ホーム > 【PDU対象】プレゼンテーション・スキル実践演習 ~説明力を身につけ、説得力あるビジネスパーソンになる~

【PDU対象】プレゼンテーション・スキル実践演習 ~説明力を身につけ、説得力あるビジネスパーソンになる~

  • 19.5 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】プレゼンテーション・スキル実践演習 ~説明力を身につけ、説得力あるビジネスパーソンになる~
コースコード HSC0031G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 3日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 1社様向け
主催 トレノケート
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

【コース内容について】

このコースは「HSC0032G プレゼンテーション・スキル企画編(2日間)」と「HSC0033G プレゼンテーション・スキル実施編(2日間)」のそれぞれのテキストを使用し、プレゼンテーションの企画から実施までを3日間で総合的に学ぶことができるコースです。

※HSC0032GおよびHSC0033Gをご受講済みの方は、一部内容が重複しますのでご注意ください。

対象者情報

対象者
・提案活動、プリセールス活動、交渉等に従事しているITエンジニアや営業の方
・社内外において、効果的に、効率よくプレゼンテーションを準備し、実施する必要のある方
・現在のプレゼンテーション・スキルを見直し、さらにブラッシュアップさせたい方
・トレーナー/インストラクタなど教える仕事に従事している方
・プロジェクトマネージャとして、プロジェクト活動に従事している方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
ちょっとした工夫でプレゼンテーションは高い効果をあげることができます。しかし、多くの人がそのコツを知らないために、苦手意識を持っているようです。 せっかくのよい製品やサービス、自らの高い技術力も、上手に相手に伝えられなければ、競争に勝つことはできません。分かりやすく、説得力の高いプレゼンテーションができるようになれば、さらにビジネスチャンスが広がり、ビジネス目標の達成にも大きく貢献できます。
このコースでは、プレゼンテーションの基本を押さえ、説得力を高めたプレゼンテーションができるようになることを目的とします。事前準備から、伝える技術、質疑応答、双方向ですすめるための発問、分かりやすい視聴覚資料の作成方法など、多くの演習を交えながら実践的に学びます。このコースの内容は全て、実践ですぐに使える効果的なものばかりです。しっかりとプレゼンテーションの考え方、テクニックなどを身に付け、専門知識・技術のみならず、「できるビジネスパーソン」になることを目指しましょう。
学習目標
● 良いプレゼンテーションの特徴と必要な要素を説明する
● プランニングの進め方を理解し、プレゼンテーションの目的を明確に設定する
● 論理的な構成を練る
● 見やすくわかりやすい視聴覚資料を作成する
● 伝える技術のテクニックを取り入れ、わかりやすく説明する
● 問いかけや質疑応答を取り入れた、双方向のプレゼンテーションを実施する
● 説得力を高める要素を効果的に取り入れ、活用する
学習内容
1. プレゼンテーション・スキル基礎
  - プレゼンテーションとは 
  - 良いプレゼンテーションの前提条件
  - 聞き手の反応プロセス
  
2.  プランニング 
  - プランニングステップ 

3.  構成 
  - 構成の重要性 
  - 導入 
  - 本論
  - まとめ
  - 戦略プラン

4.  見せる技術 
  - 視聴覚資料の効用 
  - 各種視聴覚資料の特徴
  - 「見せる」資料の共通ポイント 
  - 視聴覚資料を作成する 

5.  伝える技術 
  - 言葉の技術 
  - 言葉以外の技術
 
6.  聞き手を巻き込む技術 
  - 問いかけ 
  - 質疑応答
 
7.  説得力を高める技術 
  - 説得とは
  - イメージさせる
  - 実感させる
  - 体感させる
  - その他の要素

8.  プレゼンテーション演習 

9.  まとめ

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
・ロールプレイ、ゲーム、グループワーク、ディスカッション、ライティング(書く)、ぺアでの作業、小プレゼンテーション、大プレゼンテーションなど、10回以上の演習を行います。

ご注意・ご連絡事項

【事前課題について】
・最終日にお一人10分間のプレゼンテーション演習を行います。
・あらかじめ、10分で完結するMicrosoft Office PowerPointなどで作成した資料をデータでお持ちください。
業務に関係する内容をおすすめします。対象者や状況設定は自由です。
※コース中に、資料を作成したり準備した資料を修正したりできる時間は、30分~1時間程度です。
・会場に用意されている機材は、講師用パソコン(Microsoft Office 2003です)、プロジェクタ、スクリーン、ホワイトボード 各1台です。
プレゼンテーション演習に関わる機材(ノートパソコン、USBメモリ、CDなど)は、必要であればご持参ください。
・最終日に行うプレゼンテーション演習では、希望される方にはDVD撮影を行い、撮影したDVDを差し上げます。
【PDUについて】
・PMP®継続認定プログラムの要件として、19.5PDUを申請取得できます。

【関連コースに関して】
・プレゼンテーションの準備や資料の作成方法だけを学びたい方は、HSC0032G をご受講ください。
・説明の仕方や聞き手を巻き込む技術だけを学びたい方は、HSC0033Gをご受講ください。

講師からのメッセージ

インストラクター
年齢や立場があがればあがるほど話すことで周囲に与える影響力も増します。しかし、癖がしみつき、いまさら話し方は変えられないのではとあきらめていませんか?プレゼン上達のポイントは、コツを押さえ、自分を客観視し、どれだけ練習を積み重ねたかなのです。是非、この研修で苦手なものを得意なものに変えていきましょう!