ホーム > 【PDU対象】ITコンサルタントの養成(問題解決編)~コンサルティングの現場で発生する問題に対応するには~

【PDU対象】ITコンサルタントの養成(問題解決編)~コンサルティングの現場で発生する問題に対応するには~

  • 13 PDU (Business/Strategic)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】ITコンサルタントの養成(問題解決編)~コンサルティングの現場で発生する問題に対応するには~
コースコード CNC0031G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・ITコンサルタント、およびITコンサルタントを目指す方
・これからコンサルティングを行うIT技術者の方
前提条件
□知識としてITコンサルティングのプロセスを理解している
□「ITコンサルタントの養成(基礎)」受講済みか、同程度の知識があることが望ましい

学習内容の詳細

コース概要
ITコンサルティングが始まり、そのプロセスを進めるうえで、コンサルタントは様々な課題に直面します。急な予算の不足、納期変更、ステークホルダー同士の対立など、実際の現場では悩みは尽きません。
本コースでは、予算や納期など、具体的に起こりやすい課題を取り上げ、実際にどう対応していくか、またどうすれば問題の発生を事前に防げるのかを検討します。ITコンサルタントとして活躍している方だけでなく、これからコンサルタントになろうとしている方、様々な場面でコンサルティングを行うIT技術者の方にもおすすめです。
学習目標
このコースを修了すると次のことができるようになります。
● ITコンサルタントとして解決が求められる問題にはどのようなものがあるか説明できる
● ITコンサルタントにとって役立つ代表的な問題解決方法を説明できる
学習内容
1. コンサルティング活動を阻害するものとは
  - コンサルティングとコンサルタント
  - コンサルティング・プロセス
  - IT分野におけるコンサルティング
  - ITコンサルタントの位置づけ
  - ITコンサルタントの活動
  - コンサルティングの阻害要因
  - ITコンサルタントの解決方針

2. 金額的な阻害要因
  - 金額的な不安とは
  - そんなにかかるのか
  - どちらが有用か
  - このように変えたい
  - どこを評価したら良いか

3. 時間的な阻害要因
  - 時間的な不安とは
  - 今やるべきなのか
  - どちらが先か
  - もっと変えたい、まだ変えたい
  - 今やって良かったのか

4. 品質上の阻害要因
  - 品質上の不安とは
  - それだけのものがいるのか
  - 私たちにも実現できるか
  - これでいいのか
  - 本当にできるようになったのか

5. 方針上の阻害要因
  - 方針上の不安とは
  - 本当に必要なのか
  - 私はこうしたいのだが・・・
  - 判ってはいるが譲れない・・・
  - 結局変わらない・・・

ご注意・ご連絡事項

・リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。

受講者の声

『週刊誌の題材でも勉強ができるというのが新鮮でした。』
『講師の方の経験や保続の説明も大変参考になりました。』
『説明がとても丁寧でわかりやすく、満足できる内容でした。』