ホーム > クラウドコンピューティング概要 ~クラウドコンピューティングサービスの定義と利用~

クラウドコンピューティング概要 ~クラウドコンピューティングサービスの定義と利用~

  • キャンペーン
    キャンペーン対象コース
  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル クラウドコンピューティング概要 ~クラウドコンピューティングサービスの定義と利用~
コースコード WSC0017G  
コース種別 集合研修 形式 講義+デモ
期間 1日間 時間 9:30~16:30 価格(税抜) 50,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年1月22日(月) ~ 2018年1月22日(月)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2018年2月16日(金) ~ 2018年2月16日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2018年3月12日(月) ~ 2018年3月12日(月)

大阪LC

  空席あり

2018年3月16日(金) ~ 2018年3月16日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年4月20日(金) ~ 2018年4月20日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年5月7日(月) ~ 2018年5月7日(月)

新宿LC

  空席あり

2018年6月8日(金) ~ 2018年6月8日(金)

大阪LC

  空席あり

2018年6月11日(月) ~ 2018年6月11日(月)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★クラウドとは何で、何が良くてどんな課題があるかを知りたい人に最適★


■■Buy One Get One 50% OFFキャンペーン対象コース■■
対象コースから2コースお申し込みいただくと1コースが半額に!
対象103コースからお好きな組み合わせでご受講いただけます。

対象者情報

対象者
以下のことを検討しているITマネージャまたはリーダー
・クラウドコンピューティングの構築
・クラウドコンピューティングの提供
・クラウドコンピューティングの利用
前提条件
□3層クライアントサーバーモデルの構造についての基本的な知識
または以下のコース受講と同程度
□「コンピュータ入門」(OE301)

学習内容の詳細

コース概要
インターネットの発達と、サーバー仮想化技術の発達により、社内にサーバーを持たなくてもネットワークの向こう側(クラウド)に配置したサーバーでアプリケーションを利用できるようになりました。
本コースでは、インターネット上で汎用的なサービスを提供する「パブリッククラウド」の概要と主なサービスプロバイダについて紹介し、同様のサービスを社内に展開した「プライベートクラウド」の利点と欠点について解説します。
また、クラウドがビジネスに与えるインパクトについてクラス内で議論します。
学習目標
● クラウドコンピューティングの用語と概念を説明する
● 適切な配置先を決定する(パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス)
● 適切なクラウドコンピューティング技術を選択する
● 適切な商用クラウドコンピューティングサービスを選択する
● プライベートクラウド提供に必要な要件を列挙する
● クラウドによるビジネスの変化を予測する
学習内容
1. ITシステムの課題とクラウド
  - IT業界の課題
  - クラウドコンピューティングの登場
  - クラウドコンピューティングの影響

2. クラウドコンピューティングの定義
  - クラウドコンピューティングの定義
  - クラウドコンピューティングの特徴
  - クラウドコンピューティングの種類
  - クラウドコンピューティングの展開モデル
  - クラウドとオンプレミスのID統合

3. クラウドコンピューティングの利用
  - クラウドコンピューティングの利点
  - クラウドコンピューティングのリスク
  - クラウドコンピューティングの活用事例

4. クラウドコンピューティングの技術
  - クラウドコンピューティングに特徴的な技術
  - 俊敏性と柔軟性の向上: サーバー仮想化技術
  - スケーラビリティと耐障害性の向上: 分散処理技術
  - CAP定理
  - ACID特性からBASE特性へ
  - キーバリュー型データストア

5. パブリッククラウドの利用
  - Amazon Webサービス(AWS)
  - Google App Engine (GAE)
  - Microsoft Azure
  - Force.com

6. プライベートクラウドの利用
  - データセンター
  - サーバー
  - ストレージ
  - ネットワーク
  - 導入・移行・構築の変化

7. クラウドによるビジネスと役割の変化
  - 変わる仕事と変わらない仕事
  - 利用者部門の新しい動き
  - ITエンジニア
  - これからのITビジネス
  - これからのITエンジニア

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
以下のデモを行う予定ですが、状況によっては中止することがあります。
・Microsoft Azure
・Amazon Web Services
・その他Webアプリケーションサービス

ご注意・ご連絡事項

・テキストを改訂しました。2014年9月より新しいテキストで開催します。

受講者の声

『大変豊富な知識をお持ちで、定義から実例を含めてわかりやすく解説をしていただきました。今後の業務に大変参考になります。どうもありがとうございました。』
『実際のサービスの話やデモを交えながら進めていただき、とても参考になりました。ありがとうございました。』
『一般的な概念だけにとどまらず、実際の事例を含めて、とても詳しく説明していただきました。AWS、AZUREについてのデモがとてもわかりやすかったです。 テキストの内容だけでは、理解しづらい部分について、実際の利用イメージがよく理解できました。』