ホーム > eラーニング 教材一覧 > VMware vSAN: Deploy and Manage [V6.7] - On Demand Japanese

VMware vSAN: Deploy and Manage [V6.7] - On Demand Japanese

標準学習時間 21時間提供元 ヴイエムウェア株式会社
価格(税込)  266,200円(税込)備考 ---
提供形態/付帯教材種別

ASP

商品コード NFX0062V

重要なご連絡・ご確認事項

本コースのご受講には、『myLearn』にアカウント登録が必要です。
myLearn へのユーザー登録マニュアル をご参照の上、アカウント登録、受講方法のご確認をお願いいたします。

『myLearn』へのアクセスは、こちら

⽇本語版VMware OnDemandコースご利⽤マニュアルをご確認いただき、受講者様ご本人がご準備のうえ、ご受講いただきます。

本コースの受講期間は 30日間 です。

対象者情報

対象者
・vSAN を使用した Software-Defined Storage の利用を検討しているストレージ管理者と仮想インフラストラクチャ管理者
前提条件
    このコースを受講するには、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。
    □ ブロック ストレージ デバイスまたはファイル ストレージ デバイスでのストレージ管理経験があること
    □ 「VMware vSphere:Install, Configure, Manage [V6.7](VMware vSphere:インストール、構成、管理 [V6.7])」コースの内容を理解していること
    コマンド ラインを使用した実務経験があることが推奨されます。

    このコースの内容は、受講者が以下の作業を支援や指導なしで実行できることを前提としています。
    □ vSphere® Client™ を使用する
    □ データセンター、クラスタ、ホスト、仮想マシンなどの vCenter Server® オブジェクトを作成して管理する
    □ 標準スイッチを作成および変更する
    □ 分散スイッチを作成および変更する
    □ ESXi™ ホストを NAS、iSCSI、またはファイバー チャネル ストレージに接続する
    □ vSphere® VMFS データストアを作成する
    □ ウィザードまたはテンプレートを使用して仮想マシンを作成する
    □ vSphere® vMotion® を使用して仮想マシンを移行する
    □ vSphere® Storage vMotion® を使用して仮想マシンを移行する
    上記すべての作業を 1 人で実行するのが難しい場合は、先に「VMware vSphere:Install, Configure, Manage [V6.7]」コースを受講してから「VMware vSAN:Deploy and Manage(VMware vSAN:導入と管理)」を受講することをおすすめします

学習内容の詳細

コース概要
SAN™ 6.7 を使用した Software-Defined Storage ソリューションの導入と管理について説明します。VMware の Software-Defined Data Center の重要なコンポーネントである vSAN の機能について学習します。ハンズオン ラボによる実習では、vSAN の概念を実際に体験することができます。
学習目標
このコースを修了すると、次のことができるようになります。
● vSAN のアーキテクチャについて理解する
● vSAN の機能とユースケースを把握する
● vSAN のネットワーク コンポーネントを構成する
● vSAN クラスタを構成する
● vSAN データストアに仮想マシンを展開する
● 仮想マシンのストレージ ポリシーを設定する
● 継続的な vSAN 管理タスクを実行する
● vSAN 6.7 へアップグレードするための作業を理解する
● vSAN の暗号化を設定する
● vSAN の再同期タスクを制御する
● ストレッチ クラスタのローカルサイト保護機能を作成および管理する
● 障害ドメインを作成して管理する
● vSAN の健全性チェック機能を使用して健全性とパフォーマンスを監視する
● ストレッチ クラスタを構成し、フェイルオーバーのシナリオを確認する
● vSphere® の各機能やその他の製品と vSAN との相互運用について理解する
● vSAN クラスタを計画および設計する
学習内容
1. コースについて
  - 概要およびコースの流れ
  - コースの目標
  - Software-Defined Data Center について理解する

2. vSAN の概要
  - vSAN の基本的なアーキテクチャとコンポーネントについて理解する
  - ファイル ストレージ、ブロック ストレージ、オブジェクト ストレージの違いを理解する
  - オブジェクトベースのストレージのメリットを説明する
  - vSAN クラスタの構成について詳しく理解する
  - vSAN 環境を新規インストールして構成を検証する

3. vSAN の構成
  - vSAN の設計上の考慮事項を確認する
  - vSAN クラスタの拡張について理解する
  - vSAN ディスク グループを手動で構成する
  - 物理ネットワークの構成要件について確認する
  - vSAN のネットワーク構成について理解する
  - vSAN の構成と機能をテストおよび検証する
  - vSAN のアーキテクチャとコンポーネント
  - vSAN ハイブリッド アーキテクチャとオールフラッシュ アーキテクチャの違い
  - オールフラッシュ アーキテクチャのメリットについて理解する
  - vSAN の容量効率化機能について理解する
  - さまざまな vSAN 評価ツールについて理解する
  - vSAN のライセンスについて詳しく理解する

4. vSAN のポリシーと仮想マシン
  - vSAN でのストレージ ポリシーの仕組みについて理解する
  - 仮想マシンのストレージ ポリシーを定義および作成する
  - 仮想マシンのストレージ ポリシーを適用および変更する
  - 仮想マシンのストレージ ポリシーを動的に変更する
  - 仮想マシンのストレージ ポリシーの準拠状態を確認する

5. vSAN の管理と運用
  - vSAN クラスタでの暗号化の構成方法について理解する
  - ハードウェア ストレージ デバイスの管理について理解する
  - vSAN イベントのアラームを理解する
  - 障害ドメインについて理解し、構成する
  - vSAN iSCSI サービス、iSCSI ターゲット、および LUNS の構成について理解する

6. ストレッチ クラスタと 2 ノード クラスタ
  - ストレッチ クラスタと 2 ノード クラスタのアーキテクチャについて理解する
  - ストレッチ クラスタを作成する
  - ストレッチ クラスタのストレージ ポリシーが vSAN オブジェクトにどのように影響するかについて理解する
  - 特定のニーズに合わせて vSAN ストレッチ クラスタのポリシーを作成および適用する
  - さまざまなタイプの障害が発生した場合のストレッチ クラスタの動作について理解する

7. vSAN の監視とトラブルシューティング
  - ハードウェア障害のシナリオについて理解する
  - 再同期のプロセスについて理解する
  - 再同期が必要となる場合について理解する
  - vSphere Client を使用して問題を検出する方法を理解する
  - 健全性チェック機能を使用して vSAN の健全性を監視する方法を理解する
  - パフォーマンス サービスを使用して vSAN のパフォーマンスを監視する方法を理解する
  - vSAN 環境を監視およびテストする
  - vSAN のアーキテクチャ コンポーネントと PNOMA の OSI モデルについて理解する

ご注意・ご連絡事項

・本コースはヴイエムウェア株式会社から提供されるオンデマンドコースです。
・通常のコース受講とは異なり、お申込みを正式に承った後の取り消しはできませんので、ご注意ください。
・お申し込み後、7営業日程度で、トークンを送付させていただきます。お申込みから10日過ぎてもトークンが送付されないようであればお問い合わせください。
・受講時の注意点
本コースのご受講にはmyLearnにログインするためのアカウントが必要です。お持ちでない場合は、コース関連付加情報「myLearnアカウントの取得」から取得のうえ、ログインのご確認もお願いいたします。