ホーム > コース・教材一覧 > ITサービスマネジメント/ITIL®

ITサービスマネジメント/ITIL®

ITサービスマネジメント/ITIL®

経営環境の変化が激しい昨今、ビジネス上の課題を解決するために、ITの活用が必要不可欠です。

ビジネスでITを活用するには、事業で必要とされているITサービスが何かを明らかにし、適切に提供する仕組みを整え、実行するスキルが必要です。

また、ITサービスに関する理解はもちろん、その土台となる問題発見力と解決力、ステークホルダーを巻き込む人間力など、様々なスキルがバランスよく必要となります。

トレノケートは、今後ますます需要が高まる「ビジネスに貢献できるITサービスを提案し、推進できる人材の育成」をサポートいたします。


↑ページの先頭へ戻る


ITサービス人材育成

ユーザー企業、ベンダー企業の役割がシフト


ユーザー企業やベンダー企業への要望は、システム開発から、ITビジネスの活用方法の提案へ大きくシフトしています。
トレノケートは、「ITサービス」とは何かを学び、現場で活用できるスキルを身につけることができるコースを提供しています。

「個別システム開発」から「IT活用」へのシフト

↑ページの先頭へ戻る


課題別ITサービスマネジメントコース


運用部門の若手エンジニア、運用部門に異動された方

下記コースでは、次のサンプルをお持ち帰りいただけます。

  • 変更要求(RFC)の項目・チェックリスト
  • 運用設計書に必要な項目
  • 開発から運用へのチェックリスト
コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MGC0071G 【PDU対象】エンジニアのためのITサービスマネジメント基礎
~システム運用の基礎スキルと実践力を高める~
2日 100,000円

サービスビジネスの立ち上げを検討している方

下記コースでは、次のサンプルをお持ち帰りいただけます。

  • サービス計画書
  • サービス(運用)設計書
コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MGC0100G 【PDU対象】ITサービス設計
~サービスビジネスの立ち上げ・導入で考えておくポイントを学ぶ~
1日 55,000円

運用部門のチーム運営に悩んでいる方

運用部門やITサービス部門を円滑に運営し、チーム力を向上させるために必要な3つのマネジメントスキルを学習します。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MGC0101G 【PDU対象】マネジャーのためのITサービスマネジメントとチームマネジメント
~運用部門/ITサービス部門の円滑なチーム運営~
1日 55,000円

運用計画書の作成で悩んでいる方

運用計画書の作成方法から記述すべき内容を徹底的に学習し、作成できるようになります。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MGC0102V 【PDU対象】実務で活用できる運用計画書の作成実践 1日 60,000円

↑ページの先頭へ戻る

ITIL®認定資格対応コース

ITIL®(アイティル)とは

ITIL®(IT Infrastructure Library)とは、ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめた国際的なフレームワークです。ITIL®の内容は書籍として発行され、世界中のさまざまな企業でITサービスマネジメントの基盤づくりのために活用されています。

  • ITIL®は、次の5つの書籍で構成されています。
  • サービスストラテジ
  • サービスデザイン
  • サービストランジション
  • サービスオペレーション
  • 継続的サービス改善

ITIL®認定資格対応コース

各ITIL®認定資格に対応したトレーニングコースを提供しています。

  • ファンデーション
  • プラクティショナ
  • インターミディエイト
  • エキスパート

詳しくは、ITIL®認定資格対応へ


↑ページの先頭へ戻る


ITサービスマネジメントスキルをより確かなものにするには

全方位でスキル強化が必要


全方位でスキル強化が必要の図
●IT戦略・企画・分析
ビジネスの視点でITを利活用するには、戦略・企画・分析力は必要です。
●プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメントの知識体系であるPMBOK®ガイドのの知識も併せ持つことも重要です。
●ITの要素技術
実装方法までのスキルは必ずしも必要ではありませんが、概要およびセキュリティ面での注意事項等の知識は必要です。
●ビジネススキル
ステークホルダーとの関わりの中で、折衝、交渉、ファシリテーションスキル等は必要です。


↑ページの先頭へ戻る

無料セミナーやキャンペーンの情報をお届けします!

DM・メルマガ

トレノケートの最新情報を毎週1回メールマガジンでお届けしています。
PC、タブレット、スマートフォンなど、いつもの端末でお気軽にお読みになれます。

メールマガジンを登録する

↑ページの先頭へ戻る