ホーム > eラーニング 教材一覧 > [ASP]Javaで学習するユニットテスト入門 ~JUnitで理解するテスト手法~

[ASP]Javaで学習するユニットテスト入門 ~JUnitで理解するテスト手法~

標準学習時間 8時間提供元 トレノケート
価格(税込)  26,400円(税込)備考 eラーニング
提供形態/付帯教材種別

ASP

メンタリング

商品コード JAX0052G

重要なご連絡・ご確認事項

・受講期間はID発行より90日間です。

対象者情報

対象者
・新人開発エンジニアの方
・ユニットテストに関する概要を学びたい方
・JUnit5のツールに関する扱い方を学びたい方
・データベース処理を含むテストの方法を学びたい方
前提条件
    □Javaの基本文法、オブジェクト指向を学習済みである方
    □データベース,SQLに関する基本知識を身につけている方

学習内容の詳細

コース概要
本コースは「JUnitシリーズ① ユニットテストの基本を学ぶ」「JUnitシリーズ② ユニットテスト実践-モック/スタブからMockitoまで-」の2つの小コースからなります。

Javaプログラマを対象に、ユニットテストの基本概念からテストコードの記述方法、拡張機能まで、豊富なハンズオンや演習で学習します。当コースでは、特に初心者の方がprintln()関数で都度コードの動きを確認する(出力を手動で見る)のに対し、テストの自動化で品質を高めていく手段を一から学習します。そのためのライブラリがJUnitです。
学習目標
● JUnit5を利用したテストの実施方法を理解する
● アサーションやテストケースの構造化を理解する
● パラメータ化テストを理解する
● モック/スタブによるテストができる
● Mockitoの概要を理解し、モック/スタブ操作ができる
学習内容
1章 テストの基礎		
-テストのプロセスと分類
-ホワイトボックステスト
-エンジニアによるコラム(テスト概論)

2章 ユニットテストとテスティングフレームワーク		
-ユニットテストとは
-テスティングフレームワーク

3章 JUnitの概要		
-テストコードの記述
-ラムダ式とは
-演習:例外を送出するメソッドのテスト
-アサーション
-テストケースの構造化
-テストフィクスチャとカテゴリ化
-パラメータ化テスト

4章 JUnitの活用		
-テスタビリティを高めるリファクタリング
-モック/スタブによるテスト
-システム時間に依存するテスト
-データベースのテスト
-コードカバレッジ

5章 開発プロセスの改善		
-テスト駆動開発
-振舞駆動開発
		
6章 Springのアプリにユニットテストを行う		
-Springプロジェクトの確認
-UserDAOのJUnitテスト
-Spring構成の詳細確認
-TaskDAOのJUnitテスト

7章 Mockito		
-Mockitoとは
-Mockitoを用いたテストコード
-Mockitoを用いたスタブ操作
-Mockitoを用いたモック操作

ご注意・ご連絡事項

・ソフトウェアのバージョンは最新版と異なる可能性があります。
・受講期間はID発行より90日間です。
・本製品はASPサービスで提供するため、インターネットに接続できる環境が必要です。