ホーム > AMA's Advanced Executive Leadership Program in Japanese

AMA's Advanced Executive Leadership Program in Japanese

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • 21 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル AMA's Advanced Executive Leadership Program in Japanese
コースコード AMC0099V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 247,500円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年9月30日(水) ~ 2020年10月2日(金)

東京会場(未定)

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースは、日本語で講義を行います。テキストおよび投影スライドは英語となりますので予めご了承ください。


★英語で実施するコースもございますので、下記をご参照ください。
AMC0098V AMA's Advanced Executive Leadership Program in English

対象者情報

対象者
・ご自分のスキルを強化し、結果を導き出すために周囲のモチベーションを高め、鼓舞するためのエグゼクティブ・リーダーシップを身に付けたいと考えておられるエグゼクティブ、管理職、マネジャーの方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
3日間集中コース:リーダー、ビジョナリー、戦略立案者としての役割を探求するエグゼクティブのためのリーダーシップ・トレーニング

このエグゼクティブのためのリーダーシップ・トレーニングは、リーダーとしてのポテンシャルを発揮するための第一歩と言えます。
通常のリーダーシップの役割とは異なる、エグゼクティブのためのリーダーシップを作り出すものは何か? 組織の卓越性は、どのように作り出すのか? 今日のビジネスで成功を収めるために必要不可欠なグローバル・コンピテンシーは何か? そして、自分自身のリーダーシップをどのようにして習得するのかを理解することができます。
さらに、このエグゼクティブのためのリーダーシップ・トレーニングを通じて答えを求めておられるシニアマネジャーの方々の見識や経験を分かち合うことによって、貴重なメリットを得ていただけることでしょう。
学習目標
● イノベーティブな思考と行動を促すチェンジマスターになる
● チーム、部門、組織に必要な正しいビジョンを設定する
● 成功している未来の姿を実現する計画の立て方を理解する
● 労働力を最適化し、最大のパフォーマンスと収益の向上を実現する
● 健全で賢明な態度で、EQ(心の知能指数)を最大限に発揮する
● 人員や条件などに変化が生じた場合、エグゼクティブのためのリーダーシップ・スタイルを柔軟に変化させる
● 組織の価値観を反映した、常に倫理的な行動をとるようにする
学習内容
1. 変化を引き起こす
  - 組織や人が変化に抵抗感を持つ理由を明らかにする
  - 職場で変化を引き起こし、イノベーションをプロモートする具体的な“戦術”を活用する
  - 職場で変化をプロモートするリーダーシップ行動

2. ビジョン、価値観、倫理観
  - 明確化されたミッションとビジョンステートメントを明確にし、職場で展開する
  - 既に機能しているミッション/ビジョンに対する組織の反応をアセスメントする
  - 倫理とビジョン達成との間にある関連性を明確にする
  - 組織の価値観を表現する
  - 倫理的リーダーシップ行動を通じて、組織的価値をプロモートするアプローチを計画する

3. リーダーの役割
  - 他のリーダーシップ関連の学習経験を再考し、再強化した上で、マネジャー vs. リーダーの役割の概念を使い分ける
  - 学ぶ環境と、指導する環境を区別する
  - 個人的な行動の好みやこだわりを明確にし、リーダーシップ効果性を高めるために積極的に修正する
  - EQ(感情指数)を定義し、強化する主要な概念を学ぶ
  - 自身の感情エネルギーの源泉は何かを認識する

4. リスク、レジリエンス、アラインメント
  - レポートラインと、レポートラインでない関係の中における、モチベーション要員を定義する
  - エグゼクティブリーダーシップ・コンピテンシーと、改善・向上のためのターゲットエリアを明確にする
  - リスクをアセスメントする:組織風土のアセスメント
  - 個人と組織のレジリエンス(敏捷性)を構築する上で、リスクの役割を調べる
  - 組織や部門のビジョンに沿ったアクションは何かを明確にする

5. 方向転換 - シミュレーション
  - コースで学んだ概念を、シミュレーションケースに落とし込む
  - チームダイナミックスの概念を、実体験に結びつける
  - 成功するチームの行動を認識する
  - コースで学習したことを、自己アセスメントする
  - 学んだことを現場で活かすための戦略を立てる
  - 倫理的な課題から学んだ、チームでの意思決定スキルを活用し、進捗状況をアセスメントする

6. 計画をより洗練させる
  - コース終了後、即座に取る具体的なアクション・プランを完成させる
  - 他のチーム・メンバーや、グループ全体で構成される人間関係、友好関係のネットワークを強化する

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
・講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションやグループワーク等を通して、多くの気づきを得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、クインテグラル株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。
・AMAコースの日程変更は、コース初日の3営業日前までとさせていただきますので、ご了承ください。