ホーム > Windows Server 2016 の ID (#23742)

Windows Server 2016 の ID (#23742)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Windows Server 2016 の ID (#23742)
コースコード MSC0615V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 230,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年10月29日(月) ~ 2018年11月2日(金)

新宿LC

  空席あり

2018年11月26日(月) ~ 2018年11月30日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年2月4日(月) ~ 2019年2月8日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年3月11日(月) ~ 2019年3月15日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント


MCP受験バウチャーお取り扱いしております!

ここをクリック


■■早割キャンペーン対象コース■■
10月末までのお申し込みで、対象コースが10% OFF !
170コースからお好きな組み合わせでご受講いただけます。


対象者情報

対象者
このコースは、ある程度のAD DSの知識をお持ちのかたを対象に、Windows Server 2016 の ID とアクセスのテクノロジに関する知識を習得したいと考えているITプロフェッショナルを対象としています

次のような方が対象となります。
・Windows Server 2016 の ID とアクセスのテクノロジについて習得したいシステム管理者
・AD DS および関連するテクノロジについての自身の知識を統合したいと考えているITプロフェッショナル
前提条件
このコースの受講者は、次の前提条件を満たす必要があります。
□Windows Server 2012 または Windows Server 2016 で、AD DS の概念とテクノロジに接した経験があ る。
□Windows Server 2012 または Windows Server 2016 の運用および構成の経験がある。
□IP アドレス指定、名前解決、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) などのコア ネットワーク テクノロ ジを経験し、理解している。
□Hyper-V と基本的なサーバー仮想化の概念を理解し、運用した経験がある。
□基本的なセキュリティのベスト プラクティスを認識している。
□Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 などの Windows クライアント オペレーティング システムの操作の実践的な経験がある。
□Windows PowerShell コマンド ライン インターフェイスで基本的な操作をおこなったことがある。

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、分散環境での Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の展開と構成の方法、グループ ポリシーの実装方法、バックアップと復元の方法、および Active Directory 関連の Windows Server 2016 の問題を監視し、トラブルシューティングする方法を説明します。さらに、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) および Active Directory 証明書サービス (AD CS) など、その他の Active Directory サーバーの展開方法も説明します。
学習目標
●ドメインコントローラーをインストールし構成することができます。
●グラフィカルツールと Windows PowerShell を使用して、AD DS のオブジェクトを管理することができます。
●複雑な環境にAD DS を実装することができます。
●AD DS サイトを実装し、レプリケーションの構成と管理をおこなうことができます。
●グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を実装し管理することができます。
●GPO を使用して、ユーザーの設定を管理することができます。
●AD DS とユーザー アカウントを保護することができます。
●Active Directory 証明書サービス (AD CS) により、証明機関 (CA) の階層を実装し、管理することが できます。
●証明書を展開し、管理することができます。
●Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を実装し管理することができます。
●Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) を実装し管理することができます。
●AD DS と Azure AD 間の同期を実装することができます。
●AD DS サービスのビジネス継続性の監視、トラブルシューティング、および確立をおこなうことが できます。
学習内容
1.ドメイン コントローラーのインストールと構成 
 - AD DS の概要 
 - AD DS ドメイン コントローラーの概要 
 - ドメイン コントローラーの展開

2.AD DS でのオブジェクトの管理 
 - ユーザー アカウントの管理 
 - AD DS でのグループの管理 
 - AD DS でのコンピューター オブジェクトの管理 
 - AD DS 管理のための Windows PowerShell の使用 
 - OU の実装と管理 

3.高度な AD DS インフラストラクチャの管理 
 - 高度な AD DS 展開の概要 
 - 分散 AD DS 環境の展開 
 - AD DS の信頼の構成 
 
4.AD DS のサイトおよびレプリケーションの実装と管理 
 - AD DS レプリケーションの概要 
 - AD DS サイトの構成 
 - AD DS レプリケーションの構成と監視 

5.グループ ポリシーの実装 
 - グループ ポリシーの概要 
 - GPO の実装と管理 
 - グループ ポリシーのスコープとグループ ポリシーの処理 
 - GPO の適用のトラブルシューティング 
  
6.グループ ポリシーによるユーザー設定の管理 
 - 管理用テンプレートの実装
 - フォルダー リダイレクト、ソフトウェア インストール、およびスクリプトの構成 
 - グループ ポリシーの基本設定の構成 

7.Active Directory ドメイン サービスのセキュリティ保護 
 - ドメイン コントローラーのセキュリティ保護 
 - アカウント セキュリティの実装 
 - 認証の監査の実装 
 - 管理されたサービス アカウントの構成 

8.AD CS の展開と管理 
 - CA の展開 
 - CA の管理 
 - CA のトラブルシューティングと保守 

9.証明書の展開と管理 
 - 証明書テンプレートの展開と管理 
 - 証明書の展開、失効、および回復の管理 
 - ビジネス環境での証明書の使用 
 - スマート カードの実装および管理 

10.AD FS の実装と管理 
 - AD FS の概要 
 - AD FS の要件と計画 
 - AD FS の展開と構成 
 - Web アプリケーション プロキシの概要 

11.AD RMS の実装と管理 
 - AD RMS の概要 
 - AD RMS インフラストラクチャの展開および管理 
 - AD RMS のコンテンツ保護の構成

12.AD DS と Microsoft Azure AD の同期の実装 
 -  ディレクトリ同期の計画と準備 
 - Azure AD Connect によるディレクトリ同期の実装 
 - ディレクトリ同期による ID の管理

13.AD DS の監視、管理、および回復 
 - AD DS の監視 
 - Active Directory データベースの管理  
 - AD DS の Active Directory バックアップと回復のオプション およびその他の ID とアクセスのソリューション

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2016
実習/演習/ デモ内容
Lab1. AD DS の展開と管理
Lab2. AD DS オブジェクトの管理 / AD DS の管理
Lab3. AD DS のドメインと信頼関係の管理
Lab4. AD DS のサイトとレプリケーションの実装
Lab5. グループ ポリシー インフラストラクチャの実装 / グループ ポリシー インフラストラクチャのトラブルシューティング
Lab6. グループ ポリシーによるユーザー設定の管理
Lab7. AD DS のセキュリティ保護
Lab8. 2層の CA 階層の展開と構成
Lab9. 証明書の展開と使用
Lab10.AD FS の実装
Lab11. AD RMS インフラストラクチャの実装
Lab12. ディレクトリ同期の構成
Lab13. AD DS でのオブジェクトの回復

関連試験や資格との関連

MCSA試験との関係 70-742 : Identity with Windows Server 2016