on a Red Hat OpenShift cluster.

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
OpenShift Container Platform 3.5

ご注意・ご連絡事項

・本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。
・レッドハット株式会社開催コースのキャンセル・日程変更は11営業日前までとさせていただきます。
・お申込の確定は、主催会社の受付準備が整い次第となります。受講コース確認書の発送までお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。