ホーム > Microsoft Azure Architect Design (AZ-304T00)

Microsoft Azure Architect Design (AZ-304T00)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azure Architect Design (AZ-304T00)
コースコード MSC0713V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 4日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 308,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年12月1日(火) ~ 2020年12月4日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年1月26日(火) ~ 2021年1月29日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年3月2日(火) ~ 2021年3月5日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年3月23日(火) ~ 2021年3月26日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年4月20日(火) ~ 2021年4月23日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年5月25日(火) ~ 2021年5月28日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年6月22日(火) ~ 2021年6月25日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

MCP試験「AZ-304: Microsoft Azure Architect Design」受験予定の方に最適です。
 バウチャー付きのコースはMSC0723Vからお申込みいただけます。

重要なご連絡・ご確認事項

重要: 事前準備について

●テキストおよび演習ガイドについて
 本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(英語)を使用します。演習ガイドはマイクロソフト社から提供される英語版テキストをベースに、最小限の日本語化を行なった補足資料を使用します。
 電子テキストのプラットフォームはskillpipeを使用します。事前にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

●演習について
本コースをオンラインLive受講する場合、演習を実行するには以下の条件を満たす必要があります。困難な場合は事前にご相談ください。
  • Microsoft Azureポータルサイトの利用
  • その他Azureが提供するサービスへのHTTP/HTTPSアクセス
  • Azure上の仮想マシンへのリモートデスクトップ接続(RDPプロトコルの利用)

●マイクロソフトアカウントの事前作成のお願い
 本コースでは、演習用のAzure サブスクリプション(Student Pass)を使用します。Student Pass の有効化にマイクロソフトアカウントが必要となるため、事前にご用意ください。アカウントの作成方法はマイクロソフト サポートWebページをご覧ください。
 なお、作成時は必ず「新しいメールアドレスを取得」で作成願います。Student Passに割り当てたマイクロソフトアカウントは、別のStudent Passには使用できないため、将来別のコース受講に支障をきたすためです)

対象者情報

対象者
このコースは、Microsoft Azure上で動作するソリューションの設計と実装の専門知識を持つITプロフェッショナルを対象としています。受講者は、ネットワーク、仮想化、ID、セキュリティ、事業継続、災害復旧、データプラットフォーム、予算編成、ガバナンスなどのIT運用に関する幅広い知識を持っている必要があります。
また、Azure管理のエキスパートレベルのスキルを持ち、Azureポータルとコマンドラインインターフェースの使用経験が必要です。Azure開発プロセスとDevOpsプロセスの経験も必要です
前提条件
□「Microsoft Azure管理者(AZ-104T00)」(MSC0706V)コースを受講済みまたは同程度の知識をお持ちの方(仮想マシン、ストレージ、ネットワーク、Active Directoryドメインサービス、バックアップとリストアを含む)
□「Microsoft Azure Architect Technologies (AZ-303T00)」(MSC0711V)が望ましい(必須ではありません)

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、ソリューションアーキテクトとして、ビジネス要件を安全でスケーラブルで信頼性の高いソリューションに変換する方法を学びます。
具体的には、ログ管理、コスト分析、認証と認可、ガバナンス、セキュリティ、ストレージ、高可用性、および移行に関連する設計上の考慮事項について扱います。ソリューションアーキテクトの役割は、設計ソリューション全体に影響を与える複数の分野での意思決定を必要とします。
学習目標
●コストを最小限に抑えるソリューションを提案する
●多要素認証を含む条件付きアクセスによるIDソリューションを提案する
●Azure AD Connectを含むハイブリッドIDソリューションを提案する
●Azure Policyを利用したガバナンスソリューションを提案する
●Key Vaultを含むキー管理ソリューションを提案する
●Azure ADを含むIDソリューションを提案する
●ストレージアクセスによる記憶域ソリューションを提案する
●Azureサイトリカバリサービスによる復旧ソリューションを提案する
●オートスケーリングによる負荷調整ソリューションを提案する
●コンテナソによるサーバーリューションを提案する
●ネットワークセキュリティソリューションを提案する
●アプリケーションと仮想マシンの移行ソリューションを提案する
●データベースの移行ソリューションを提案する
学習内容
1. Design for Cost Optimization
  - Recommend Solutions for Cost Management
  - Recommended Viewpoints for Minimizing Costs

2. Design a Solution for Logging and Monitoring
  - Azure Monitoring Services
  - Azure Monitor

3. Design Authentication
  - Recommend a Solution for Multi-Factor Authentication
  - Recommend a Solution for Single-Sign On (SSO)
  - Five Steps for Securing Identity Infrastructure
  - Recommend a Solution for a Hybrid Identity
  - Recommend a Solution for B2B Integration

4. Design Authorization
  - Infrastructure Protection
  - Recommend a Hierarchical Structure for Management Groups, Subscriptions and Resource Groups

5. Design Governance
  - Recommend a Solution for using Azure Policy
  - Recommend a Solution for using Azure Blueprint

6. Design Security for Applications
  - Recommend a Solution using Key Vault
  - Recommend a Solution using Azure AD Managed Identities

7. Design a Solution for Databases
  - Select an Appropriate Data Platform Based on Requirements
  - Overview of Azure Data Storage
  - Recommend Database Service Tier Sizing
  - Dynamically Scale Azure SQL Database and Azure SQL Managed Instances
  - Recommend a Solution for Encrypting Data at Rest, Transmission, and In Use

8. Design Data Integration
  - Recommend a Data Flow
  - Recommend a Solution for Data Integration

9. Select an Appropriate Storage Account
  - Understanding Storage Tiers
  - Recommend a Storage Access Solution
  - Recommend Storage Management Tools

10. Design a Solution for Backup and Recovery
  - Recommend a Recovery Solution for Hybrid and On-Premises Workloads
  - Design and Azure Site Recovery Solution
  - Recommend a Solution for Recovery in Different Regions
  - Recommend a Solution for Azure Backup Management
  - Design a Solution for Data Archiving and Retention

11. Design for High Availability
  - Recommend a Solution for Application and Workload Redundancy
  - Recommend a Solution for Autoscaling
  - Identify Resources that Require High Availability
  - Identify Storage types for High Availability
  - Recommend a Solution for Geo-Redundancy of Workloads

12. Design a Compute Solution
  - Recommend a Solution for Compute Provisioning
  - Determine Appropriate Compute Technologies
  - Recommend a Solution for Containers
  - Recommend a Solution for Automating Compute Management

13. Design a Network Solution
  - Recommend a Solution for Network Addressing and Name Resolution
  - Recommend a Solution for Network Provisioning
  - Recommend a Solution for Network Security
  - Recommend a Solution for Internet Connectivity and On-Premises Networks,
  - Recommend a Solution for Automating Network Management
  - Recommend a Solution for Load Balancing and Traffic Routing

14. Design an Application Architecture
  - Recommend a Microservices Architecture
  - Recommend an Orchestration Solution for Deployment of Applications
  - Recommend a Solution for API Integration

15. Design Migrations
  - Assess and On-Premises Servers and Applications for Migration
  - Recommend a Solution for Migrating Applications and VMs
  - Recommend a Solution for Migration of Databases

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Microsoft Azure
Windows Server 2019
Windows 10
実習/演習/ デモ内容
Microsoft Azure上で実行

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-304: Microsoft Azure Architect Design

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキストを使用いたします。