ホーム > CL211 Red Hat OpenStack Administration Ⅱ + 認定試験(キオスク試験)

CL211 Red Hat OpenStack Administration Ⅱ + 認定試験(キオスク試験)

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル CL211 Red Hat OpenStack Administration Ⅱ + 認定試験(キオスク試験)
コースコード NFC0391R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習+キオスク試験
期間 4日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 245,000円(税抜)
主催 レッドハット
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年8月26日(月) ~ 2019年8月29日(木)

RH東京(品川御殿山)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

○重要なお知らせ

Red Hat社のシステム変更に伴い、受講いただく際には「Red Hatアカウント」が必要となりました。

お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」を記載くださいますようお願いいたします。
まだ、「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

○本コースは試験付きのコースです。4日間の講義に加え、1回分の試験(キオスク試験)費用を含んでおります。
 キオスク試験は、ご自身で会場と受験日を選択の上受験いただく形態です。
 講義のみのコースをご希望の方はこちらのコースへお申込みください。

○適切なスキルセットを備えているかどうかわからない場合は、以下のオンラインスキルチェックでご確認ください。

 http://jp.redhat.com/resourcelibrary/articles/training-skills-assessment-apac

 (レッドハット社のWEBへリンクしています)

対象者情報

対象者
・ プライベートクラウドの保守を担当している、または目指しているLinux システム管理者およびクラウド管理者
・ Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) または同等レベルの知識を有することを推奨
前提条件
□ RHCSA 認定または同等の知識と経験

学習内容の詳細

コース概要
受講者は、実践演習を通じて、Red Hat OpenStack® Platform の各サービスの手動インストールについて学習します。また OpenStack 開発コミュニティの展望についても学びます。

このコースは、RHCSA ーRed Hat OpenStackー認定試験 (EX210) の準備にも役立ちます。このバージョンのコースには試験が含まれます。
学習目標
● Red Hat OpenStack Platform アーキテクチャーの概要
● Red Hat OpenStack Platform のインストール (packstack を使用)
● Red Hat OpenStack Platform の各サービスの手動によるデプロイ
● ユーザーとプロジェクトの管理
● インスタンスのデプロイ、および Heat を使用したインスタンスのデプロイとカスタマイズ
学習内容
1. Red Hat OpenStack Platform のアーキテクチャー
  - Red Hat OpenStack Platform の機能と用語の理解

2. Red Hat OpenStack Platform のインストール
  - packstack を使用した Red Hat OpenStack Platform のインストール
  - Horizon Web フロントエンドを使用したインスタンスの作成

3. Qpid メッセージブローカー
  - Qpid メッセージブローカーサービスのインストールと設定
  - 認証と暗号化を使用した Qpid のセキュリティ保護

4. Keystone ID サービス
  - Keystone 認証サービスのインストール、設定、および使用

5. Swift オブジェクトストレージサービス
  - Swift オブジェクトストレージサービスのインストール、
    設定、および使用

6. Glance イメージサービス
  - Glance イメージサービスのインストールおよび使用

7. Cinder ブロックストレージサービス
  - Cinder ブロックストレージサービスのインストール
  - Cinder のボリュームの管理

8. ネットワーキングサービス
  - Red Hat OpenStack Platform ネットワーキングサービスのインストール、
    設定、および管理

9. Nova コンピューティングおよびコントローラーサービス
  - Nova コンピューティングおよびコントローラーサービスのインストール
  - コマンドラインによるインスタンスのデブロイ

10. 追加コンピューティングノードの実装
  - Nova コンピューティングノードの追加および削除方法の学習

11. Heat オーケストレーションサービス
  - Heat オーケストレーションサービスのインストール
  - 事前設定テンプレートを使用したスタックの起動

12. ceilometer 測定サービス
  - ceilometer 測定サービスのインストールおよび管理

13. OpenStack 開発コミュニティの将来
  - OpenStack の将来について

14. 学習内容の包括的な確認
  - Red Hat OpenStack Platform のインストールと管理の確認

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 8

関連試験や資格との関連

Red Hat認定試験との関係 Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack exam (EX210)

ご注意・ご連絡事項

・本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。
・レッドハット株式会社開催コースのキャンセル・日程変更は11営業日前までとさせていただきます。
・お申込の確定は、主催会社の受付準備が整い次第となります。受講コース確認書の発送までお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。
・エキスパート認定試験は 2~8時間で構成され、コースによって時間が異なります。
・正式な試験の合否は、試験日から 10 営業日以内に電子メールで通知されます。
・認定試験および認定試験付きコースをお申し込みの方は、受験の際に、運転免許証、パスポート、など写真貼付の公的身分証明証をご持参下さい。ご本人と確認できない場合は、受験できませんのでご注意下さい。また、試験概要などについては、レッドハット社のWebページで事前にご確認下さい。
・試験結果は受験者本人に対して電子メールでのみ通知されます。通常は試験後1週間以内に合否が通知されます。