ホーム > Windows Server 2012 の管理 (#23411)

Windows Server 2012 の管理 (#23411)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Windows Server 2012 の管理 (#23411)
コースコード MSC0412V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~16:30 価格(税抜) 225,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年10月23日(月) ~ 2017年10月27日(金)

大阪LC

  お問い合わせください

2017年11月13日(月) ~ 2017年11月17日(金)

新宿LC

  残りわずか

実施確定

2018年3月5日(月) ~ 2018年3月9日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

Windows Server 2012のインフラストラクチャーを管理、保守するための知識に加え、ドメインコントローラーの構成、グループポリシーの活用について学びます。

対象者情報

対象者
・ドメインベースの Windows Server 2012 インフラストラクチャの管理、保守に必要なスキルを学ぶことを希望するシステム管理者
・システム管理者として、Windows Server 2012 または Windows 8 環境での 1 年以上の管理経験のある方
前提条件
□Windows Server 2012 を既存のエンタープライズ環境またはスタンドアロン環境へインストールし構成できる方
□ローカル記憶域を構成できる方
□役割と機能を構成できる方
□ファイルと印刷サービスを構成できる方
□Windows Server 2012 サーバーのローカルまたはリモート管理を構成できる方
□IPv4 および IPv6 アドレスを構成できる方
□ドメイン ネーム システム (DNS) と動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サービスを構成できる方
□ドメイン コントローラーをインストールできる方
□ユーザー、グループ、コンピューター、および組織単位 (OU) を作成し、構成できる方
□グループ ポリシーを作成し、管理できる方
□ローカル セキュリティ ポリシーを構成できる方

学習内容の詳細

コース概要
このコースの主な目的は、Windows Server 2012 エンタープライズ環境で、コア インフラストラクチャ サービスを構成し、保守することです。このコースの対象となる受講者は、既存のエンタープライズ インフラストラクチャまたはスタンドアロン インストール環境で Windows Server 2012 を正常に実装でき、Windows Server 2012 環境に必要なコア インフラストラクチャの管理と保守をおこなうため、その実装の拡張に必要なスキルと知識を身に付けたい IT プロフェッショナルです。また、対象者は、このコースの内容を十分に理解するために、「MSC0411V: Windows Server 2012 のインストールおよび構成 (#23410)」コースの内容と同等の知識を持っている必要があります。
学習目標
● サーバーを展開、管理、および保守する
● ファイルと印刷サービスを構成する
● ネットワーク サービスとアクセスを構成する
● ネットワーク ポリシー サーバーのインフラストラクチャを構成する
● Active Directory ドメイン サービス (AD DS) を構成し、管理する
● グループ ポリシーを構成し、管理する
学習内容
1. サーバー イメージの展開と保守 
  - Windows 展開サービスの概要 
  - Windows 展開サービスの実装  
  - Windows 展開サービスの管理 
  - Windows 展開サービスによるWindows Server 2012 の展開 

2. DNS の構成とトラブルシューティング 
  - DNS サーバーの役割のインストール 
  - DNS サーバーの役割の構成 
  - DNS ゾーンの構成 
  - DNS ゾーン転送の構成 
  - DNS の管理とトラブルシューティング 
  - DNS の構成とトラブルシューティング 

3. Active Directory ドメイン サービスの保守 
  - AD DS の概要 
  - 仮想化されたドメイン コントローラーの実装 
  - 読み取り専用ドメイン コントローラーの実装 
  - AD DS の管理 
  - AD DS データベースの管理 
  - AD DS の保守 

4. ユーザーおよびサービス アカウントの管理 
  - ユーザー アカウント管理の自動化 
  - パスワード ポリシー設定とユーザー アカウント ロックアウト設定の構成 
  - 管理されたサービス アカウントの構成 
  - ユーザーおよびサービス アカウントの管理 

5. グループ ポリシー インフラストラクチャの実装 
  - グループ ポリシーの紹介 
  - GPO の実装と管理 
  - グループ ポリシーのスコープとグループ ポリシーの処理 
  - GPO アプリケーションのトラブルシューティング 
  - グループ ポリシー インフラストラクチャの実装 

6. グループ ポリシーによるユーザー デスクトップの管理  
  - 管理用テンプレートの実装 
  - フォルダー リダイレクトおよびスクリプトの構成 
  - グループ ポリシー基本設定の構成 
  - グループ ポリシーによるソフトウェアの管理 
  - グループ ポリシーによるユーザー デスクトップの管理 

7. リモート アクセスの構成とトラブルシューティング  
  - ネットワーク アクセスの構成 
  - VPN アクセスの構成 
  - ネットワーク ポリシーの概要  
  - ルーティングとリモート アクセスのトラブルシューティング  
  - リモート アクセスの構成  
  - DirectAccess の構成  

8. ネットワーク ポリシー サーバーの役割のインストールと構成
およびトラブルシューティング  
  - ネットワーク ポリシー サーバーのインストールと構成 
  - RADIUS クライアントとサーバーの構成 
  - NPS の認証方法 
  - ネットワーク ポリシー サーバーの監視とトラブルシューティング 
  - ネットワーク ポリシー サーバーのインストールと構成 

9. ネットワーク アクセス保護の実装 
  - ネットワーク アクセス保護の概要 
  - NAP 強制処理の概要 
  - NAP の構成 
  - NAP の監視とトラブルシューティング 
  - NAP の実装 

10. ファイル サービスの最適化 
  - FSRM の概要 
  - FSRM によるクォータ、ファイル スクリーン、記憶域レポートの管理 
  - 分類およびファイル管理タスクの実装 
  - FSRM によるクォータおよびファイル スクリーンの構成 
  - DFS の概要 
  - DFS 名前空間の構成 
  - DFS-Rの構成とトラブルシューティング 
  - DFS の実装 

11. 暗号化と詳細な監査の構成 
  - 暗号化ファイル システムによるファイルの暗号化 
  - 詳細な監査の構成 
  - 暗号化と詳細な監査の構成 

12. 更新管理の実装 
  - WSUS の概要 
  - WSUS による更新の展開
  - 更新管理の実装 

13. Windows Server 2012 の監視 
  - 監視ツール 
  - パフォーマンス モニターの使用 
  - イベント ログの監視 
  - Windows Server 2012 の監視

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2012
実習/演習/ デモ内容
Lab1. Windows 展開サービスによるWindows Server 2012 の展開
Lab2. DNS の構成とトラブルシューティング
Lab3. AD DS の保守
Lab4. ユーザーおよびサービス アカウントの管理
Lab5. グループ ポリシー インフラストラクチャの実装
Lab6. グループ ポリシーによるユーザー デスクトップの管理
Lab7A. リモート アクセスの構成
Lab7B. DirectAccess の構成
Lab8. ネットワーク ポリシー サーバーのインストールと構成
Lab9. NAP の実装
Lab10A. FSRM によるクォータおよびファイル スクリーンの構成
Lab10B. DFS の実装
Lab11. 暗号化と詳細な監査の構成
Lab12. 更新管理の実装
Lab13. Windows Server 2012 の監視

関連試験や資格との関連

MCSA試験との関係 70-411 Windows Server 2012 の管理

受講者の声

『コース外の質問にも回答してくださったので理解につながりました。』
『試験対策についても補足を加えていただけたのが嬉しいポイントでした。』
『実機を中心に触らせていただき、とてもためになる研修でした。』