ホーム > CL110 Red Hat OpenStack Administration Ⅰ コース

CL110 Red Hat OpenStack Administration Ⅰ コース

コース基本情報

コースタイトル CL110 Red Hat OpenStack Administration Ⅰ コース
コースコード NFC0318R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 220,000円(税抜)
主催 レッドハット
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年8月5日(月) ~ 2019年8月9日(金)

RH東京(品川御殿山)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

〇重要なお知らせ

対象製品のバージョンアップに伴いコースカリキュラムが一新されております。日数:4日→5日と価格:\176,000(税抜き)→\220,000(税抜き)も変更となりました。(2018年3月以降に実施される日程が対象です)

Red Hat社のシステム変更に伴い、受講いただく際には「Red Hatアカウント」が必要となりました。
お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」を記載くださいますようお願いいたします。
まだ、「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

適切なスキルセットを備えているかどうかわからない場合は、以下のオンラインスキルチェックでご確認ください。

 http://jp.redhat.com/resourcelibrary/articles/training-skills-assessment-apac

 (レッドハット社のWEBへリンクしています)

対象者情報

対象者
Linux のシステム管理者およびクラウド管理者で、プライベートクラウドのメンテナンスに関心のある方、または担当者の方
前提条件
Red Hat Enterprise Linux® 認定資格または同等の経験を持つRed Hat 認定システム管理者 (RHCSA®)

RHCSA をまだ取得していない方は、必要なスキルと知識が身に付いているかどうかをオンラインスキルチェックで確認可能です。

学習内容の詳細

コース概要
Red Hat OpenStack Administration I (CL110) は、Red Hat OpenStack® Platform によるクラウドコンピューティング環境の導入を検討しているシステム管理者向けに設計されています。

このコースは、Red Hat OpenStack Platform 10 に基づいています。

このコースでは、proof-of-concept (PoC、概念実証) のインストールおよび Red Hat OpenStack Platform の設定、使用、保守について学びます。コースの重点は、Horizon ダッシュボードとコマンドライン・インタフェースを使用して OpenStack を管理する方法と、インスタンスの管理に置かれています。
学習目標
このコースを受講すると、Red Hat OpenStack Platform の基本的な管理タスクを実行できるようになります。

以下のスキルを習得できます。
● Red Hat OpenStack Platform の PoC 環境のデプロイメント
● ソフトウェア・デファインド・ネットワーク、サブネット、ルーター、および浮動 IP アドレスの管理
● イメージやフレーバーの管理
● 仮想マシンインスタンスのプロビジョニング
● セキュリティグループとルールの管理
● ブロックストレージとオブジェクトストレージの管理
● インスタンスのカスタマイズ
● スケーラブルなスタックの作成
学習内容
1. コースの概要
  - コース概要の確認

2. インスタンスの起動
  - インスタンスを起動して OpenStack アーキテクチャと使用例を説明する
  - 人とリソースを組織する
  - プロジェクト、ユーザー、ロール、およびクオータを管理する

3. クラウド・コンピューティングを説明する
  - クラウド・コンピューティングのテクノロジーとプロセスがどのように変化してきたか説明する

4. Linux ネットワークを管理する
  - Linux ネットワークとブリッジを管理する

5. 内部インスタンスを準備してデプロイする
  - 内部インスタンスの起動に向けてイメージ、フレーバー、およびプライベート・ネットワークを管理し、内部インスタンスを起動して検証する

6. ブロックストレージを管理する
  - 一時および永続的ブロックストレージを管理する。

7. オブジェクトストレージを管理する
  - オブジェクトストレージを管理する。

8. 外部インスタンスを準備してデプロイする
  - 外部インスタンスの起動に向けて外部ネットワークやセキュリティを管理し、外部インスタンスを起動して検証する。

9. インスタンスをカスタマイズする
  - cloud-init でインスタンスをカスタマイズする。

10. 拡張可能なスタックを導入する
  - スタックを導入して自動スケーリングを設定する。

11. OpenStack をインストールする
  - Packstack を使用して OpenStack の PoC をインストールする

12. Red Hat OpenStack Administration I の総括的な復習
  - Red Hat OpenStack Administration I コースのタスクを復習する。

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Red Hat OpenStack Platform 10

関連試験や資格との関連

Red Hat認定試験との関係 EX210 RHCSA認定試験 -Red Hat OpenStack-

ご注意・ご連絡事項

・本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。

・レッドハット株式会社開催コースのキャンセル・日程変更は11営業日前までとさせていただきます。

・お申込の確定は、主催会社の受付準備が整い次第となります。受講コース確認書の発送までお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。