ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:Websphere) > WM668 IBM Integration Bus V10 アプリケーション開発演習

WM668 IBM Integration Bus V10 アプリケーション開発演習

コース基本情報

コースタイトル WM668 IBM Integration Bus V10 アプリケーション開発演習
コースコード BMC0505R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 275,550円(税込)
主催 株式会社アイ・ラーニング
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

*注意事項*
IBM社員の方やIBMパートナーの方もお申込みいただけますが、特別割引を適用することはできませんのでご注意ください。

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
アプリケーション開発とWebSphere MQ の経験を有する統合スペシャリストおよびシニア・レベルの開発担当者
前提条件
□SQL、XML(Extended Markup Language)、Java、およびXPath(XML Path Language)についての基本的な知識を有すること
□自組織におけるビジネス上のニーズを理解していること
□HTTP、FTPと言った基本的なプロトコルを理解し、JMS(Java Message Services)やIBM MQと言ったMOM(Message-Oriented Middleware)の基本的な知識を有すること

学習内容の詳細

コース概要
IIB(IBM Integration Bus)は、異種IT環境に接続し、汎用的なデータ変換を提供します。これは、ポイントツーポイント接続とバッチ処理を排除し、オペレーティング・システム、プロトコル、及びデータ形式にかかわらず、任意のビジネスを可能にします。
当コースでは、IIBを使用して、どのようにメッセージ・フロー・アプリケーションを開発、デプロイ、サポートするかを学習します。これらのアプリケーションは、サービス・リクエスターとサービス・プロバイダー間でメッセージ転送する様々なメッセージング・トポロジーを使用します。メッセージ処理中に、データ・フォーマット変換やデータ圧縮を行なうアプリケーションを構築する方法を学びます。また、様々な処理ノードを使用してデータの流れをコントロールする方法や、処理中にデータを変換するためにデータベースとマップを使用する方法を学びます。また、データフォーマット記述言語(DFDL)を使用してデータ・モデルを構築する方法を学びます。
学習目標
当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
● IBM Integration Busのフィーチャーと利用法を説明する
● メッセージ・フローの開発、デプロイメントおよびテストを行う
● 事前定義されたパターンからメッセージ・フローを生成する
● IBM Integration Busの問題判別ツールを使い、開発時と実行時のエラーを診断して解決する
● 様々なメッセージ処理ノードの機能と使い方を説明する
● 基本的なESQLとJavaのメソッドをコーディングしてメッセージを変換する
● IBMグラフィカル・データ・マッピング・エディターを利用してメッセージを変換する
● シンプルなXMLおよび Data Format Description Language (DFDL)のメッセージ・モデルを定義し、使用してテストする
学習内容
1. IBM Integration Busとは

2. アプリケーション開発概要
  - 演習 1:メッセージ・フローのインポートとテスト

3. メッセージ・フローの開発
  - 演習 2: メッセージ・フロー・アプリケーションの作成

4. IBM MQとの接続
  - 演習 3: IBM MQとの接続

5. メッセージの流れの制御
  - 演習 4: メッセージ・フローに対するフロー制御の追加

6. メッセージのモデリング
  - 演習 5: DFDLモデルの作成

7. 問題判別ツールの使い方とリソースのヘルプ
  - 演習 6: 問題判別ツールの使い方
  - 演習 7: 明示的なエラー処理の実装

8. グラフィカル・データ・マッピング・エディターを使用したメッセージのマッピング

9. メッセージ・フローでのデータベース参照

10. メッセージ変換のためのComputeノードの使い方
  - 演習 8: ComputeとJavaComputeを使ってのデータ変換

ご注意・ご連絡事項

株式会社アイ・ラーニング開催コースのお申込みキャンセルについては、開始日の8日前までとさせて頂きます。
受講者変更、日程変更についても、コースの開催日より8日前までとさせて頂きますが、
期日を過ぎても対応できることもありますので、その際にはご連絡くださいませ。
なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
(当該日が当社休業日の場合には直前の営業日までとなります。)
開始日の8日前までのキャンセル:無償キャンセル
開始日の7日前以降:全額有償キャンセル