ホーム > DA514 COBOLプログラミング演習

DA514 COBOLプログラミング演習

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル DA514 COBOLプログラミング演習
コースコード BMC0442R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 308,000円(税込)
主催 株式会社アイ・ラーニング
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年11月25日(月) ~ 2019年11月29日(金)

アイラーニング東京(茅場町)

  お申し込み後確認

2020年2月17日(月) ~ 2020年2月21日(金)

アイラーニング東京(茅場町)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

*注意事項*
IBM社員の方やIBMパートナーの方もお申込みいただけますが、特別割引を適用することはできませんのでご注意ください。

対象者情報

対象者
z/OS環境の下で、COBOLを使用したプログラム開発に携わる方
前提条件
□「プログラム作成の基礎-CD-ROMコース」(6DA01)を修了している、またはプログラミングに関する下記のような項目の概要を理解している方。
・プログラム作成の工程
・処理手順の記述・表現(文章、フローチャート)
・処理手順の基本構造(順次処理、条件分岐、繰り返し(ループ))
・ファイルとレコード(入出力)処理やテーブル(配列)処理

□また、演習でTSOを使用するため、「TSO(ISPF)のオペレーション入門」(ES474)を修了している、またはTSOの使用経験を有する方。

学習内容の詳細

コース概要
COBOLの基本文法を学習し、ファイルの入出力・グループ制御(コントロール・ブレーク)・テーブル処理・マッチングなど、メインフレームでよく使うロジックのプログラムが書けるようになります。
メインフレームで必須のプログラミング言語であるだけでなく、どんなプラットフォームでも使用されるCOBOLの知識をつけることはIT技術者の強みになります。
学習目標
当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
● 基本項目、グループ項目、数値データの定義を行い、処理に使用する
● プログラムの流れを制御する基本的手法を理解する
● 順次編成ファイルからの入出力処理を行う
● 帳票の作成および印刷の処理を行う
● テーブルやファイルを使ったデータの処理を行う
● 原文テキストをコピーする
● サブ・プログラムを呼び出す
● 突き合せ処理を行う
● TSO ISPFを使用し、プログラムのコンパイル、連係編集および基本的なデバッグを行う
学習内容
1. COBOLプログラミングの基礎

2. プログラムの作成環境

3. デバッギング

4. ファイルの入出力

5. テーブルの処理

6. 組込み関数

7. プログラム間の連係

8. プログラミングの技法

ご注意・ご連絡事項

株式会社アイ・ラーニング開催コースのお申込みキャンセルについては、開始日の8日前までとさせて頂きます。
受講者変更、日程変更についても、コースの開催日より8日前までとさせて頂きますが、
期日を過ぎても対応できることもありますので、その際にはご連絡くださいませ。
なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
(当該日が当社休業日の場合には直前の営業日までとなります。)
開始日の8日前までのキャンセル:無償キャンセル
開始日の7日前以降:全額有償キャンセル