ホーム > Getting Started with Google Kubernetes Engine -CloudAce主催-

Getting Started with Google Kubernetes Engine -CloudAce主催-

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Getting Started with Google Kubernetes Engine -CloudAce主催-
コースコード GGC0013R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 10:00~17:00 価格(税抜) 50,000円(税抜)
主催 クラウドエース株式会社
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年3月12日(火) ~ 2019年3月12日(火)

CloudAce(大手町日本ビルヂング11F)

  お申し込み後確認

2019年4月17日(水) ~ 2019年4月17日(水)

CloudAce(大手町日本ビルヂング12F)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

受付用の名刺を 1 枚ご持参ください。 
また、『最新版の Chrome (ブラウザ)がインストールされた PC』をご持参くださいますようお願いいたします。  
※ インターネット接続に制限のある環境(接続可能ポートが制限されている、等)では、一部の演習に支障がある場合がございますので、制限のない PC をご持参下さい。  
※※下記事前必須手続きが完了していない場合は、ご受講頂けませんのでご注意ください。本手続きが完了しておらず、当日ご受講頂けなかった際は有償キャンセルとなります
※※ 【コース申込前の事前必須手続き】 コースお申込み前に下記リンクよりトレーニングシステム「Qwiklab」アカウントを作成ください。
Qwiklabアカウント作成時のメールアドレスをコース申込時に受講者様メールアドレス欄に記載ください。
既にクラウドエースのQwiklabアカウントをお持ちの方は再登録の必要はございません。

対象者情報

対象者
このクラスは、次のような方を対象としています。

・アプリケーション開発者、クラウド ソリューション アーキテクト、DevOps エンジニア、IT マネージャー
・Google Cloud Platform を使用して新しいソリューションを作成する、または既存のシステム、アプリケーション、環境、インフラストラクチャを Google Cloud Platform と統合するデベロッパー
前提条件
このコースを最大限に活用するには、次の条件を満たしている必要があります。

□コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境およびウェブサーバーについての基本的なスキルがある。
□システム運用の経験がある(これには、オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理も含まれます)。

学習内容の詳細

コース概要
本コースは 1日間のクラスルーム トレーニングであり、ワークロードの Docker コンテナへのコンテナ化、Google Kubernetes Engine が提供する Kubernetes クラスタへのデプロイ、トラフィックの増加に対応してこれらのワークロードをスケールする方法を学びます。また、Kubernetes クラスタに新しいコードを継続的にデプロイしてアプリケーションを更新する方法も学びます。
学習目標
このコースでは、次のスキルについて学習します。

● コンテナの基礎を理解する。
● 既存のアプリケーションをコンテナ化する。
● Kubernetes の概念と原則を理解する。
● CLI を使用してアプリケーションを Kubernetes にデプロイする。
● Jenkins を使用して継続的デリバリー パイプラインを設定する。
学習内容
このコースには、講義、デモ、ハンズオンラボが含まれています。

1. モジュール 1: コンテナと Docker の概要
  コンテナ、Docker、Google Container Registry について学ぶ。
  - コンテナを作成する。
  - Docker を使用してコンテナをパッケージ化する。
  - Google Container Registry にコンテナ イメージを保存する。
  - Docker コンテナを起動する。

2. モジュール 2: Kubernetes の基礎
  マイクロサービスからなるアプリケーションを Kubernetes クラスタにデプロイする。
  - Kubernetes Engine を使用して完全な Kubernetes クラスタをプロビジョニングする。
  - kubectl を使用して Docker コンテナをデプロイ、管理する。
  - Kubernetes のデプロイとサービスを使用してアプリケーションをマイクロサービスに分割する。

3. モジュール 3: Kubernetes へのデプロイ
  Kubernetes のデプロイを作成して管理する。
  - Kubernetes のデプロイを作成する。
  - 更新をトリガー、一時停止、再開、ロールバックする。
  - カナリア デプロイを理解して構築する。

4. モジュール 4: Jenkins による継続的デプロイ
  継続的デリバリー パイプラインを構築する。
  - Kubernetes クラスタで Jenkins をプロビジョニングする。
  - Jenkins パイプラインを作成する。
  - Jenkins を使用してカナリア デプロイを実装する。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、クラウドエース株式会社の主催コースです。
・お申込成立後、受講者様のご都合による取消は承ることができません。(受講料金全額をキャンセル料として頂戴いたします。)
・お申込者が受講都合がつかない場合は、代理の方のご出席をお願いいたします。
・クラウドエース株式会社が認める場合、当初の受講予定日から3か月以内の別日程で開催される同一の内容の講座に振り替えることができます。
※手続きが完了していない場合は、ご受講頂けませんのでご注意ください。本手続きが完了しておらず、当日ご受講頂けなかった際は有償キャンセルとなります。

【事前必須手続き】
受講案内に記載してあるリンクよりトレーニングシステム「Qwiklab」アカウントを作成してください。
申込時は Qwiklabアカウントに登録するメールアドレスを受講者様メールアドレスに記載ください。