ホーム > eラーニング 教材一覧 > PAC0010 インシデント初動対応 基本教育パック

PAC0010 インシデント初動対応 基本教育パック

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
標準学習時間 9時間提供元 株式会社ラック
価格(税込)  17,600円(税込)備考 eラーニング
提供形態/付帯教材種別

ASP

商品コード SCX0118R

重要なご連絡・ご確認事項

受講期間:30日間
ラックセキュリティアカデミーオンライン 利用規約 もご確認のうえお申し込みください。

対象者情報

対象者
・ネットワークやシステム運用に携わっている技術者
・部門の責任者や情報セキュリティ担当者
・組織のセキュリティ委員会やCSIRTのメンバー
前提条件
    特になし

学習内容の詳細

コース概要
情報セキュリティ事故が発生したら何をすればいい?この教育パックを受講することで、組織でインシデントが発生した時に、組織の内外へのアプローチや原因の調査過程において、どのように行動すべきかを体系的に学習できます。
【パック内容:インシデントレスポンス概論、超初動の心得(1)~(5)】
学習目標
・インシデント発生時、またはその疑いがある時に、どのような行動をすべきかの知識を得らえる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・インシデント対応の後に、再発防止や対応力の向上に向けた準備ができる
学習内容
インシデントレスポンス概論
1.  はじめに
2.  準備
3.  検知・分析
4.  封じ込め・根絶・復旧
5.  事故後の対応
6.  まとめ
7.  インシデントごとのレスポンスケース
8.  Dos/DDos攻撃
9.  マルウェア感染
10.  インターネット公開サーバを狙う攻撃
11.  内部犯行

インシデントレスポンス超初動の心得(1)PCがウイルス感染!オフィス現場、の巻	
1.  ミニドラマ 失敗編
2.  解説
3.  ミニドラマ 解決編

インシデントレスポンス超初動の心得(2)これって本当のインシデント?真相を探れ!の巻	
1.  マルウェア感染の原因
2.  マルウェア感染時の影響
3.  インシデントの判断基準
4.  対談

インシデントレスポンス超初動の心得(3)インシデント確定!さあ、どうする?の巻	
1.  調査
2.  対談

インシデントレスポンス超初動の心得(4)専門業者に詳細調査依頼!の巻	
1.  フォレンジック調査
2.  ミニドラマのインシデントの報告書

インシデントレスポンス超初動の心得(5)総まとめ、の巻	
1.  準備
2.  検知と分析
3.  封じ込め、根絶、復旧
4.  事故後の対応

ご注意・ご連絡事項

・本オンライントレーニングは、株式会社ラックが提供いたします。
アルー株式会社が提供する「etudes(エチュード)」を研修配信環境として利用しています。
・お申込み成立後の変更及び取り消しはできませんのでご注意ください。
・受講用のIDは、株式会社ラックより直接のご連絡となります。
・ID発行手続きに、7営業日程度必要になりますので、開始希望日はお申込み日より7営業日以上後ろの日程を記入くださいますようお願いいたします。