ホーム > CA003 IBM Cognos Analytics Framework Manager:レポート作成のための メタデータモデル開発

CA003 IBM Cognos Analytics Framework Manager:レポート作成のための メタデータモデル開発

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル CA003 IBM Cognos Analytics Framework Manager:レポート作成のための メタデータモデル開発
コースコード BMC0409R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 489,500円(税込)
主催 株式会社アイ・ラーニング
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

*注意事項*
IBM社員の方やIBMパートナーの方もお申込みいただけますが、特別割引を適用することはできませんのでご注意ください。

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
概要をご覧ください
前提条件
受講者は以下の条件を満たしている必要があります:
□一般的な業界標準のデータ構造および設計に関する知識
□SQL の使用経験
□要件収集やデータ分析の経験

・「IBM Cognos Analytics: ビジネスインテリジェンスレポート基本演習(v11.0)」(CA004)または「IBM Cognos Analyticsの概要(v11.0)」(CA002)を受講済みであることが望ましい

学習内容の詳細

コース概要
企画、開発担当者の方を対象に、IBM Watson の Conversation APIを使用して簡単な「会話」システムを構築するまでを1日で理解し体得するコースです。(Conversation編)

Bluemix環境を使い、Conversation toolを利用したアプリケーションの基本的な設計/実装までを自分で操作し、体験することができます。
学習目標
当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
● ビジネスユーザーがIBM Cognos Analyticsでレポート作成やデータ分析ができるように、プロジェクト作成からウェブへのメタデータの発行まで、完全なメタデータモデリングプロセスを習得する
学習内容
1. IBM Cognos Analytics の概要

2. 共通データ構造の確認

3. 要件の収集

4. 基本プロジェクトの作成

5. 再利用可能なメタデータの準備

6. 予測どおりの結果に対するモデル化

7. 計算およびフィルタの作成

8. 時間ディメンションの実装

9. 行列式の指定

10. プレゼンテーション ビューの作成

11. 各種クエリー サブジェクトの操作

12. Framework Managerにおけるセキュリティの設定

13. OLAP データ ソースの管理

14. 分析オブジェクトの作成

15. Framework Managerでの MUN の管理

16. Framework Manager におけるドリル スルーに対するモデル

17. 生成SQLの高度な概念および複雑なクエリー

18. Framework Manager での高度なパラメータ化手法の使用

19. モデルの保守および拡張可能性

20. Framework Manager モデルの最適化とチューニング

21. 複数モデル作成者環境での作業

22. Framework Manager でのパッケージの管理

付録 A. その他のモデル化手法の導入

付録 B. 多言語メタデータのモデル化

ご注意・ご連絡事項

株式会社アイ・ラーニング開催コースのお申込みキャンセルについては、開始日の8日前までとさせて頂きます。
受講者変更、日程変更についても、コースの開催日より8日前までとさせて頂きますが、
期日を過ぎても対応できることもありますので、その際にはご連絡くださいませ。
なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
(当該日が当社休業日の場合には直前の営業日までとなります。)
開始日の8日前までのキャンセル:無償キャンセル
開始日の7日前以降:全額有償キャンセル