ホーム > Implementing Cisco Routing (ROUTE) v2.0 ~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~[試験なし]

Implementing Cisco Routing (ROUTE) v2.0 ~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~[試験なし]

  • 27 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Implementing Cisco Routing (ROUTE) v2.0 ~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~[試験なし]
コースコード CSC0341V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~18:00 価格(税抜) 265,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月30日(月) ~ 2019年10月4日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2019年10月28日(月) ~ 2019年11月1日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2019年11月11日(月) ~ 2019年11月15日(金)

大阪LC

  空席あり

2019年12月2日(月) ~ 2019年12月6日(金)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2019年12月2日(月) ~ 2019年12月6日(金)

名古屋LC

  空席あり

2020年1月6日(月) ~ 2020年1月10日(金)

大阪LC

  空席あり

2020年1月20日(月) ~ 2020年1月24日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★CCNP R&S v2.0対応のコースです★

本コースでは、CCNP Routing and Switching認定カリキュラムに対応したImplementing Cisco IP Routing (ROUTE) v2.0コースの重要なポイントをおさえた講義と、オリジナルの演習ガイドによってCCNP R&S取得に必要な技術力を効率良く習得できます。


CCNP R&S資格取得には、ROUTE、SWITCH、TSHOOT試験の計3科目合格が必要です。

対象者情報

対象者
・CCNP R&S資格を取得したい方
・複雑なルーティング環境におけるネットワークで、実装やトラブルシュートを行うネットワーク管理者及び技術者
前提条件
□CCNA R&S資格を取得済み(CCNP R&S資格取得のためにはCCNA R&S資格が必須)

本コースにおけるCCNA資格とは以下のすべてができることを示します
- OSI参照モデルを使った技術説明
- シスコルータへのアクセス、操作と設定
- TCP/IPスタックやIPアドレスの設定
- 複雑なサブネットや可変長サブネットマスクを含むIPサブネットの計算
- RIP (Routing Information Protocol)、EIGRP(Enhanced IGRP)、および、OSPF (Open Shortest Path First)など、ルーティングプロトコルの動作の説明
- スタティックルートとデフォルトルートの使用、実装、および設定
- シスコルータで表示されるルーティングテーブルの理解、検証
- 標準、拡張アクセスリストを使用したトラフィックのフィルタリング
- showコマンドとdebugコマンドを使用したルータの設定確認と動作検証
- HDLC (High-Level Data Link Control)やPPP (Point-to-Point Protocol)を使用したWANシリアルインタフェ-スの設定
- SNMP、syslog、NetFlowの説明

学習内容の詳細

コース概要
Ciscoルータを用いた中規模や大規模ネットワークで使用するルーティング技術と、各種ルーティングプロトコル間での再配送について、仕組みや理論を学習します。また、IPv6やブランチオフィスを接続するためのソリューションなどについても学習します。
演習では、ルーティングプロトコルを利用してカスタマのネットワーク環境を構成するために必要とされる設定およびトラブルシューティング技術を学習します。
学習目標
● ルーティングプロトコル、リモート接続オプション、それらがルーティングに与える影響について説明できる
● RIPngの設定ができる
● IPv4およびIPv6環境でのEIGRPの設定ができる
● IPv4およびIPv6環境でOSPFの設定ができる
● フィルタリングメカニズムを使用してルートの再配布を実装できる
● ポリシーベースルーティングおよびIP SLAを使用した経路制御を実装できる
● エンタープライズネットワークをインターネットに接続できる
● ベストプラクティスにもとづいてCiscoルータを保護できる
● ルーティングプロトコルの認証の設定ができる
学習内容
1. ネットワーク・ルーティングの基本コンセプト
  - ルーティングプロトコルの種類
  - ネットワークテクノロジの理解
  - リモート接続
  - RIPngの実装

2. EIGRPの実装
  - EIGRPネイバー関係の確立
  - トポロジテーブルの構築
  - EIGRPの最適化
  - IPv6 EIGRPの設定
  - Named EIGRPの設定

3. OSPFの実装
  - OSPFネイバー関係の確立
  - リンクステートデータベースの構築
  - OSPFの最適化
  - OSPFv3の設定

4. 再配送の設定
  - 基本的なルート再配送の実装
  - ルートフィルタを使用した再配送の操作

5. パスコントロールの実装
  - CEFの使用
  - パスコントロールの実装

6. エンタープライズにおけるインターネット接続
  - インターネット接続の計画
  - IPv4シングルホーム環境におけるインターネット接続
  - IPv6シングルホーム環境におけるインターネット接続
  - インターネット接続の冗長化
  - BGPを使用する利点
  - 基本的なBGPの設定
  - BGPアトリビュートの使用とベストパス選択のプロセス
  - BGPアップデートのコントロール
  - IPv6インターネット接続のためのBGPの実装

7. ルータおよびルーティングプロトコルのセキュリティ強化
  - シスコルータのセキュリティ
  - ルーティングプロトコルの認証
  - EIGRPの認証の設定
  - OSPFの認証の設定
  - BGPの認証の設定

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
シスコ社のリモラボを使用

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 300-101J ROUTE

ご注意・ご連絡事項

・CCNP R&S資格取得にはROUTE試験の他にSWITCH、TSHOOT試験に合格する必要があります。
・試験の有無に関わらず「試験あり」と「試験なし」のコースは同じ教室で受講していただきます。
・シスコ認定資格に対応したトレノケートオリジナルの問題集を提供します。これにより自分の弱点、理解度やその傾向を把握し、実力アップを図っていただけます。
・最終日の講習時間は 9:30~15:00 です。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。