ホーム > 集合研修 資格別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:Microsoft Certified Roll-based Associate) > Microsoft Information Protection 管理者 (SC-400T00) バウチャー付き

Microsoft Information Protection 管理者 (SC-400T00) バウチャー付き

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  166,100円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習(オンラインラボ) コースコード  MSC0795V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年11月25日(木) ~ 2021年11月26日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

▼バウチャなしコースは下記リンクからお申込できます。

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室とオンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


テキストおよび演習環境について
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。
 電子テキストのプラットフォームは skillpipe を使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。
 演習環境はオンラインラボ(英語)を使用します。
 コースの内容は予告なく変更される可能性があります。

対象者情報

対象者
・コンテンツの分類、データ損失防止、ガバナンス、および保護のためのポリシーとルールを作成する、情報保護の管理者
前提条件
□Microsoftのセキュリティおよびコンプライアンステクノロジに関する基礎知識
□情報保護の概念に関する基本的な知識
□Cloudコンピューティングの概念の理解
□Microsoft 365製品およびサービスの理解

学習内容の詳細

コース概要
Microsoft 365展開で情報を保護する方法を学びます。このコースは、組織内のデータガバナンスと情報保護に焦点を当てています。このコースでは、データ損失防止ポリシー、機密情報の種類、機密ラベル、データ保持ポリシー、Office 365メッセージの暗号化などの関連トピックの実装について説明致します。このコースは、受講者者がMicrosoft Information Protection Administrator exam (SC-400)の準備をするのに役立ちます。
学習目標
● 感度ラベルを説明して使用。
● データ損失防止ポリシーの構成。
● Office 365でメッセージの保護。
● 情報ガバナンスの構成プロセスについての説明。
● Microsoftの情報保護およびガバナンスソリューションに関連する重要な用語を定義。
● コンテンツエクスプローラーとアクティビティエクスプローラーについて説明。
● 機密情報タイプとトレーニング可能な分類子の使用方法の説明。
● DLPレポートを確認かつ分析。
● DLPポリシー違反を特定して軽減。
● DLPとMicrosoft Cloud App Security (MCAS)の統合について説明。
● エンドポイントDLPをデプロイ
● 記録管理について説明
● イベント駆動型の保持の構成
● ファイルプランをインポート
● 保持ポリシーとラベルの構成
● カスタムキーワード辞書の作成
● ドキュメントのフィンガープリントの実装
学習内容
1. Microsoft 365に情報保護の実施
  - Microsoft 365の情報保護とガバナンスの概要
  - 保護とガバナンスのためにデータ分類
  - 機密情報タイプを作成および管理
  - Microsoft 365暗号化についての説明
  - Office 365にメッセージ暗号化を展開
  - 感度ラベルの設定
  - 感度ラベルを適用かつ管理

2. Microsoft 365にデータ損失防止の実施
  - Microsoft 365でのデータ損失を防ぐ
  - Endpointのデータ損失防止の実施
  - Microsoft Cloud App SecurityおよびPower PlatformのDLPポリシーの設定
  - Microsoft 365でDLPポリシーとレポートの管理

3. Microsoft 365に情報ガバナンスの実施
  - Microsoft 365の管理情報
  - Microsoft 365ワークロードでのデータ保持管理
  - Microsoft 365でレコードの管理

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Microsoft 365

関連試験や資格との関連

MCP試験 SC-400: Microsoft Information Protection Administrator

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用いたします。
・演習はオンラインラボで行います。オンラインラボ内のWindows OSの言語は英語です。