ホーム > Big Data on AWS -AWS主催-

Big Data on AWS -AWS主催-

コース基本情報

コースタイトル Big Data on AWS -AWS主催-
コースコード AWC0033R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 231,000円(税込)
主催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

一時的にお申込みを停止いたしております。再開まで今しばらくお待ちください。

本コースはeBookでの提供となります。

本コースの受講お申し込みを完了するには、いくつかの事前登録作業が必要です。お申し込み後にご案内資料を送付致しますので、指定期日までに必ず登録をお済ませください。ご登録完了後、お申し込み確定となります。


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・データの保存先としてAWSを利用し、AWS上での大規模なデータ処理のために、Amazon EMRやAmazon Kinesisなど様々なAWSサービスをビッグデータパイプラインの構築に活用する方
前提条件
□データの収集、変換、ロード処理、分散デートストア、 Apache Hadoop をはじめとしたビッグデータ技術に対する基本的な知識
□Web ベーストレーニングの Big Data Technology Fundamentals の修了または同等の経験
□コア AWS サービスおよびパブリッククラウドについての実務的知識
□AWS Techinical Essentials 1 と 2 コースの修了または同等の経験(必須)
□Architecting on AWS コースの修了または同等の経験(推奨)
□リレーショナルデータベースシステム、およびデータベースの基本的な知識

学習内容の詳細

コース概要
「Big Data on AWS」では、AWSクラウドプラットフォームでのビッグデータソリューションについて紹介します。このコースではAmazon Elastic MapReduce (Amazon EMR) 、およびHiveやHueといったHadoopツールの広範なエコシステムを使ってデータを処理する方法について説明します。また、ビッグデータ環境を作成する方法、Amazon DynamoDB、Amazon Redshift、およびAmazon Kinesisとの連携方法、セキュリティやコストの効率化のためのベストプラクティスを活用する方法についても説明します。
学習目標
● ビッグデータエコシステム内でAWSソリューションを適合する
● Amazon EMRのコンテキストでApache Hadoopを活用する
● Amazon EMRクラスタのコンポーネントを識別する
● Amazon EMRクラスタを作成および構成する
● Amazon EMRに対して有効なHive、Pig、およびStreamingといった一般的なプログラミングフレームワークを活用する
● Amazon EMRの使いやすさを向上するためHueを活用する
● Amazon EMRでSparkおよびSpark SQLによるメモリ内分析を使用する
● 適切なAWSデータストレージオプションを選択する
● 準リアルタイムビッグデータ処理に対してAmazon Kinesisを使用する利点を確認する
● データウェアハウスおよびカラムナデータベースの概念を定義する
● データの効率的な格納と分析のためにAmazon Redshiftを活用する
● Amazon EMRおよびAmazon Redshift展開についてのコストとセキュリティを理解および管理する
● データの統合、転送、圧縮のためのオプションを理解する
● データおよびクエリを示すために視覚化ソフトウェアを使用する
● AWS Data Pipelineを使ってビッグデータワークフローを編成する
学習内容
第1日 
1. ビッグデータ、Apache Hadoop、およびAmazon EMRの利点についての概要

2. Amazon EMRアーキテクチャ

3. Amazon EMRの使用

4. Hadoopプログラムフレームワーク

5. 広告分析でのHiveの使用 

6. 生命科学分析でのStreamingの使用 

第2日
7. Amazon EMRでのHueの使用

8. Amazon EMRでのHueによるPigスクリプトの実行 

9. インメモリ分析用SparkおよびSpark SQL 

10. インメモリ分析でのSparkおよびSpark SQLの使用

11. Amazon EMRコストおよびセキュリティの管理

12. データの取り込み、転送、および圧縮

13. リアルタイムビッグデータ処理におけるAmazon Kinesisの使用

14. AWSデータストレージオプション

15. DynamoDB とAmazon EMRの連携

第3日
16. データウェアハウスおよびカラムナデータベース管理システム

17. Amazon Redshiftおよびビッグデータ 

18. ビッグデータに対するAmazon Redshiftの使用

19. AWSでのビッグデータエコシステム

20. ビッグデータの視覚化と編成

21. Tibco Spotfireを使ったビッグデータの視覚化

ご注意・ご連絡事項

・本コースはAWS社主催のコースです。
・本コース受講お申し込みは6営業日前まで、日程変更・キャンセル・受講者変更は11営業日前までです。代理受講は原則不可です。なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の10営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)~当日のキャンセル:受講料の全額を請求
・日程変更・受講者変更は1回限りとさせて頂きます。
・本コースの受講お申し込みを完了するには、コースの開催決定後、いくつかの事前登録作業が必要です。コース開催確定後、別途ご案内資料を送付致します。各登録作業は、コース開始日の指定期日までに必ずお済ませくださいますようお願い申し上げます。
・弊社経由でお申込みされた場合、APNパートナー割引は適用されませんのであらかじめご了承ください。