ホーム > DO370 Enterprise Kubernetes Storage with Red Hat OpenShift Data Foundation

DO370 Enterprise Kubernetes Storage with Red Hat OpenShift Data Foundation

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  4日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  242,000円(税込) 主催  レッドハット
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  NFC0480R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年8月22日(月) ~ 2022年8月25日(木)

RH(バーチャルトレーニング)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

Red Hat社のシステム変更に伴い、受講いただく際には「Red Hatアカウント」が必要となりました。

お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」を記載くださいますようお願いいたします。
まだ、「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

対象者情報

対象者
・Cluster administrators (systems administrators, cloud administrators, cloud engineers)
・Cluster engineers (systems administrators, cloud administrators, cloud engineers)
・Site reliability engineers (SREs)

学習内容の詳細

コース概要
Teaches the essential skills required to design, implement, and manage a Red Hat OpenShift Data Foundation cluster and perform day-to-day Kubernetes storage management tasks.

Traditional storage options available to Kubernetes administrators are limited and lack flexibility and/or versatility. Red Hat OpenShift Data Foundation provides real advantages, even when it is backed by cloud storage such as AWS EBS and sophisticated on-prem legacy storage like SAN arrays. Many companies rely on third-party solutions to manage backup and disaster recovery in production. However, proper planning to implement these solutions requires knowledge of the Kubernetes CSI and OAPD APIs. This course walks the student through the recommended steps of configuring and managing storage services for container and Kubernetes services.
学習目標
● Deploy Red Hat OpenShift Data Foundation in internal and external mode.
● Provision non-shareable block storage to applications like databases.
● Provision shareable block storage to applications like virtual machines.
● Provision shareable file storage to such applications as CI/CD pipelines and AI/ML.
● Provision shareable object storage to applications, such as AI/ML and media streaming.
● Provision storage for Red Hat OpenShift cluster services, such as monitoring and registry.
● Monitor and expand storage capacity and performance
● Attach and detach storage from an application for backup and archiving.
● Create and access volume snapshots and clones.
● Troubleshoot internal Ceph components of Red Hat OpenShift Data Foundation.
● Perform backup and restore operations using the OADP API.
学習内容
1. Describing Red Hat OpenShift Data Foundation deployment architectures

2. Deploying OpenShift Data Foundation on Red Hat OpenShift using Internal, Converged Mode

3. Configuring Red hat OpenShift Cluster Services to use OpenShift Data Foundation

4. Configuring application workloads to use OpenShift Data Foundation block and file storage

5. Monitoring and expanding OpenShift Data Foundation block and file storage capacity

6. Troubleshooting Ceph components from OpenShift Data Foundation

7. Expanding OpenShift Data Foundation block and file storage volumes

8. Performing backup and restore of OpenShift Data Foundation block and file volumes

9. Configuring application workloads to use OpenShift Data Foundation object storage

10. Monitoring and expanding OpenShift Data Foundation object storage capacity

11. Performing backup and restore of OpenShift Data Foundation object buckets

12. Deploying OpenShift Data Foundation on Red Hat OpenShift using external mode

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Red Hat OpenShift Container Platform 4.6

関連試験や資格との関連

Red Hat認定試験 EX280 Red Hat 認定スペシャリスト ーOpenShift Administrationー

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。
・レッドハット株式会社開催コースのキャンセル・日程変更は11営業日前までとさせていただきます。
・お申込の確定は、主催会社の受付準備が整い次第となります。受講コース確認書の発送までお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。
・エキスパート認定試験は 2~8時間で構成され、コースによって時間が異なります。
・正式な試験の合否は、試験日から 10 営業日以内に電子メールで通知されます。