ホーム > Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 (#23533)

Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 (#23533)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 (#23533)
コースコード MSC0522V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 250,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年8月6日(月) ~ 2018年8月10日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2018年9月10日(月) ~ 2018年9月14日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2018年10月1日(月) ~ 2018年10月5日(金)

新宿LC

  残りわずか

2018年10月29日(月) ~ 2018年11月2日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年12月3日(月) ~ 2018年12月7日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

2019年1月28日(月) ~ 2019年2月1日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年2月25日(月) ~ 2019年3月1日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年3月25日(月) ~ 2019年3月29日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

MCP受験バウチャーお取り扱いしております!

ここをクリック

対象者情報

対象者
・情報技術 (IT) 担当者でクラウド技術の知識を有しており、Microsoft Azure についての知識を深めたい方
・Microsoft Azure 上で、展開・構成を行う IT 技術者、およびサービスや仮想マシンを管理する方
・Microsoft System Center を使用してマイクロソフトのサーバー インフラストラクチャを管理・調整する方
・Windows Server 管理者でオンプレミスの Active Directory ロールとサービスをクラウドへ移行する予定の方
前提条件
□以下の技術的な知識があること
・オンプレミスの仮想化技術の理解: 仮想マシン、仮想ネットワーク、仮想ハードディスク
・ネットワーク構成の理解: TCP/IP、DNS、仮想プライベート ネットワーク、ファイアウォール、および暗号化技術
・Web サイトに関する理解: 作成、構成、監視、およびインターネット インフォメーション サービス (IIS) で Web サイトを展開
・Active Directory の概念の理解: ドメイン、フォレスト、ドメイン コントローラー、レプリケーション、Kerberos、および LDAP
・データベースの概念などの理解: テーブル、クエリ、SQL およびデータベース スキーマ
・レジリエンスや災害復旧などの理解: バックアップ・リストア操作

□または、以下の資格を有している方
・MCSA: Windows Server 2012

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、オンプレミス環境でインフラストラクチャの管理を行っている方に Microsoft Azure について説明し、Azure のインフラストラクチャを管理する方法を紹介します。
学習目標
● インフラストラクチャ、ツール、およびポータルを含む Azure アーキテクチャ コンポーネントについて説明する
● Azure 内、および社内の環境に接続する仮想ネットワークを実装、および管理する
● Azure の仮想マシンを設計、作成する
● Azure の仮想マシンの構成、管理、監視を行い、可用性と信頼性を最適化にする
● ストレージ ソリューションの実装、管理、バックアップ、および監視をおこなう
● アプリケーションをサポートするために SQL データベース上のデータ サービスを計画および実装する
● Web サイトを展開および構成する
● クラウド サービスの展開、構成、監視、および診断をおこなう
● Azure AD ディレクトリを作成・管理し、Azure AD アプリケーション統合を構成する
● Azure AD でオンプレミスの Windows AD を統合する
● PowerShell で Azure の管理操作を自動化する
学習内容
1. Microsoft Azure の紹介
 - クラウド テクノロジの概要
 - Azure の概要
 - Azure ポータルによる Azure の管理
 - Windows PowerShell による Azure の管理
 - Azure Resource Manager の概要
 - Azure 管理サービス

2. Azure ネットワークの実装と管理
 - Azure ネットワークの概要
 - Azure 仮想ネットワークの構成
 - 仮想ネットワーク接続の構成
 - IaaS v1 の Azure ネットワークの概要

3. 仮想マシンの実装
 - IaaS v2 仮想マシンの概要
 - Azure 仮想マシンの計画
 - IaaS v2 仮想マシンの展開 
 - Azure Resource Manager テンプレートの作成
 - IaaS v1 仮想マシンの概要

4. 仮想マシンの管理
 - 仮想マシンの構成
 - 仮想マシン ディスクの構成
 - Azure 仮想マシンの管理と監視
 - IaaS v1 仮想マシンの管理

5. Azure App Service の実装
 - App Service の紹介
 - App Service でのアプリ展開の計画
 - Web アプリの実装と保守
 - Web アプリの構成
 - Web アプリと Web ジョブの監視
 - モバイル アプリの実装
 - Traffic Manager

6. ストレージ、バックアップ、復旧サービスの計画と実装
 - ストレージの計画
 - Azure Storage の実装および管理
 - Azure Content Delivery Network の実装
 - Azure Backup の実装
 - Azure Site Recovery の計画および実装

7. Azure SQL Database の計画と実装
 - Azure SQL Database の計画と展開
 - Azure SQL Database の実装と管理
 - Azure SQL Database セキュリティの管理
 - Azure SQL Database の監視
 - Azure SQL Database ビジネス継続性の管理

8. PaaS クラウド サービスの実装
 - PaaS クラウド サービスの計画と展開
 - クラウド サービスの管理と保守

9. Azure Active Directory の実装
 - Azure AD テナントの作成と管理
 - Azure AD によるアプリケーションとリソース アクセスの構成
 - Azure AD Premium の概要

10. ハイブリッド環境での Active Directory インフラストラクチャの管理
 - オンプレミスの Active Directory ドメインの Azure への拡張
 - Azure AD Connect によるディレクトリ同期の実装
 - フェデレーションの実装

11. Azure ベースの管理とオートメーションの実装
 - Log Analytics の実装
 - Azure Automation の実装
 - Automation Runbook の実装
 - Azure Automation の管理

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
Lab1. Microsoft Azure の紹介
Lab2. Azure ネットワークの実装と管理
Lab3. 仮想マシンの実装
Lab4. 仮想マシンの管理
Lab5. Azure App サービスの実装
Lab6. ストレージ、バックアップ、および復旧サービスの計画と実装
Lab7. Azure SQL データベースの計画と実装
Lab8. PaaS クラウド サービスの実装
Lab9. Azure Active Directory の実装
Lab10. ハイブリッド環境での Active Directory インフラストラクチャの管理
Lab11. Azure ベースの管理と自動化の実装

関連試験や資格との関連

MCP試験との関係 70-533 Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装

ご注意・ご連絡事項

・本コースは英語版の電子版テキストおよび日本語の演習マニュアル(冊子)を使用します。
・研修で使用する教材は事前の予告なく変更されることがあります。

受講者の声

『テキストと実際の環境の相違点を都度説明いただいたり細かい質問にも丁寧に答えていただき非常に満足しております。』
『Azureとのクラウドサービスとの関連や連携なども非常にわかりやすかったです。』