ホーム > Introducing Cisco Data Center Technologies (DCICT) v6

Introducing Cisco Data Center Technologies (DCICT) v6

  • 45 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Introducing Cisco Data Center Technologies (DCICT) v6
コースコード CSC0376V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 450,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年12月9日(月) ~ 2019年12月13日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定
※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースはシスコ社のLeaning through Labs(演習体験を通して学習を進める)思想に基づいて設計されています。豊富な演習を通して、机上の知識だけではない実践的な力を身につけることができます。

対象者情報

対象者
・Cisco UCS/Nexusの販売を担当される方
・Cisco Nexusスイッチの運用担当者
・Cisco UCSサーバの運用担当者
・Cisco インテグレータ/パートナー
・CCNA Data Centerを取得をご希望の方
・ITインフラの構築や運用を行う方
・データセンター関連サービスの営業を担当される方
・システムエンジニア
・ネットワーク管理者
・ネットワークエンジニア
前提条件
□Windows OSの操作ができる
□2進数、10進数、16進数の変換ができる
□Cisco Nexusスイッチ、Cisco UCSサーバについての基本的な知識がある
(「Introducing Cisco Data Center Networking (DCICN) v6」コース修了程度)

学習内容の詳細

コース概要
Ciscoのデータセンターネットワークおよびサーバの仮想化、ストレージ、統合I/O、ネットワークサービスなどの基本的なCiscoデータセンターテクノロジーと、Cisco Nexusスイッチを使ったLAN/SANの運用方法、Cisco UCSサーバの運用方法について学習します。
学習目標
● Cisco データセンターで使用される仮想化テクノロジーを説明し、設定できる
● Cisco データセンターネットワークを説明し、設定できる
● Cisco データセンターのサーバであるUCS (Unified Computing System)を説明し、設定できる
● データセンターの自動化とオーケストレーションについて説明できる
● Cisco ACI (Application-Centric Infrastructure)について説明できる
学習内容
1. Ciscoデータセンターネットワークにおける仮想化
  - Cisco Nexusスイッチにおける各Plane
  - Cisco NX-OSのVRFコンテキスト
  - 仮想デバイスコンテキスト(VDC)
  - オーバーレイ(OTV, VXLAN)
  - 仮想化(仮想マシン、ハイパーバイザ)
  - 仮想スイッチ(標準vSwitch、分散仮想スイッチ、Nexus 1000v)

2. Ciscoデータセンターの各種技術の設定
  - ファブリックエクステンダ(FEX)の設定
  - 仮想ポートチャネル(vPC)の設定
  - Cisco NexusスイッチにおけるUnified Portの設定
  - Ciscoユニファイドファブリック(FCoE)

3. Cisco UCS
  - データセンターにおけるサーバのコネクティビティ
  - Cisco IMCスーパバイザ
  - Cisco UCS Managerの操作
  - RBAC (Role-Based Access Control)
  - Cisco UCSにおける抽象化(Service Profile)の設定

4. データセンターの自動化とオーケストレーション
  - APIのユーティリティ
  - クラウドコンピューティングの基本的なコンセプト
  - クラウドの属性とサービスモデル
  - Cisco UCS Director
  - Cisco UCS Directorを使ったVDC、テナント、ポリシーの設定
  - オーケストレーション
  - 管理カタログとテンプレート

5. Cisco ACI (Application-Centric Infrastructure)
  - Cisco ACI概要
  - Cisco ACIファブリックの動作
  - Cisco ACIのプログラミングとオーケストレーション

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Cisco Nexus 7000シリーズスイッチ
Cisco Nexu 5600シリーズスイッチ
Cisco Nexus 2000シリーズ FEX
Cisco UCS Cシリーズサーバ
Cisco UCS Bシリーズサーバ
Cisco MDS 9000シリーズスイッチ
NetAppストレージ
実習/演習/ デモ内容
演習1. Cisco Nexusスイッチへのアクセス
演習2. VRFの設定
演習3. VDC (仮想デバイスコンテキスト)の確認
演習4. Cisco UCS CシリーズラックサーバへのVMware ESXiのインストール
演習5. VMware vCenter Server アプライアンスのインストール
演習6. Cisco Nexus 2000 ファブリックエクステンダの設定
演習7. vPC (仮想ポートチャネル)の設定
演習8. FEXを使ったvPC (仮想ポートチャネル)の設定
演習9. Cisco FabricPathの設定
演習10. Unified Portの設定
演習11. FCoEの実装
演習12. Cisco UCS Manager GUIインターフェイスの確認
演習13. Cisco UCS RBACの設定
演習14. Cisco UCS プールの設定
演習15. Service Profile Templateの設定
演習16. APIを使ったCisco NX-OSの設定
演習17. Cisco UCS Manager XML APIの管理情報ツリー
演習18. Cisco UCS Directorの設定
演習19. Cisco UCS Directorへの仮想アカウント、物理アカウントの追加
演習20. Cisco UCS Directorのカスタマイズ
演習21. Cisco UCS Directorを使ったモニタリング
演習22. ポリシーとVDCの作成
演習23. セルフサービスポータルを使ったカタログの作成とVMのプロビジョニング

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 200-155 DCICT v6

重要なご連絡・ご確認事項

★受講前の事前準備作業について(必ずお読みください)
本コースで使用するCiscoデジタルテキストへのアクセスには、CCO ID(Cisco.comのユーザID)が必要です。

●CCO ID をお持ちでない方は、上記「アカウントの登録」をクリックしてコース受講までに必ずCCO IDをご登録ください。CCO IDの詳細な情報やサポートが必要な場合は、Cisco.com ユーザID アクセス権限ガイドをご覧下さい。

●すでにCCO IDを登録済みの方は、上記「ログインの確認」をクリックしてCCO IDでログインできることをご確認ください。


※類似したIDにCSCO ID(CSCO+8桁の数値、例:CSCO87654321)がありますが、これはCisco認定試験の受験に使用するIDです。Ciscoデジタルテキストのアクセスには使用できませんのでご注意ください。

ご注意・ご連絡事項

※ 講習会開催日の30日前にあたる営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)以降は、無償キャンセル・日程変更はお受けできませんので、十分にご注意ください。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・テキストは英語、講義は日本語で行います。英語テキストは翻訳ツールを使って閲覧します。「翻訳の精度が高く、まだ英語ができない私でも理解することができ助かりました」というご意見を頂戴しています。
・本コースの演習ガイドは、トレノケートが独自に日本語化したものを使用します。
・内容は変更される可能性があります。

講師からのメッセージ

インストラクター
Cisco社のデータセンター関連製品について理解するためには、従来のネットワーク機器に加えサーバやストレージに関する知識、技術が必要です。
本コースはCiscoデータセンターのセカンドコースとして、データセンタースイッチの拡張機能や、Cisco UCSサーバの設定機能を体系的に学習します。非常に多くの演習で体験しながらわかりやすく全体を網羅して短期間に学習いただけるエントリのコースです。なお、本コースでは、トレノケートが独自に日本語化した演習ガイドを使用していますので、演習をスムーズ進めることができます。今後データセンターの管理をされる方をはじめ、Cisco社のUCSやNexusスイッチの販売を担当される方にもお役に立つコースです。