ホーム > Microsoft SQL Server 2012 データ ウェアハウスの実装 (#10777A)

Microsoft SQL Server 2012 データ ウェアハウスの実装 (#10777A)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Microsoft SQL Server 2012 データ ウェアハウスの実装 (#10777A)
コースコード MSC0418V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 165,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月25日(水) ~ 2019年9月27日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2019年12月18日(水) ~ 2019年12月20日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年3月17日(火) ~ 2020年3月19日(木)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

MCP受験バウチャーお取り扱いしております!

ここをクリック

対象者情報

対象者
・ビジネスインテリジェンス開発のタスク実行が必要なデータベースエンジニア
(一般的に、以下の作業を担当する方)
・データウェアハウスの構築
・SQL Server Integration Services(SSIS)パッケージの管理、構成、および配置(ETL)
・Master Data Servicesを使用したデータのマスタリング
・Data Quality Servicesを使用したデータのクレンジング
前提条件
□以下の内容を含む2年以上のデータベースを使用した業務経験
□データベースの標準化
□テーブルとリレーションシップの作成
□Transact-SQLを使用したクエリの実行
□ループや分岐など基本的なプログラム作成の経験
□収入や利益、財務会計などのキービジネスの重要性の識別ができることが望ましい

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、SQL Server 2012を使用してデータウェアハスを作成する方法、SQL Server Integration Servicesを使用してETLを構成する方法、SQL Server Data Quality Services、Master Data Servicesを使用したデータのクレンジングにフォーカスしています。
学習目標
● データ ウェアハウスの概念とアーキテクチャの考慮事項を記述する
● データ ウェアハウスを構成する適切なハードウェア プラットフォームを選択する
● データ ウェアハウスを設計して実装する
● SSIS パッケージを使用してデータ フローを実装する
● SSIS パッケージを使用して制御フローを実装する
● SSIS パッケージのデバッグとトラブルシューティングをおこなう
● データ ウェアハウスへの増分ロードと変更データをサポートする SSIS ソリューションを実装する
● クラウド データをデータ ウェアハウス生態系インフラストラクチャに統合する
● Microsoft Data Quality Services を使用したデータ クレンジングを実装する
● マスター データ サービスを使用したデータ整合性の強制を実装する
● カスタム スクリプトとコンポーネントを使用して SSIS を拡張する
● SSIS パッケージの配置と構成をおこなう
● インフォメーション ワーカーがデータ ウェアハウスのデータを使用する方法について説明する
学習内容
1. データ ウェアハウジングとは
  -データ ウェアハウジング概要
  -データ ウェアハウス ソリューションの考慮事項

2. データ ウェアハウスのハードウェア
  -データ ウェアハウスを構築するための考慮事項
  -データ ウェアハウス リファレンス アーキテクチャおよびアプライアンス

3. データ ウェアハウスの設計と実装
  -データ ウェアハウスの論理設計
  -データ ウェアハウスの物理設計

4. SSIS を使用した ETL ソリューションの作成
  -SSIS を使用した ETL の紹介
  -ソース データの調査
  -データ フローの実装

5. SSIS パッケージの制御フローの実装
  -制御フローへの導入
  -動的パッケージの作成
  -コンテナーの使用
  -整合性の管理

6. SSIS パッケージのデバッグとトラブルシューティング
  -SSIS パッケージのデバッグ
  -SSIS パッケージ イベントのロギング
  -SSIS パッケージの処理エラー

7. 増分 ETL プロセスの実装
  -増分 ETL の紹介
  -変更データの抽出
  -変更データの読み込み

8. クラウドからデータ ウェアハウスへのデータの組み込み
  -クラウド データ ソースの概要
  -SQL Server データベース
  -Windows Azure Marketplace

9. データ品質の強制
  -データ品質の紹介
  -データ クレンジングのための Data Quality Services の使用
  -データ一致のための Data Quality Services の使用

10. マスターデータ サービスの使用
  -マスターデータ サービスの概要
  -マスターデータ サービス モデルの実装
  -Excel 用マスターデータ サービス アドインの使用

11. SQL Server 統合サービスの拡張
  -SSIS カスタム コンポーネントの使用
  -SSIS スクリプトの使用

12.SSIS パッケージの配置と構成
  -SSIS の配置の概要
  -SSIS プロジェクトの配置
  -SSIS パッケージ実行の計画

13. データ ウェアハウスでのデータの消費
  -ビジネス インテリジェンスの概要
  -レポーティングの概要
  -データ分析の概要

関連試験や資格との関連

MCSA試験との関係 70-463 Microsoft SQL Server 2012 を使用したデータ ウェアハウスの実装

重要なご連絡・ご確認事項

本コースは、2019年10月1日以降のお申込みから 170,000円(税抜) に変更となります。


ご注意・ご連絡事項

・テキストは英語版を可能な限り翻訳した日本語版PPTを使用します。講義は日本語で行い、演習環境は日本語環境です。
・英語版テキストはデジタルコンテンツの利用が可能です。詳しくは、お配りするコードの付属情報、及び、上記コース関連付加情報より『電子ブックリーダーskillpipeについて』のリンク先をご覧ください。
・本コースはUS版の5日間のコースを3日間に短縮したものです。そのため、内容を一部オプションとさせていただく可能性がありますので、あらかじめご了承ください。