ホーム > eラーニング 教材一覧 > OLL0021 インシデントレスポンス 超初動の心得 (1)

OLL0021 インシデントレスポンス 超初動の心得 (1)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

教材基本情報

教材タイトルOLL0021 インシデントレスポンス 超初動の心得 (1)
商品コードSCX0099R 備考eラーニング
標準学習時間1時間価格(税込) 2,200円(税込)
提供元株式会社ラック
提供形態/
付帯教材種別
 ASP 

ワンポイントアドバイス

インシデントレスポンス 超初動の心得シリーズ 

受講対象としては、真っ先に対応を迫られるネットワークやシステム運用に携わっている.技術者の方々はもちろ んですが、部門の責任者や情報セキュリティ担当者、組織のセキュリティ委員会やCSIRTなどに所属する技術者 以外の方々にも、技術的要素をわかりやすく解説していますので、受講をお奨めします。 また、システム担当の方については、次の専門ステップの学習へいくための準備として受講することをお奨めし ます。  

・このコースは、セキュリティインシデントが起きた時、または起きたかもしれないと判断したときに、まずはどのような対応をしたらよいのか、また、どのよ うな対応をしてはいけないのかを、実際に遭遇すると思われるテーマをクローズアップしながら学んでいきます。 
・このコースはシリーズでの提供をしていきます。一般オフィスで起きたことを題材にはじまります。インシデント発生現場の社員や部門長の対応について、その先に展開される情報システム部門のさまざまな対応について学習していきます。対応の範囲としては「情報セキュリティ調査専門の業者に依頼する直前まで」のことを中心としてます。しかし、外部の専門業者に依頼する場合でも、どのような調査がなされるのか、どのような報告がなされるのかを理解しておくことが重要ですので、シリーズ後半には知識として概要を学習できるようにコンテンツが準備されていきます。

対象者情報

対象者
・一般社員、職員の方々
・ネットワークやシステム運用に携わっている技術者の方々
・部門の責任者や情報セキュリティ担当者の方々
・組織のセキュリティ委員会やCSIRTなどに所属する方々
*技術的要素をわかりやすく解説していますので、技術者以外の方でも受講をお奨めします。

学習内容の詳細

コース概要
インシデントが起きた時には”不用意に触るな!”、しかし、”的確なアクション”が重要。
インシデントが起きると、慌てた対応をしがち。しかし、初動の段階で対応を誤ると被害の拡大を招いたり、その後の詳細調査に悪影響を及ぼすことがあります。もちろん、何もせずにいても良くありません。ことが起きてからは時間との勝負ですので、事前に知識を習得し、適切な行動ができるよう準備する必要があります。
或るオフィスで起きたウィルス感染騒ぎから始まります。
学習内容
1. ミニドラマ 失敗編

2. 削除①

3. 削除②

4. フルスキャン

5. LANケーブルを抜く

6. まとめ

7. ミニドラマ 解決編

*カリキュラムは予告無く変更となる場合があります。ご了承ください。

ご注意・ご連絡事項

・本オンライントレーニングは、株式会社ラックが提供いたします。
アルー株式会社が提供する「etudes(エチュード)」を研修配信環境として利用しています。
・お申込み成立後の変更及び取り消しはできませんのでご注意ください。
・受講用のIDは、株式会社ラックより直接のご連絡となります。
・ID発行手続きに、1週間程度必要になりますので、開始希望日はお申込み日より1週間以上後ろの日程を記入くださいますようお願いいたします。