ホーム > Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00)

Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00)
コースコード MSC0660V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 4日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 264,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年11月19日(火) ~ 2019年11月22日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2019年12月3日(火) ~ 2019年12月6日(金)

新宿LC

  キャンセル待ち

実施確定

2020年1月21日(火) ~ 2020年1月24日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年2月18日(火) ~ 2020年2月21日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年3月24日(火) ~ 2020年3月27日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年4月7日(火) ~ 2020年4月10日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年4月14日(火) ~ 2020年4月17日(金)

大阪LC

  空席あり

2020年5月12日(火) ~ 2020年5月15日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年6月2日(火) ~ 2020年6月5日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年6月2日(火) ~ 2020年6月5日(金)

名古屋LC

  空席あり

2020年6月23日(火) ~ 2020年6月26日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

MCP「AZ-103 Microsoft Azure Administrator」受験予定の方に最適です。 

 ▼バウチャ付きコースは下記リンクからお申込できます。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
このコースはMicrosoft Azureの管理者が対象です。
具体的には、ITライフサイクル全体にわたって各サービスを深く理解しながら、ストレージ、ネットワーキング、およびコンピューティングクラウド機能にわたるクラウドサービスを管理する方が対象です。
前提条件
□VM、仮想ネットワーク、および仮想ハードディスクを含む、オンプレミスの仮想化テクノロジについての理解
□TCP / IP、ドメインネームシステム(DNS)、仮想プライベートネットワーク(VPN)、ファイアウォール、および暗号化技術を含むネットワーク構成の理解
□ドメイン、フォレスト、ドメインコントローラ、レプリケーション、Kerberosプロトコル、ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)など、Active Directoryの概念の理解
□バックアップおよび復元操作を含む回復力および障害回復の理解

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Azureサブスクリプションの管理、仮想マシンの作成とスケール、ストレージソリューションの実装、仮想ネットワークの構成、データのバックアップと共有、Azureとオンプレミスサイトの接続、ネットワークトラフィックの管理、Azure Active Directoryの実装、セキュアなID、ソリューションの監視について学びます。
学習目標
● さまざまなツールを使ってAzureを管理する
● Azure仮想マシンを構成する
● Azureストレージアカウントを管理する
● Azure仮想ネットワークを構成する
● Azureのサイト間を接続する
● Azureの状態を監視する
● Azureのデータを保護する
● Azureのネットワークトラフィックを管理する
● Azure Active Directoryを構成する
● Azure Active DirectoryのIDを保護する
● Azureの管理者権限を制御する
● Azureのデータサービスを利用する
学習内容
1. Azure の管理
  - Azure ポータルと Cloud Shell
  - Azure PowerShell と CLI
  - リソースマネージャー
  - ARM テンプレート

2. Azure 仮想マシン
  - 仮想マシンの計画
  - 仮想マシンの作成
  - 仮想マシンの可用性
  - 仮想マシンの拡張

3. Azure ストレージ
  - ストレージアカウント
  - Azure Blob
  - Azure Files
  - ストレージのセキュリティ

4. 仮想ネットワーク
  - 仮想ネットワーク
  - IPアドレッシングとエンドポイント
  - Azure DNS
  - ネットワークセキュリティグループ(NSG)

5. サイト間接続
  - VNet ピアリング
  - VNet間接続
  - Express Route接続

6. 監視
  - Azure Monitor
  - Azure アラート
  - ログ分析
  - Network Watcher

7. データ保護
  - データの複製
  - ファイルとフォルダのバックアップ
  - 仮想マシンバックアップ

8. ネットワークトラフィック管理
  - ネットワークルーティング
  - ロードバランサー
  - トラフィックマネージャー

9. Azure Active Directory
  - Azure Active Directory
  - Azure AD Connect
  - Azure AD Join

10. IDの保護
  - 多要素認証
  - Azure AD Identity Protection
  - セルフサービス パスワードリセット

11. ガバナンスとコンプライアンス
  - サブスクリプションとアカウント
  - 役割ベースのアクセス制御(RBAC)
  - ユーザーとグループ
  - Azure Policy

12. データサービス
  - Content Delivery Network(CDN)
  - File Sync
  - インポート/エクスポート サービス
  - データボックス

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2016
Windows 10
Microsoft Azure

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-103:Microsoft Azure Administrator

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。