ホーム > EX280 Red Hat エキスパート試験 -PaaS (Platform-as-a-Service)-

EX280 Red Hat エキスパート試験 -PaaS (Platform-as-a-Service)-

コース基本情報

コースタイトル EX280 Red Hat エキスパート試験 -PaaS (Platform-as-a-Service)-
コースコード NFC0252R  
コース種別 集合研修 形式 試験
期間 1日間 時間 9:30~12:30 価格(税込) 99,000円(税込)
主催 レッドハット
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

〇重要なお知らせ


2017年10月の日程より、OpenShift Container Platform 3.5対応を予定しております。

(2017年8月15日掲載)


Red Hat社のシステム変更に伴い、受講いただく際には「Red Hatアカウント」が必要となりました。
お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」を記載くださいますようお願いいたします。
まだ、「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。


○Red Hat エキスパート試験 -PaaS-の受験者すべてに、OpenShift Enterprise Administration (DO280) コースを受講することをお勧めします。コースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。


 

○適切なスキルセットを備えているかどうかわからない場合は、以下のオンラインスキルチェックでご確認ください。

 http://jp.redhat.com/resourcelibrary/articles/training-skills-assessment-apac 

(レッドハット社のWEBへリンクしています)


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・OpenShift Enterprise のスキルを証明したいシステム管理者
・Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) を目指す Red Hat 認定エンジニア
・OpenShift Enterprise を使用して DevOps 環境で業務を行っているシステム管理者または開発者
前提条件
□Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) であるか、同等の実務経験とスキルがあること (Red Hat 認定エンジニア (RHCE) であればなお可)
□OpenShift Enterprise Administration (DO280) コースを受講している、または OpenShift Enterprise を使用した同等の実務経験があること
□Red Hat エキスパート試験 -PaaS - (EX280) の内容を理解していること

学習内容の詳細

コース概要
Red Hat OpenShift Enterprise の設定と管理に必要なスキルと知識を評価する実技試験です。受験者は、Red Hat OpenShift Enterprise のデプロイに必要な設定および管理タスクを実行し、特定の評価基準を満たしているかどうか評価されます。実技試験では、受験者は実務と同等の作業を実行する必要があります。
学習目標
● Red Hat エキスパート試験 -PaaS- (EX280)に合格する
学習内容
Red Hat エキスパート試験 -PaaS (Platform-as-a-Service)-の受験者には、
以下の作業を実行できる能力が求められます。

  - Red Hat の OpenShift Enterprise のマスターホストおよびノードホストを
    設置して設定する
  - 外部のクライアントが安全にアプリケーションにアクセスできるように
    OpenShift Enterprise を設定する
  - OpenShift Enterprise のノードプロパティを設定する
  - シンプルな OpenShift Enterprise プロジェクトを作成する
  - プロジェクトのリソース制限を設定する
  - レジストリに使用できるように永続ストレージを設定する
  - git リポジトリからアプリケーションをデプロイする
  - アプリケーションテンプレートを編集してインポートする
  - 既存のコンポーネントからアプリケーションをアセンブルする
Red Hat のすべての実技試験と同様、再起動後も自動で設定が
維持されるようにする必要があります。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Red Hat OpenShift Enterprise 3.4

関連試験や資格との関連

Red Hat認定試験 EX280 Red Hat エキスパート試験 -PaaS (Platform-as-a-Service)-

ご注意・ご連絡事項

・本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。
・お申込の確定は、主催会社の受付準備が整い次第となります。受講コース確認書の発送までお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。
・この試験は 1 つのセクションで構成され、時間は最大 3 時間です。
・この試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送られます。
・試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することはありません。
・試験結果は1 週間以内にメールで合否が通知されます。
・レッドハット株式会社開催コースのキャンセル・日程変更は11営業日前までとさせていただきます。コースによりお申込み期日が異なります。詳しくはお問い合わせください。