ホーム > Linux 仮想化・高可用性システム構築 (LinuC / LPIC 304 対応)(バウチャ付)

Linux 仮想化・高可用性システム構築 (LinuC / LPIC 304 対応)(バウチャ付)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Linux 仮想化・高可用性システム構築 (LinuC / LPIC 304 対応)(バウチャ付)
コースコード LUC0172R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習+バウチャ
期間 4日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 280,500円(税込)
主催 株式会社NGN-SF
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年2月25日(火) ~ 2020年2月28日(金)

NGN-SF東京(西五反田)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

当コースコードは、LPIC試験またはLinuC試験バウチャがバンドルされたコースです。
お申し込みの際には、ご希望のバウチャが LPIC試験用 または LinuC試験用 のどちらか、備考欄に必ずご記載お願いいたします。

対象者情報

前提条件
□LinuC / LPIC レベル 2 認定資格取得済みの方
□Linux あるいは UNIX 業務経験 3年以上の方

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、NGN-SF オリジナルコースです。
LinuC Level-3 Certification 304 Virtualization & High Availability もしくは、LPIC (Linux Professional Institute) Level 3 Specialty 「Virtualization & High Availability」に対応したコースです。
LinuC / LPIC レベル3 認定資格の取得を目指される方で、LinuC 304 Virtualization & High Availability Exam 試験 および、LPI Level 3 Exam 304 試験を受験される方に最適なコースです。
Linuxを使用した仮想化システム、高可用性システムの構築と運用に関する技術を習得し、LinuC / LPI304試験合格に必要な技術と知識を身につけることを目的としています。
学習目標
このコースを修了すると、受講者は次のことができるようになります。
● 仮想化の概念と技術を理解できる
● 仮想化システムの構築、運用ができる
● 高可用性の概念と技術を理解できる
● 高可用クラスタの構築、運用ができる
学習内容
モジュール1:仮想化と高可用性の概要

モジュール2:KVM

モジュール3:Xen

モジュール4:libvirt・libvirtd と関連ツール

モジュール5:ロードバランシング

モジュール6:クラスタ管理 -corosync/pacemaker-

モジュール7:クラスタストレージ DRBD -

モジュール8:クラスタストレージ GFS2 -

モジュール9:クラスタストレージ OCFS2 -

モジュール10:エンタープライズLinuxの高可用性

ご注意・ご連絡事項

株式会社NGN-SF開催コースの受講お申込み・キャンセルは23営業日前まで、日程変更は24営業日前までとさせていただきます。