ホーム > PowerAppsで実践する業務アプリのローコード開発ハンズオン

PowerAppsで実践する業務アプリのローコード開発ハンズオン

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル PowerAppsで実践する業務アプリのローコード開発ハンズオン
コースコード MSC0650G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 70,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年8月15日(木) ~ 2019年8月15日(木)

新宿LC

  空席あり

2019年9月17日(火) ~ 2019年9月17日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年10月18日(金) ~ 2019年10月18日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年11月18日(月) ~ 2019年11月18日(月)

新宿LC

  空席あり

2019年12月16日(月) ~ 2019年12月16日(月)

新宿LC

  空席あり

2020年1月14日(火) ~ 2020年1月14日(火)

新宿LC

  空席あり

2020年2月10日(月) ~ 2020年2月10日(月)

新宿LC

  空席あり

2020年3月9日(月) ~ 2020年3月9日(月)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースはハンズオン形式で実際にPowerApps、Common Data Service、Flowを使った業務システムを作成します。 システム開発の内製化、セルフサービス化を見据え社内業務開発を例にして、「まずはやってみて覚える」を体験したい方にお勧めいたします。

対象者情報

対象者
・簡易なシステム開発を内製したいエンドユーザー企業のIT部門
・社内のIT部門へ開発要求せずに、自部門で業務改善ツールを作成したい直接部門担当者
・Office 365、SharePoint、InfoPath等システム開発を行う開発者
・PowerApps概要を理解したいCSPパートナー、セールスエンジニア
前提条件
□Windows、Officeの基本操作ができる方
□Office 365の基礎知識をお持ちの方

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Office 365にてローコーディング開発をするために必要な、PowerApps、Common Data Service (CDS)、Microsoft Flowについてハンズオン形式で学習します。
自社のPC発注のストーリーをもとに、PC&タブレット用の入力フォームビジュアルの作成、Common Data Serviceでのデータ管理、Microsoft Flowによる自動化処理の作成について学習します。
学習目標
・PowerAppsによるキャンパスアプリ、モデル駆動型アプリの開発ができる
・Common Data Serviceデータベースのプロビジョニングができる
・PowerAppsフォームによるエンティティテーブルへのデータ入力ができる
・Flowによるデータ登録をトリガーとした承認フローのカスタマイズができる
学習内容
1. 概要と前提条件

2. PowerAppsキャンバスアプリ
  - ハンズオンシナリオ:デバイス注文
  - 演習 1: PowerAppsでアプリを作成する。
  - 演習 2: デバイスギャラリーを追加し、データソースに接続する
  - 演習 3: 2つ目の画面を追加する

3. Common Data Service for Apps
  - 演習 1: Common Data Service入門
  - 演習 2: カスタムエンティティおよびフィールド
  - 演習 3: キャンバスアプリからデータを接続する

4. PowerAppsモデル駆動型アプリ
  - 演習 1: アプリケーションを作成し、Device Orderエンティティにフィールドを追加する
  - 演習 2: ビジネスプロセスフロー
  - 演習 3: フォームとビューの変更
  - 演習 4: アプリケーションをテストする

5. Microssoft Flow
  - 演習 1: 承認リクエストフローを作成する
  - 演習 2: 条件付きロジック
  - 演習 3: フローをテストする
  - 演習 4: フローを更新する