ブロックチェーン入門

コース基本情報

コースタイトル ブロックチェーン入門
コースコード BCC0001G  
コース種別 集合研修 形式
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 132,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年12月14日(月) ~ 2020年12月15日(火)

新宿LC

  空席あり

実施確定
※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
これからブロックチェーンの開発に携わる方
ブロックチェーンの概念を学びたい方
ビットコインを通してブロックチェーンの仕組みを学びい方
イーサリアムのプラットフォームを使い、DApp開発の基礎的知識を身につけたい方
前提条件
何かしらの言語でプログラミングを学習済みである
(前提では無いですが、コース中でSolidityという言語のコードが紹介されます。オブジェクト指向プログラミングなど習得してからの受講をお勧めします。)

学習内容の詳細

コース概要
金融業はもちろん、他のさまざまな業界への応用でも注目されているブロックチェーン。本コースではエンジニアを対象として、ブロックチェーンの概要と仕組み、開発の基礎知識を学習します。
また、どのような業界に活用できるのか事例も紹介していきます。

ブロックチェーン開発のイメージが持てるように、イーサリウムというブロックチェーン用のプラットフォームを利用して、簡単なDApp(分散型アプリケーション)開発を演習します。
学習目標
ブロックチェーンの概要が理解できる。
ビットコインの仕組みを理解できる。
ブロックチェーンプログラミングの基礎的知識を習得する。
学習内容
Chapter 1 : ブロックチェーンとは?
  - 1.1    ブロックチェーンの歴史
  - 1.2    ブロックチェーンの認知度
  - 1.3    中央集権と非中央集権
  - 1.4    パブリックとプライベート
  - 1.5    分散化の意義
  - 1.6    コンセンサスアルゴリズム
  - 1.7    ビザンチン将軍問題
  - 1.8    ブロックチェーンの将来性
  - 1.9    まとめ
  - Work 1-1 分散管理されるべきものとは?
Chapter 2 : ビットコインとは?
  - 2.1    P2P(Peer-to-Peer)
  - 2.2    トランザクション
  - 2.3    電子署名
  - 2.4    2重支払い問題
  - 2.5    Node(ノード)
  - 2.6    Proof of Work
  - 2.7    マイニング
  - 2.8    マークルツリー
  - Work 2-1    ビットコインを送受金してみよう
Chapter 3 : イーサリアムとは?
  - 3.1    内部通貨
  - 3.2    アカウント
  - 3.3    マイニング
  - 3.4    スマートコントラクト
  - 3.5    事例紹介
Chapter 4 : DAPP開発概要
  - 4.1    DAPPとは?
  - 4.2    スマートコントラクトとは?
  - 4.3    ツール紹介
  - 4.3.1    Remix
  - Work 4-1    Remixを使ってみよう
  - 4.3.2    Metamask
  - Work 4-2    イーサリアムのウォレットを使ってみよう
  - 4.3.3    Etherscan
  - Work 4-3    Remix + Metamask + Etherscan
  - 4.4    web3.jsとは?
  - Work 4-4    Hello World Dappの実装
Chapter 5 : Solidity概要
  - 5.1    Hello World コントラクト
  - 5.2    Solidityの記法
  - Work 5-1    簡易的なトークンを発行してみよう