ホーム > OpenStack管理 II OS200

OpenStack管理 II OS200

コース基本情報

コースタイトル OpenStack管理 II OS200
コースコード NFC0266R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:00~17:00 価格(税込) 154,000円(税込)
主催 ミランティス・ジャパン株式会社
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

● ご受講の際には以下の仕様を備えたラップトップPC をご持参いただけますようお願いいたします。
  ・ブロックポートやファイヤウォールをオフに設定
  ・Wifi アダプター(b/g/n)  ローカルWiFiホストへの接続が必要です。
  ・Webブラウザー Google ChromeもしくはMozilla Firefox(推奨)
  ・SSHクライアント
     WindowsではputtyやCygwinなどのSSHクライアントなど
     OSXではLinuxではnative SSHクライアントなど
  ・PDFリーダー 研修用ドキュメントの表示に必要です。


人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・デプロイメント・エンジニア
・システム・クラウド管理者
・ITプロフェッショナル
前提条件
□OS100受講
□Linuxコマンドライン操作の習熟
□vi等のエディタによる設定ファイル編集

学習内容の詳細

コース概要
3日間の本トレーニングコースは、クラウド管理者、OpenStackデプロイメント・エンジニア、 もしくはOpenStackのインストール・デプロイメントに関わるIT技術者を対象としたコースです。

OpenStackのマニュアル・デプロイメントを通じて、OpenStackに関するより深い知識を習得することを目的とします。デプロイツールやスプリクトを使用せず、コマンドによるOpenStack デプロイメントの過程を通じて、問題が発生した場合の問題箇所特定やその対処方法について学習します。本トレーニングコースは、講義とハンズオン・ラボから構成されます。

本コースの受講条件は、OpenStack管理 I (OS100, OS110)を受講していること、Linuxコマンドラインについて習熟していることの2点です。
学習目標
● OpenStackのマニュアル・インストールと設定
● 商用サービス展開に向けたOpenStackデプロイメント構成の理解
● コマンドラインとダッシュボードの使用
● 障害発生時の対処・トラブルシューティング
学習内容
1. OpenStackアーキテクチャ復習

2. OpenStackプロダクション/ ユース
  - ケース、ベストプラクティス

3. Cephストレージ概要

4. トラブルシューティング

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
ハンズオン・事前準備
・Wifi搭載ノートPC
・FirefoxもしくはChrome
・SSHおよびSCPソフトウェア

ご注意・ご連絡事項

当コースはミランティス・ジャパン株式会社が開催いたします。
ミランティス・ジャパン株式会社の開催コースについては キャンセル:11営業日前まで / 日程変更:2営業日前まで / 受講者変更:1営業日前まで とさせていただきます。
締切日を過ぎてのキャンセル(全日程欠席の場合を含む)及び日程変更は、キャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。
日程変更は同一コースにつき1回限りです。一度日程変更をしたコースをキャンセルする場合は、お申し出日に関わらずキャンセル料として受講料の全額をお支払いいただきます。