ホーム > 集合研修 コース検索一覧(検索キーワード:コーチング) > 【PDU対象】現場の力を引き出す実践テクニック ~組織力を高めるビジネス・コーチングの活用~

【PDU対象】現場の力を引き出す実践テクニック ~組織力を高めるビジネス・コーチングの活用~

  • 19.5 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】現場の力を引き出す実践テクニック ~組織力を高めるビジネス・コーチングの活用~
コースコード HSC0055G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 3日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

このコースは、チームの組織力を発揮したいと感じている方を対象に、1人1人から目標達成への主体的なコミットメントを引き出せるようになることを目指します。これまでのコーチングの経験に関係なく、3日間の集中カリキュラムにより、段階的に基本スキルから、応用スキルまで学習します。チームの目標達成のために必要なコーチングをスキルを確実に身に付けることができます。

対象者情報

対象者
・プロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーなど、チームやメンバを育成する立場にある方
・あらゆるチームのリーダー、もしくは、これからリーダーになる方
・初めて部下を持った新マネージャ、リーダー
・社内外を問わず、後進を指導する立場にある方
・セルフコーチングによって、目標達成を早めたい方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
現場の力を引き出し、組織力を高めるには、チームの基本的な方向性(チームビジョン、目標)を明確にした上で、目標に対するメンバのコミットメントを引き出すビジネスコーチングのスキルが欠かせません。このコースでは、はじめてコーチングを学ぶ方を対象に、コーチングの基本的な会話の流れと、基本スキルの活用方法について、多くの演習、ロールプレイを通じて、無理なく段階的に学習していくことが可能です。コースの後半では、チームの目標達成のためにメンバを継続的にコーチングしていく際のポイントを学習します。目標設定、中間フォロー、完了という継続的なコーチングの場面で「5ステップモデル」(コーチングの基本的な会話の流れ)をどのように応用していくかについて、ロールプレイで場数を踏みながら、実務で活用するための実践的なスキルを体得します。
学習目標
● コーチングの前提となる信頼関係の構築(ラポールの構築)について、必要なポイントを3つ以上指摘する
● 相手の話に共感を示しながら、深く、正しく傾聴する
● 相手の良い点に注目して、承認する
● 相手の行動、態度を観察し、受け取りやすいフィードバックを行う
● コーチングの会話をリードするための質問について留意点を3つ以上指摘する
● 標準的なコーチングの会話の流れ(5つのステップ)を説明する
● メンバに対する目標設定、中間フォローなどの場面で、「コーチング」のスキルを活用して会話する
● 職場でコーチングを実践するための、目標設定を行う
学習内容
1. コーチングの基礎知識
  - 基本的な考え方、分類と活用場面、会話の流れ

2. ラポールのスキル
【演習】ディスカッション「ラポールの構築」

3. 傾聴(リスニング)のスキル
【演習】ロールプレイ「傾聴スキル」

4. 承認のスキル
【演習】「承認のワーク」

5. フィードバックのスキル

6. 質問のスキル
 - オープン質問、クローズ質問、質問の切り口
【演習】「質問のスキル」

7. コーチングの会話の流れ
 - 基本の5ステップ
 - 5ステップの質問例
【演習】ロールプレイ「5ステップを使ったコーチング」

8. 目標設定のコーチング
【演習】「効果的な目標設定」(セルフコーチング)
【演習】ロールプレイ「目標設定のコーチング」

9. 中間フォローのコーチング
【演習】「中間フォローの準備」(セルフコーチング)
【演習】ロールプレイ「中間フォローのコーチング」

10. ビジョンに関するコーチング
【演習】「仕事に関する棚卸し」(セルフコーチング)
【演習】ロールプレイ「ビジョンコーチング」

明日から実践する行動目標の設定
研修のまとめとふりかえり

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
実習/演習/ デモ内容 講義、ロールプレイ、ゲーム、グループワーク、ディスカッション、ライティング(書く)、ぺアでの作業など多くの演習を行います。

ご注意・ご連絡事項

・PMP®継続認定プログラムの要件として、19.5PDUを申請取得できます。
・リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。
・このコースは、既存のビジネス・コーチング(HSC0039G)2日間、マネジメント・コーチング(HSC0040G)2日間 の2コースの内容をもとに、3日間の集中カリキュラムとしてご提供します。

講師からのメッセージ

インストラクター

コーチングの研修を受けた方から、
「誰に対して、どんなテーマでコーチングを始めればいいのか分からない」
「従来から行っている指示を出す、教えるという指導方法との使い分けが難しい」
との声をお聞きします。
このコースでは、このような職場でコーチングを実践する際に必ず直面する課題についても、本当に現場で使える『実践的な解決策』をお伝えしていきます。

(飯嶋 秀行)

 

※開催日程によって担当する講師は異なります。