ホーム > Microsoft SQL Server 高可用性ソリューションの実装

Microsoft SQL Server 高可用性ソリューションの実装

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル Microsoft SQL Server 高可用性ソリューションの実装
コースコード MSC0540G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 120,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年2月12日(火) ~ 2019年2月13日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・SQL Server の高可用性ソリューションを実装する予定の方
・SQL Server の運用/管理を担当される方
前提条件
□ SQL Server の管理に関する基礎知識を有している
□ Windows Server Failover Clustering (WSFC) の基礎知識を有している
□ ネットワークに関する基礎知識を有している
□ 「Microsoft SQL Server 2012 データベースの管理 (#10775A)(MSC0417V)」を受講済、または同等知識を有している

学習内容の詳細

コース概要
Microsoft SQL Server の高可用性ソリューションの機能である AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス、AlwaysOn 可用性グループ、データベース ミラーリング、ログ配布について学習します。本コースを受講していただくことにより、SQL Server 高可用性ソリューションの計画と実装を行うことができるようになります。
学習目標
● 高可用性ソリューションの概要について説明できる
● Windows Server フェールオーバー クラスタリング(WSFC) の動作について説明できる
● AlwaysOnフェールオーバー クラスター インスタンスを構築する
● AlwaysOn可用性グループを構築する
● ログ配布環境を構築する
● データベースミラーリング環境を構築する
学習内容
1. 高可用性ソリューション概要
 - 高可用性ソリューションとは
 - SQL Server高可用性ソリューションの概要
 - SQL Serverを使用したデータの保護

2. Windows Serverフェールオーバー クラスタリング(WSFC)
 - WSFC環境の準備
 - WSFCの展開
 - 管理ツールの使用
 - クォーラム モード
 - 役割の構成
 - リソースとリソース グループ
 - フェールオーバーの構成
 - SQL Server AlwaysOnコンポーネントとWSFCとの関係

3. AlwaysOnフェールオーバー クラスター インスタンス
 - SQL Serverフェールオーバー クラスターのインストール
 - フェールオーバー クラスター インスタンスのフェールオーバー ポリシー

4. AlwaysOn可用性グループ
 - AlwaysOn可用性グループの概要
 - AlwaysOn可用性グループのためのサーバー インスタンスの構成
 - 可用性グループの作成と構成
 - 可用性グループの管理
 - 可用性グループの監視

5. ログ配布
 - ログ配布とは
 - ログ配布の構成と監視
 - ログ配布の管理

6. データベース ミラーリング
 - データベース ミラーリングとは
 - データベース ミラーリングの動作モード
 - データベース ミラーリングの設定
 - データベース ミラーリングの監視

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
・Microsoft Windows Server 2012 R2 Enterprise Edition
・Hyper-V
・Microsoft SQL Server 2014 Developer Edition

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。