ホーム > 0DA22 IBM SPSS Statisticsによるノンパラメトリック検定:入門

0DA22 IBM SPSS Statisticsによるノンパラメトリック検定:入門

コース基本情報

コースタイトル 0DA22 IBM SPSS Statisticsによるノンパラメトリック検定:入門
コースコード BMC0211R  
コース種別 集合研修 形式 講義
期間 1日間 時間 9:30~15:30 価格(税込) 66,000円(税込)
主催 株式会社アイ・ラーニング
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

*注意事項*
IBM社員の方やIBMパートナーの方もお申込みいただけますが、特別割引を適用することはできませんのでご注意ください。

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・ノンパラメトリック検定について方法と使い方を理解したい方
前提条件
以下のコースを受講された方、もしくは同程度の知識をお持ちの方
□IBM SPSS Statistics操作入門

学習内容の詳細

コース概要
ノンパラメトリック法の基本的な知識と実践方法を習得するコースです。ノンパラメトリック法は正規分布に従わないようなデータやアンケートにおける段階評定法(たとえば、満足度を5段階で評価するような方法)の解析に有効な統計的方法です。この方法をSPSSを使いながら、データのグラフによる視覚化方法と併せて解説します。検定に必要なサンプル数についても取り上げます。

※ノンパラメトリック検定とは、データに対して分布の仮定を持たない(分布によらない)検定のこと。
多くの統計手法がデータに対して正規性の仮定(正規分布に従う)を持つパラメトリック手法です。

使用テキスト:
「SPSSによるノンパラメトリック検定」(オーム社)
学習目標
● パラメトリック方法とノンパラメトリック法の使い分けができるようにする
● ノンパラメトリック法の適用場面を理解する
● SPSSによる実践方法を理解する
学習内容
1. ノンパラメトリック法の概要
  - ノンパラメトリック法とはどのような考え方でデータを処置するのか
  - どのような種類の検定方法があるのか

2. パラメトリック法とノンパラメトリック法
  - パラメトリック法と比べたときの長所と短所
  - パラメトリック法との使い分け

3. ノンパラメトリック法の実施
  - SPSSを用いたノンパラメトリック法の進め方
  - 解析結果の見方

4.各手法の詳細
  - 分布の適合度に関する検定:割合の適合に関するカイ2乗検定、Kolmogorov-Smirnov検定
  - 中心位置に関する検定:Mann-Whitney検定、Kruskal-Wallis検定、メディアン検定(中央値検定)

Wilcoxon符号付き順位検定、Friedman検定
  - 割合の比較に関する検定:McNemar検定、CochranのQ検定
  - 順位相関係数に関する検定:Kendall、Spearman
  - クロス集計表に関する検定:カイ2乗検定
  - その他:二項検定、符号検定

ご注意・ご連絡事項

株式会社アイ・ラーニング開催コースのお申込みキャンセルについては、開始日の8日前までとさせて頂きます。
受講者変更、日程変更についても、コースの開催日より8日前までとさせて頂きますが、
期日を過ぎても対応できることもありますので、その際にはご連絡くださいませ。
なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
(当該日が当社休業日の場合には直前の営業日までとなります。)
開始日の8日前までのキャンセル:無償キャンセル
開始日の7日前以降:全額有償キャンセル