ホーム > ディープラーニングアドバンスコース 画像特化編

ディープラーニングアドバンスコース 画像特化編

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル ディープラーニングアドバンスコース 画像特化編
コースコード MAC0011R  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 165,000円(税込)
主催 株式会社キカガク
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。



重要なご連絡・ご確認事項

2020年4月以降のコース開催は、オンラインに切り替えて実施されることとなりました。
(掲載中の日程について準備ができ次第会場情報をオンラインに切り替えます)

オンライン研修には、Zoomを利用します。
ご受講にあたり以下の資料をご参照いただき、問題ないことをご確認の上お申し込みください。

また、お申込に際し以下が必要になります。(必須)
・zoomサイトへのサインアップ(アカウント登録)
ご対応の上、お知らせくださいますようお願いいたします。

講義には以下のツールを使用いたします。ご準備のうえ、ご参加ください。

・オンライン講義ツール「Zoom」

URL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

・ブラウザ「Chrome」

URL:https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

・エラー対応等のチャットツール「Googleハングアウト」

URL:https://support.google.com/hangouts/answer/6127720?hl=ja


対象者情報

対象者
・ディープラーニングの基礎を理解し、実務で通用するスキルを身に着けたい方
・物体検出、セマンティックセグメンテーションのノウハウを実務に取り入れたい方
・物体検出、セマンティックセグメンテーションの活用をするために、理論のより深い理論が必要になってきた方
・深層学習の実装経験があるプログラミング中級以上の方
前提条件
□事前予習動画5.2時間視聴(必須)

学習内容の詳細

コース概要
ディープラーニングの画像領域の発展分野である、物体検出とセマンティックセグメンテーションの理論と実装を取り扱います。
各タスクに応じた教師データの作成方法から、公開モデルを自身のデータセットにチューニングする技術等を習得します。
演習を繰り返すことで、理解して終わりでなく「使える」状態で終えることのできる講座となっています。

※注意事項
本研修は、 Zoom を用いたオンライン講座となります。
ご受講時には、以下のスペックを満たすPCのご用意をお願いいたします。
・Internetに接続可能なこと
・Google Chromeがインストールされている あるいは インストール可能なこと

Microsoft Azureを利用いたします。
事前にMicrosoft Azure の法的情報(外部サイト)をご確認ください。
お申込いただいた場合、Microsoft Azure の法的情報にご同意いただいたものとみなします。
学習目標
● 物体検出、セマンティックセグメンテーションの基礎理論を理解することができる
● 新しく発表された技術について理解できる
● 実務における自身の課題に合わせて実装できる
学習内容
1. イントロダクション

2. 環境構築

3. 体験してみよう(セマンティックセグメンテーション)

4. セマンティックセグメンテーションの歴史と基本技術

5. アノテーション(labelme)

6. 実装(セマンティックセグメンテーション)

7. 演習課題(セマンティックセグメンテーション)

8. 体験してみよう(物体検出)

9. 物体検出の歴史と基本技術

10. アノテーション(VoTT)

11. 実装(物体検出)

12. 演習課題(物体検出)

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、株式会社キカガク主催のコースです。
・ご受講前に必ず当社Webサイトにて最新のコース内容をご確認ください。
・受講予定のお客様が所定の人数に満たない場合には、コースの開催を中止させていただく場合がございます。
・お申込のキャンセルは講習会開始日15日前(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)までにご連絡ください。
・締切日を過ぎてのキャンセル(全日程欠席の場合を含む)は、キャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。