ホーム > Microsoft Azureの開発ソリューション (AZ-203)

Microsoft Azureの開発ソリューション (AZ-203)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azureの開発ソリューション (AZ-203)
コースコード MSC0685V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 330,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年3月30日(月) ~ 2020年4月3日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
・このコースの受講者は、Azure を活用するシステム開発を実践される方、または Microsoft Azure Developer アソシエイト認定試験を受験される方です。
前提条件
□ Microsoft.NET プラットフォームでの Web アプリケーションの開発経験が 1 ~ 2 年あること
□ Visual Studio の操作及び、C#、SQL の基礎構文を理解していること
□ Microsoft Azureの基本的な知識がある
□ Azure 管理ポータルの使用経験がある
□ PowerShell または Azure CLI の使用経験がある

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、以下を習得します。
・Azure IaaS サービスと機能を実装するために必要な知識とスキル
・Azure 認証および承認サービスを開発ソリューションに含めるために必要な知識とスキル
・Azure ストレージ サービスと開発ソリューションの機能を活用するために必要な知識とスキル
・Azure 認証および承認サービスを開発ソリューションに含めるために必要な知識とスキル
・Azure でホストされているアプリケーションが意図したとおりの状態で効率的に動作するようにするために必要な知識とスキル
・アプリとサービス間のコミュニケーションに関する知識とスキル
学習目標
● 仮想マシンのプロビジョニング、Batch サービス、Azure Kubernetes サービスを使用できる
● Microsoft ID プラットフォームを使用して、Azure ソリューションで ID を管理および利用できる
● Azure Table ストレージ、Azure Cosmos DB、Azure BLOB、および Azure のリレーショナル データベースに対してデータやアイテムを格納・操作できる
● Azure Monitor を使用してサービス リソースを監視できる
● API 管理を使用して独自の API を作成および管理できる
学習内容
1. 仮想マシンを使用するソリューションの実施
  - VM のプロビジョニング
  - ARM テンプレートの作成
  - VM 用の Azure Disk Encryption の構成

2. Azure Batch サービスを使用して Batch ジョブを実行する
  - Azure Batch の概要
  - Azure CLI および Azure portal を使用してバッチジョブを実行する
  - コードを使用してバッチジョブを実行する
  - バッチサービス API を使用してバッチジョブを管理する

3. コンテナー化ソリューションの作成
  - Azure マネージド Kubernetes サービス (AKS) クラスターを作成します
  - ソリューション用のコンテナー イメージを作成します
  - イメージを Azure Container Registry に発行します
  - Azure Container Instances または AKS を使用してコンテナーを実行します

4. App Service Web Apps の作成
  - Azure App Service のコア概念
  - Azure App Service Web Apps の作成
  - Azure App Service で Web ジョブを使用してバックグラウンド タスクを作成する

5. App Service Mobile Apps の作成
  - App Service で Mobile Apps を使い始める
  - アプリのプッシュ通知を有効にします
  - アプリのオフライン同期を有効にします

6. Azure App Service API Apps の作成
  - API の作成
  - Swagger を使用して API を文書化する

7. Azure Functions の実装
  - Azure Functions の概要
  - Visual Studio を使用して Azure Functions を開発します
  - Durable Functions を実装します

8. Azure Table Storage を使用するソリューションの開発
  - Azure Table Storage の概要
  - Table Storage の承認
  - テーブル サービス REST API

9. Azure Cosmos DB ストレージを使用するソリューションの開発
  - Azure Cosmos DB の概要
  - コンテナーとアイテムの管理
  - コードを使用してドキュメントを作成および更新する

10. リレーショナル データベースを使用するソリューションの開発
  - Azure SQL の概要
  - コードを使用してデータベーステーブルを作成、読み取り、更新、および削除する

11. Microsoft Azure Blob Storage を使用するソリューションの開発
  - Azure Blob Storage の概要
  - Azure Blob Storage の操作

12. 認証の実装
  - Microsoft ID プラットフォーム
  - OAuth2 認証の実装
  - Azure リソースのマネージ ID の実装
  - 証明書、フォームベースの認証、またはトークンを使用して認証を実装する
  - 多要素認証の実装

13. アクセスの制御の実装
  - クレームベースの承認
  - ロールベースのアクセス制御(RBAC)認可

14. セキュアなデータソリューションの実装
  - 暗号化オプション
  - エンドツーエンドの暗号化
  - Azure 機密コンピューティングの実装
  - Azure Key Vault で暗号化キーを管理する

15. Azure Monitor の概要
  - Azure Monitor の概要

16. アプリやサービスのスケーラビリティをサポートするコードを開発する
  - 自動スケーリングの実装
  - シングルトン アプリケーション インスタンスに対応するコードを実装する
  - 一時的な障害を処理するコードを実装する

17. 監視とロギングをサポートするインストルメント ソリューション
  - Application Insights を使用してアプリまたはサーバーでインストルメンテーションを構成する
  - Azure Monitor を使用してソリューションを分析およびトラブルシューティングする
  - モジュール 4:キャッシュとコンテンツ配信をソリューション内で統合する
  - Redis 用の Azure キャッシュ
  - CDN 上のストレージ用の開発
  - (1) App Service ロジック アプリの開発
  - Azure Logic Apps の概要
  - Visual Studio を使用して Logic Apps を作成する
  - Logic Apps 用のカスタムコネクタを作成する
  - Logic Apps 用のカスタム テンプレートを作成する

18. ソリューション内で Azure Search を統合する
  - Azure Search インデックスの作成とクエリ
  - Azure Search での全文検索

19. API Management
  - API 管理サービスの概要
  - API のセキュリティ保護
  - API ポリシーの定義

20. イベントベースのソリューションの開発
  - Azure イベント グリッドを使用するソリューションを実装する
  - Azure Event Hubs を使用するソリューションを実装する
  - Azure Notification Hubs を使用するソリューションを実装する

21. メッセージベースのソリューションの開発
  - Azure Service Bus を使用するソリューションを実装する
  - Azure Queue storage を使用するソリューションの実装

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
・Windows Server 2016
・Microsoft Azure
・Visual Studio

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-203:Microsoft Azureの開発ソリューション

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。