リーダーの4つの役割(R)

コース基本情報

コースタイトル リーダーの4つの役割(R)
コースコード HSC0115R  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:00~18:00 価格(税込) 106,700円(税込)
主催 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年11月12日(火) ~ 2019年11月13日(水)

FCJ(PMO田町東4階)

  お申し込み後確認

2020年1月23日(木) ~ 2020年1月24日(金)

FCJ(PMO田町東4階)

  お申し込み後確認

2020年2月13日(木) ~ 2020年2月14日(金)

FCJ(PMO田町東4階)

  お申し込み後確認

2020年3月5日(木) ~ 2020年3月6日(金)

FCJ(PMO田町東4階)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

リーダーに必要な役割・コンピテンシーを4つにまとめました。
このシンプルなモデルは、明日から組織・チームにおいて、すぐに応用することができます。

重要なご連絡・ご確認事項

本コースには事前課題があります。

対象者情報

対象者
・管理職
・マネージャー
・リーダー
・新任管理職
前提条件
□本コースには、事前課題がございます。

平均の所要時間は約20分です。
事前課題は、お申込み完了後にお送り致します。
当日は、必ずご記載いただきました事前課題をご持参ください。

学習内容の詳細

コース概要
あいまいに理解されがちなリーダーシップとマネジメントの違いを明確に定義し、リーダーシップの重要性の理解を促します。
小手先のマネジメントスキルの習得ではなく、その土台となる「ビジョンを描く力」を強化することにプログラムの軸足を置いています。
事前事後の360°アセスメントによって、より現実的な現状認識や、より具体的なアクション・プラン作成を促すことができます。
学習目標
● チームメンバーに適切にエンパワーメントを行い、チームとして長期的かつ継続的に結果を出すために、リーダーに求められる4つの役割を学びます。
学習内容
1. 結果を出す ・リーダーシップとマネジメント
  - リーダーの4つの役割
  - リーダーシップの原則
  - 激流の世界でリーダーシップを発揮する
  - 組織の効果性サイクル

○組織が出す結果は、組織にあるシステムと行動によって決定されます。
 組織が利害関係者のニーズに応え、結果を出し続けるためには、
 組織が効果的なサイクルを描くことが必要になります。
 「リーダーの4つの役割」では、この組織の「効果性サイクル」を
 拡大しながら回すことができるように、
 リーダーとして、どうあるべきか、何をすべきかを考えます。
 •あなたのチームが出さなければならない結果、大きな課題は何か
 •あなたのチームの大切な利害関係者とそのニーズは何か
 •あなたのチームが最も大切にしなければならないものは何か、
 またチームメンバーと共有できているか
 •利害関係者のニーズとチームのミッションをつなぐビジョンは何か、
 またどうすればそのビジョンを実現できるのか
 •戦略の実現にはどのようなプロセスが必要なのか
 •また、そのプロセスを実現するために、組織をどうするのか
 •部下の力を引き出すために、どのようなスタイルをとればいいか


2. 方向性を示す
  - 利害関係者のニーズ
  - ミッション
  - 価値観 
  - ビジョン
  - 戦略

○様々な利害関係者のニーズに対して、課題を定め、
 組織の出すべき結果を明らかにします。
 その結果に対し、組織・チームのリーダーとしての役割の一つ目は、
 組織のミッション(目的)や価値観、ビジョンを明らかにし、
 その明確になったミッションに従って、戦略を考えていくことです。
 出すべき結果に対し、組織・チームの進むべき道を明らかにしていくこと、
 それが「方向性を示す」です。


3. 組織を整える
  - 全体を理解する
  - 6つの適切

○組織を整える
 組織・チームの行動は、ミッションから導かれた戦略と
 アライン(一線化)されている必要があります。
 また、リーダーは、チームメンバーが戦略を遂行できるように、
 組織の仕組み、環境を整える必要があります。
 組織にとっての重要な6つの適切を整えながら、
 戦略遂行のステップを明らかにしていきます。


4. エンパワーメントを進める
  - パラダイム
  - リーダーシップスタイル
  - エンパワーメントのレベル
  - 実行協定

○エンパワーメントを進める
 リーダーは、チームメンバーがコミットメントし、
 モチベーションを高く持つために、
 メンバーに対し、エンパワーをする必要があります。
 そのエンパーメントのスタイルは、仕事、相手によって異なります。
 その都度最適なスタイルで対応するためのエンパワーメントを進める
 スキルを学びます。


5.模範になる
  - 模範になる
  - 信頼性のあるリーダー
  - 人生の遺産を残す

○チームとして長期的で継続的な結果を出すには、
 リーダーが、チームメンバーから信頼されることが不可欠です。
 その信頼性は、表面に見える仕事の能力だけではなく、
 その内側に隠れた人格が大きく影響します。
 リーダーは、人格と能力の両方で信頼される必要があります。

ご注意・ご連絡事項

セミナーご受講の際は下記をお持ちください。
・ワークシート(事前学習)
・筆記用具

当日はカジュアルな(リラックスできる)服装でご参加ください。
本コースはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社開催コースです。

受講お申し込み・日程変更は5営業日前までです。

またキャンセルの受講料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の11~6営業日前:  受講料の30%を請求
・コース開始日の5営業日前~当日: 受講料の65%を請求