ホーム > Developing Your Emotional Intelligence in Japanese

Developing Your Emotional Intelligence in Japanese

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル Developing Your Emotional Intelligence in Japanese
コースコード AMC0109V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 148,500円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年4月26日(月) ~ 2021年4月27日(火)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースは、日本語で講義を行います。

テキストおよび投影スライドは英語となりますので予めご了承ください。


★英語で実施するコースもございますので、下記をご参照ください。

AMC0104V Developing Your Emotional Intelligence in English

対象者情報

対象者
・EQスキルを活用することによって、感情をコントロールし、自己理解を深め、個人、またビジネスにおける成功を収め、ご自身のパフォーマンスを最大限に発揮されたいすべてのビジネスプロフェッショナルの方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
EQ(心の知能指数)トレーニングを活用し、個人、チーム、そして組織で成功する

ビジネスにおいて強固で効果的な人間関係がなければ、今日のハイペースで、チームに重点を置いたグローバルな職場環境では、高い生産性で最大限の結果を達成することはできません。EQ(心の知能指数)のコンピテンシーは、職場での効果的な人間関係と生産性の重要な能力として位置付けられています。
現在、EQは、効果的で、迅速な対応が可能な、イノベーティブな組織の土台を強化するスキルセットとして、活用されています。

本プログラムは、理論だけに焦点を当てるのではなく、EQの概念を実践的に応用することに重点を置いています。積極的にセミナーに参加することで、個人的な気づきを得られ、他者との繋がりを強化し、ストレスをマネジメントし、健全なコンフリクトやコラボレーション(協働)を行い、レジリエンス(敏捷性)と楽観性を発揮するための核となるEQスキルを学び、実践に繋げられます。
学習目標
● 自分のプロフェッショナルな行動を形成する感情データを認知し、意識的に使う
● 仕事上の人間関係や状況に影響を与える感情的な行動を認識して、それをマネージする
● 共感力をつけ、強固なチームプレイヤーとしての特質とコミュニケーション力を向上させる
● 感情に関する知見を養い、組織内での自分自身の立ち位置を判別し、より良い自己管理ができる
学習内容
1. 感情の知性における個人の気付きを拡げる
  - 感情とそのレベルを識別し、名前を付ける
  - 感情を、認知的・身体的発現の観点から分析する
  - 感情が沸き上がる要素は何かを認識し、EQを利用した戦略を立てる
 
2. EQを通じた信頼関係と個人の影響力を促進させる
  - EQが周囲との繋がりにおいて、どんな影響力を持つかを認識する
  - EQコミュニケーションスキルを、信頼関係構築と継続のために活用する
  - 共感力をつけ、維持させるための傾聴スキルを練習する

3. EQのストレスマネジメントとレジリエンスを示す
  - ストレスを、ポジティブな結果や限定的な結果をもたらす可能性のある複雑な感情的・身体的な反応であることを認識する
  - 感情のバランスを保つため、積極的なストレスマネジメントのテクニックを活用する
  - レジリエンスとは何かを定義し、職場でどのような効果をもたらすかを知る

4. EQを通して健全なコンフリクトとコラボレーションを起す
  - 健全なコンフリクトを行うためにの信頼関係構築とその継続の中心的な役割は何なのかを認知する
  - 健全なコンフリクトを維持するためのEQ戦略とは何かを明確にする
  - EQを活かした業務で協働的な姿勢を全うする

5. すべてを実現させる
  - 複雑なEQにおける課題と成長機会を示すため、EQコンピテンシーを統合する

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
・講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションやグループワーク等を通して、多くの気づきを得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、クインテグラル株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。
・AMAコースの日程変更は、コース初日の3営業日前までとさせていただきますので、ご了承ください。