ホーム > Azure AI ソリューションの設計と実装 (AI-100)

Azure AI ソリューションの設計と実装 (AI-100)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Azure AI ソリューションの設計と実装 (AI-100)
コースコード MSC0687V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 231,000円(税込)
主催 トレノケート
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
・AI-100 の試験の受験を考えられている方
・Azure AI ソリューションについてハンズオンを通して学びたいと考えている方
・ビッグデータ活用を Azure で行いたいと考えている方
前提条件
□Azure の基本
□Azure ストレージ テクノロジの理解
□C# の知識

学習内容の詳細

コース概要
Microsoft 認定資格である Azure AI Engineer Associate を取得するための試験である AI-100 の合格を目指します。

AI の基礎的な概念から、様々な Azure の AI ソリューションについて理解・実装するスキルを身に着けます。1 つのゴールとして AI ソリューションを活用して、チャットボットを作成します。

また、AI ソリューションの実運用時に必要となるビッグデータのインジェスト・処理・分析などに関連する Azure のソリューションについて学び、活用のために必要な知識を理解します。
学習目標
● Azure が提供する様々な AI ソリューションを理解することができる
● ビッグデータ活用のために必要なソリューションや構造を理解することができる
● Azure Cognitive Services や Bot Service を用いてチャットボットを作成することができる
学習内容
1. AI の基礎
  - AI の概要
  - AI 、機械学習、ディープラーニングの違い
  - Microsoft AI Platform

2. Azure Machine Learning Studio で機械学習アルゴリズムの実装
  - Azure Machine Learning Studio の概要
  - 分類のアルゴリズムの実装
  - Web API の公開

3. Azure Cognitive Services のデモプレイ
  - 視覚サービスの概要
  - 音声サービスの概要
  - 言語サービスの概要
  - 決定サービスの概要
  - Web 検索サービスの概要

4. Azure Cognitive Services の実装
  - Computer Vision API の実装
  - Text Analytics API の実装

5. ボットの作成
  - ボットの概要と設計
  - 基本的なボットの作成
  - Bot Emulater の概要
  - チャットをログに記録

6. QnA Maker の作成
  - QnA Maker の基礎
  - ナレッジベースの基礎
  - QnA Maker とナレッジベースの統合
  - ボットと QnA Maker の統合

7. LUIS の基礎
  - LUIS の概要と使用するメリット
  - 意図・発話・エンティティ
  - LUIS モデルの実装

8. LUIS を使用したボットの拡張	
  - LUIS アプリの公開
  - LUIS とボットの統合
  - LUIS をボット ダイアログに統合する

9. Azure Cognitive Services をボットに統合する	
  - ボットサービスに適した Azure Cognitive Services
  - ボットでの感情分析の実装
  - ボットでの言語検出の実装

10. ボットに QnA Maker と LUIS を組み合わせる	
  - QnA Maker の作成
  - LUIS アプリの作成
  - ボットにサービスを統合する

11. ビッグデータアーキテクチャの基礎
  - 全体像の理解と構成要素の概要
  - ラムダ・カッパアーキテクチャの違い
  - モノのインターネット (IoT)

12. ビッグデータアーキテクチャの実装	
  - IoT Edge からデータの送信
  - IoT Hub でデータの受け取り
  - Stream Analytics でデータのリアルタイム処理
  - Blob Storage へのデータの書き込み

13. ビッグアーキテクチャの応用
  - Azure のデータベースサービス
  - Data Factory を用いてのクラウド・オンプレミス間でのデータの操作
  - Azure functions と Logic App でイベントに合わせた処理の追加
  - HDInsight を用いてのデータの並列処理
  - Azure Kubernetes Service の概要

14. セキュリティ、コンプライアンス、ガバナンス
  - Azure Active Directory とは
  - ロールベースのアクセス制御 (RBAC)
  - Azure Service Principle でリソース権限の管理
  - Azure Key Valt でアクセスキーの管理
  - GDRP とは

15. 演習
  - それぞれのサービスの選定のポイント
  - グループワーク:問題設定に対して適切なサービスの選定を行う

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Microsoft Bot Framework Emulator
Visual Studio Code

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-100:Azure AI ソリューションのデザインおよび実装

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。